2009年07月07日

V.A. / JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album(2009)

カバー特集第3弾。逆に全曲感想くらいしか書くことがない。

1.いきものがかり「クラシック」
特別な事してないのに、完全にいきものの曲になってる。
もっとこういう『ブルーバード』的なギタポ路線推し進めて欲しいな。
2.PUFFY「motto」
ガレージーなアレンジと、浮きまくりなボーカルで持ち味を存分に発揮。
欲を言えば、もっとやる気無い感じでも良かった。
3.mihimaru GT「Over Drive」
抜けの良いボーカルが相性抜群。余計なインタールードも最小限で安心した。
さすがに大サビ前の「見つけられるーよー」の合いの手はお約束過ぎて失笑。
4.奥田民生「散歩道」
奥田民生というアーティストパワーを見せつけた感じ。
予想通り過ぎて、納得を通り越して退屈。
5.半沢武志(FreeTEMPO) 「RADIO」
ラテン風味のパーカッシヴなアレンジで、素材の良さを見事に活かしてる感じ。
個人的にはこのアルバムの一番の聴きどころ。
6.school food punishment「Brand New Wave Upper Ground」
難易度高い曲を今風のダンサブルなエレクトロ・ロックに料理。
舌っ足らず気味なボーカルも嫌味がなくて良い感じ。
7.HALCALI「ラッキープール」
これはもうHALCALIにしか出せない味。
イントロのエスニックな脱力コーラスで勝負あり。
8.SCANDAL「DAYDREAM」
拙いスキルでやれる範囲のことをやった印象。
どうせ曲が限られているなら『あなたは生きている』とかマイナー曲やって欲しかった。
9.木村カエラ「Happy?」
得意のサイケデリック路線。リリカルなAメロからカオスのBメロ、
爽快エレポップのサビへと目まぐるしい展開がスリリングで隙がない。
10.中川翔子「そばかす」
伸びやかで癖の無い唄い方に激マッチ。相変わらず上手い。
ここだけJAMとうよりアニメ、というかるろ剣への愛を感じるのは気のせいだろうか。
11.ミドリ「ミュージックファイター」
本来のナチュラルな狂いっぷりからするとやや大人し目の、
計算した感のある原曲破壊。ミドリ知らない人には叩かれるんだろうな。
12.大塚愛「LOVER SOUL」
この曲だけ途中で「ちょっと無理」と思って飛ばした。
13.シギ「KYOTO」
一度も感極まらない、淡々としたシギもまた新鮮で良い。
抒情的なボーカルに鉄壁のリズムと、会心の出来。
14.スネオヘアー「小さな頃から」
哀愁がポイントの曲だけど、声がほのぼのしちゃってるというか。
バックは最高なだけに惜しい。この人達が散歩道やっても良かったかも。
15.真心ブラザーズ「ドキドキ」
ラブ&ピースに溢れてるなあと思ったら真心でしたか。パーソナルな愛じゃな。

JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute AlbumJUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album
オムニバス

曲名リスト
1. クラシック
2. motto
3. Over Drive
4. 散歩道
5. RADIO
6. Brand New Wave Upper Ground
7. ラッキープール
8. DAYDREAM
9. Happy?
10. そばかす
11. ミュージック ファイター
12. LOVER SOUL
13. KYOTO
14. 小さな頃から
15. ドキドキ

Amazonで詳しく見る


ユニコーン・トリビュート
オムニバス
B000VIECAK
BLUE~A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI
オムニバス
B000ALMV06
Sirius~Tribute to UEDA GEN~
オムニバス
B001CW7JMW
posted by kerkerian at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック