2009年02月26日

Cantata Sangui / On Rituals and Correspondence in Constructed Realities(2009)

フィンランド発、ゴシック・メタル"Cantata Sangui"のデビュー作。

オースドックススタイルなFemale Vocalに、オーソドックスなメタルサウンド。
美輪明宏ふうなAnna嬢は個性には欠けるものの低めの地声を活かして幅広い音域に対応。少し残念なのは外見面だけです。

一方バックを固める音には、若干粗さもあったり。特にこういった、音の密度の高いジャンルにおいては、ギターの音像がボヤけているのが気になるところです。
しかしリズム隊はアクが強く、ベースは曲調に関係なく時にスラップで暴れ気味。「ひとりミクスチャー」といった態で、良い意味で空気読めてなくて良い。
あとドラム、個性の薄い楽曲群にあって、堰をきったように切り込んでくるブラストビートが、程よくアクセントになっています。

まだまだ未完成ながら、垣間見えるプログレ要素、変態要素に限りない伸びしろを感じる、そんな一枚です。

【こんな人におススメ!】
・普通のゴシックメタルが聴きたい
・普通の人が好き
・稀に垣間見える変態性にコーフンする(;´Д`)

On Rituals and Correspondence in Constructed RealitiesOn Rituals and Correspondence in Constructed Realities
Cantata Sangui

曲名リスト
1. In Half-Light
2. We'll Have It On Us'
3. Exaltata
4. Broken Stars
5. For The Forgotten One
6. Fruitarians
7. The Seven Liers-In-Wait
8. Reality
9. No Longer In The Eyes Of Aletheia
10. Sidecast
11. Lazarus
12. De Profundis

Amazonで詳しく見る


The Calling
Operatika
B001GM4E4Y
Poles
Factory of Dreams
B001B8TZOM
Different Kinds of Truth
The Flaw
B0015YI2R8
posted by kerkerian at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック