2009年06月24日

Illumion / Hunting For Significance(2009)

オランダから新星プログレッシブバンドが登場。

Myspaceのプロフ写真を見ても解るとおり、看板嬢のEsther Ladigesはギターも弾けるボーカリスト。それだけでもキュンキュンものですが、更にジャンルがプログレ。影響を受けたアーティストにPain of salvation、Fates warning、Opethなど錚々たるイカツいバンドが名を連ねますが、勿論女性Voですからブルータルな要素はなく、デステイストもありません。

サウンドにはテクニカル志向という訳ではなく、シンフォニアや構成の妙など総合力で勝負する感じと見受けられる。The GatheringとMagentaを混ぜ(ん)たような、或いはPure Reason Revolutionをメタルにしたような、シアトリカルな世界が拡がります。

何しろジャケットに薄っすら描かれた「意義」の漢字。思わずTriviumのアレを思い出さずにいられませんが、まさに"Hunting For Significance"(意義の探求)の通り思索的な印象を受けます。好事家以外には少し難易度が高そうですが、1stからこのクオリティを放つ彼女達が「分かり易さ」に流されがちなプログレ/メタル界に楔を打ち込めるか?一般流通開始予定の今秋以降、注目したい。

Hunting for significanceHunting for significance
Illumion

曲名リスト
1.Encomium
2.Scarlet sin
3.Chrysanthemum
4.Into the labyrinth
5.Metamorphosis
6.The Prophecy
7.Under the harrow
8.Died for beauty
9.Infinity
10.Whirlwind
11.The Bliss

オフィシャルショップで詳しく見る


Garden of Moon
Lana Lane
B00005RDGO
Tears Laid in Earth
The 3rd and the Mortal
B00000AWCG

Signal to Noise
White Willow
B000GBEWFC
posted by kerkerian at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック