2009年05月06日

Amberian Dawn / The Clouds of Northland Thunder(2009)

フィンランドの気鋭バンドAmberian Dawnの2ndアルバム。

ここ数年、HR/HMリスナーの方々の「何か女性Voもので良いのある?」という問いに一番多く挙げさせて頂いたのがAmberian Dawnの1st『River of Tuoni』でした。
Nightwish + Sonata Arcticaと評されるように「美声」「美メロ」「スピード感」と、日本人の琴線に触れる要素が満載の彼ら。美声と美メロを売りにするシンフォニック・メタルは数多く居るし、美メロとスピード感を押し出すメロデスも近年勢いを増している。しかし3つの要素を高次元で備えたバンドはなかなか居ない。そんな理由で私がメタル系女性Voバンドをリコメンドする際のファーストチョイスになっていた訳です。

今作も期待に違わぬオペラティック・スピードメタル振り。"Amberian Dawn The Clouds of Northland Thunder"で検索すると、4月終りの発売ながら耳の早いリスナーのレビューが多数ヒットしますがその多くは日本サイト。人気が窺えます。

今回の目玉は3〜4曲目の"Kokko - Eagle of Fire"と"Willow of Tears"。Amberian流の悲哀に満ちたバラードが確立されたことで、その後の怒涛のメロスピ曲で得られるカタルシスも倍増、個人的にはSkylarkのラストアルバムを思わせるメロドラマティック性を感じました。

The Clouds of Northland ThunderThe Clouds of Northland Thunder
Amberian Dawn

曲名リスト
1.He Sleeps in a Grove
2.Incubus
3.Kokko- Eagle of Fire
4.Willow of Tears
5.Shallow Waters
6.Lost Soul
7.Sons of Seven Stars
8.Saga
9.Snowmaiden
10.Lionheart
11.Morning Star
12.Birth of the Harp
13. Omen (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る


Amberian Dawn - River Of Tuoni


The Gates Of Oblivion
Dark Moor
B000060NNL
Nordlys
Midnattsol
B0013NBBTC
Divine Gate Part3 The Last Gate
Skylark
B000O5B0KU
posted by kerkerian at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック