2009年03月20日

Fading Colours / Come(2009)

ポーランドの重鎮ダークウェーヴユニットが実に10年振りに新作をリリース!

今でこそClan of XymoxやPortisheadなどが引き合いに出されるDarkwave/Trip-Hopテイストのグループとして認知されている彼らですが、元はゴシックメタル(というよりフォークメタル的?)バンド。
活動休止中の2002年には"The Beginning 89-93"と銘打った初期音源集を出して、そのビート感、バンドっぽさに私のような新参リスナーは少し意表を突かれたものです。そこからエレクトロ方面へと緩やかにシフト。直線的だった楽曲構成が複雑化し、音の主役がギターからデジタライズされたリズムやエフェクトに移るなど変化を見せてきましたが、基本はDecoy嬢の圧倒的な歌唱力が看板の、まさに当ブログらしいアーティストといえます。

さて久し振りの近作も基本的には98年の前作"I'm Scared of"の路線を踏襲しています。アンビエントな楽曲から、Synth-Pop寄りのキャッチーなEBMまで。強いて違いを挙げるならあまりに内省的で深遠だった空気感から、若干陽性になったこと。例えば"Be An Angel Again"は従来のEBM曲ながら、これまでにないメロディアスさ。ライブでシンガロングさえ出来そうなキャッチーさを持っている。

あとDecoyってこんなオバチャン声だったっけ?と一瞬思いましたが改めて"Blac Horse"(初期の代表曲)を聴いてみると、あー変わってないわとw但し歌唱、表現力についてはより美しさと凄みを増している。エレクトロ界隈では間違いなく屈指の実力者といえます。

comeCome
Fading Colours

曲名リスト
1. Thorn
2. (I Had To) Come
3. Be An Angel Again
4. Fade Away
5. Distingmipropa
6. Seems Strange
7. Salamantra
8. Teutonic Girl
9. Priestess Of The Unfulfilled
10. Rose
11. Be An Angel... - Again
12. Feel

Amazonで詳しく見る


Two Headed Monster
Collide
B001EKTAWO
Wiser
Halou
B00005QDD0
Farewell
Clan of Xymox
B0000BWVMZ

posted by kerkerian at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック