2004年09月07日

Otep / House Of Secrets(2004)

デス系ヘヴィロック・プリンセスで最注目のオーテップ待望の2ndリリースDEATH!
同系統のArch Enemy、Kittieあたりとの違いは何と言っても表現力。デスヴォイスを出す必要が無いくらい素の声は綺麗なのである。だのにデス。それも血管ブチ切れ状態で無闇に咆哮するのではなく、呟くようにあの声を振り絞るから不気味さも加速するというもの。とかくブーデーな姐さんが弛んだ二の腕剥き出しで吼える体育会系イメージが先行するこのジャンルにおいて、OTEP嬢は文学的な雰囲気を醸し出している。

いかにも耽美な匂いを放っていた1stの"Sevas Tra"もかなりの完成度でしたが、唯一ドラムが弱点かなって気がしてた。しかし楽曲がより普遍的オルタナティヴロックへと拡散した今作では手数の多さ、重さも申し分ない。全てのパートが一体となって重爆リフを畳み掛けます。殆どの曲は静寂の前フリ部分から絶叫へと展開する「ニルヴァーナ型」でワンパターンっちゃワンパターンですが、Aメロがなかなか旋律の起伏があるので飽きない。そしてアウトロ的存在の最後の曲では、来るか来るかとずっと身構えさせといて爆発しないまま終わる尻切れっぷり。心憎い。

今年を代表する名盤に化けるか。オーテップ、みなさん覚えておくと良いですよ。
俺はもうお腹一杯。オエーっぷ。

House of SecretsHouse of Secrets
Otep

曲名リスト
1. Requiem
2. Warhead
3. Buried Alive
4. Sepsis
5. House of Secrets
6. Hooks & Splinters
7. Gutter
8. Autopsy Song
9. Suicide Trees
10. Nein
11. Self-Made
12. Shattered Pieces

Amazonで詳しく見る
タグ:US Nu Metal
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック