2009年09月14日

陰陽座 / 金剛九尾(2009)

999の日にドロップされた9枚目のアルバム『金剛九尾』。

彼らのアルバムの作風はジャケットの色彩である程度把握することができる。緑系の煌びやかな『臥龍点睛』、赤黒系の攻撃的な『魔王戴天』、白系の幽玄な『魑魅魍魎』ときて今作は金色。一言でいうと「艶やか」。それでは本ブログ初の全曲レビュー。

1.貘
幕開けに相応しい楽曲。しかしこれまでのメロスピ系(『魔王』『邪魅の抱擁』『羅刹』)とも、ミッド系(『酒呑童子』『靂』)とも一線を画す、疾走感がありながらも終始クリーントーンでスケールの大きさを感じさせる名曲。サビメロの美麗さは本アルバム随一かもしれない。大サビで一気にテンポダウンする辺りは彼らにしてみれば新基軸。オープニングにして既にエンドロールが目に浮かぶそんなドラマティックな1曲。

2.蒼き独眼
と思わせてギャップレスで勇壮なギターリフとともに突入する先行シングル曲。1曲単位だと若干弱い感じがするが、陰陽座の真骨頂ともいえる疾走感とツインボーカルが映える。今回のテーマは政宗か?はたまた十兵衛か?歴女ブームは、まさに時代が彼らに追いついた証左。

3.十六夜の雨
イントロリフから「おっ?」と思わせる新鮮味。こういった8ビートのノリで16分刻みが前面に出る曲は初かも。しっとりと歌い上げる黒猫のボーカルが冴え、まさにアルバムの「艶」を象徴するかのような楽曲。

4.小袖の手
『十六夜の雨』と対になるようなイントロリフでまたも「おっ?」と思わされる。こちらは全体が16のノリで先行シングルのC/W『紅き群闇』っぽくもある。招鬼のものと思われる豊かなミドルトーンの裏メロが美しい。

5.孔雀忍法帖
今回の忍法帖シリーズは、基本に立ち返ったかのような黒猫メインボーカル曲。おそらくキーもA(Amか?)で、ギターソロでは忍法の応酬が繰り広げられる。疾走感溢れるライブ映えしそうな楽曲だが、どこか『妖花』『微睡』に通ずるフェミニンさを湛えてもいる。

6.挽歌
一転して瞬火が朗々と歌い上げる、タイトル通り男のブルース的仕上がり。ハイトーンで女性Voと絡むのも良いが、こういった渋く歌い上げる系が似合っている。ポスト『煙々羅』か?火サスのエンディングで流れていそうな感じ。

7.相剋
今年初めにリリースされたDSソフト『犬神家の一族』オープニング主題歌。かつての『甲賀忍法帖』と同様、ストーリーと忠実にシンクロした世界観が出色の、彼らの王道ともいえるヒロイック・ファンタジーメタル。内容的には全然ヒロイックじゃないけども!イントロが『ペガサス幻想』に似ているからそう思うのかもしれません。

8.慟哭
こちらは犬神家のエンディング曲で『相剋』と対になるイントロ…どうもこのアルバム、1と2、3と4、7と8、9〜11といった具合にブロック毎の固まりになっている構成みたいです。内容的には、松子の後悔と自責の念を描いた胸が詰まるようなバラード。改めて黒猫の卓越した表現力が光ります。

9.組曲「九尾」〜玉藻前
ここまでアルバム恒例の「お祭り曲」が無かった訳ですが、まさか組曲の序曲がそれだったとは。イントロのダンスビート+和風音階のギターリフは氣志團の『One Night Carnival』を、サビは中森明菜の『愛撫』を思わせる、ようは歌謡メタル。玉藻姫(狐が化けた)と鳥羽院のラブラブな蜜月を描いた曲ってのは解ってるんだけど、、、なんか笑ってしまう。

10.組曲「九尾」〜照魔鏡
組曲の中盤は義経の『夢魔炎上』と同様、息を飲むような緊張感溢れる展開の連続。この1曲に関してはプログレメタルといって良いだろう。総てを破壊しつくすかの如き黒猫と瞬火の演技力に脱帽。

11.組曲「九尾」〜殺生石
比較的大人しい楽曲の多い本作だが、ここへ来てデススラッシュ曲のお出まし。ひたすら人間への呪詛を並べるボーカルは壮絶の一言。中盤のプログレから、狩姦得意の激弾きに雪崩れ込む展開は凄絶の一言。

12.喰らいあう
ラストはほのぼのポップソングで締める…というのがここ数作の定番でしたが、今回に限っていえば正統派メタル曲。とはいえ"Cry Out!"の掛け声や、随所にみられるジューダスやらメイデンのオマージュなど遊び心も満載。ラストのドラムロールは、正式メンバーからサポートになったとはいえ河塚氏の見せ場が用意されていることに少し嬉しくもなったり。雷舞での「喰らいあい」が今から楽しみだ。

総じていえば、陰陽座の魅力を解り易く伝えるに最適な1枚といえます。前作の揺り戻しで妖怪成分が少ないですが、それは10作目に期待。もっとドロドロした展開を求めたい一方、ドラム不在を逆手にとってエレクトロの導入とかそろそろ実験をしても良い時期かもしれません。

金剛九尾金剛九尾
陰陽座

曲名リスト
1. 貘
2. 蒼き独眼
3. 十六夜の雨
4. 小袖の手
5. 孔雀忍法帖
6. 挽歌
7. 相剋
8. 慟哭
9. 組曲「九尾」~玉藻前
10. 組曲「九尾」~照魔鏡
11. 組曲「九尾」~殺生石
12. 喰らいあう

Amazonで詳しく見る


Reflections
MinstreliX
B001QL366W

No Boundaries
ARK STORM
B000065E3V

Through your tears
大鴉
B002ISFCPU
posted by kerkerian at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがに『陰陽座』のレビューとなると内容が濃いですね。
Posted by メッたメタのヒト at 2009年09月16日 00:40
ありがとうございます。楽曲毎レビューっていうウザいことを、
一度やってみたかったのです。もう二度とやりませんw
Posted by kerkerian at 2009年09月24日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック