2009年02月14日

分島花音 / 侵食ドルチェ(2009)

『ヴァンパイア騎士』のエンディング2曲で話題となったボーカリスト、
分島花音(わけしま・かのん)待望の1stアルバム。

チェロを弾きながら歌うという特異なスタイルは、そのゴシックな世界観も相まって、
個人的に「日本のEmilie Autumn」に成り得る存在と見ています。
尤も現時点ではキャリアもスキルも彼我とは雲泥の差がありますが。

エレクトロ・ポップを基調としながらもダーク、甘いボイスでの不思議ちゃんな世界観は、
まさに「和製ゴシック」を象徴。
前にIndicaのエントリーで書いたように西洋のゴシックとは本質的に異なり、日本の場合殆どが「ロリータ」という記号性を内包しています。なるほど宗教的素地が無い分、特有のアニメ文化とも相俟って例えば中世の貴婦人的な「分かり易いアイコン」が取り入れられたのも頷ける話です。

その所謂ゴスロリとV系を中心とした日本音楽を結びつけた立役者が、
本作のプロデューサーであるMana様(ex.MALICE MIZER、Moi dix Mois)。
正直マリスもモワディスも大して明るくない自分ですが、パッと見でその世界観が理解できる分かり易さがあります。そしてそれは分島花音においても同様。

Mana様がプロデュースを手離れする次作以降が、改めて「アーティスト分島花音」の真価が問われることになりそうです。個人的には詞世界に非凡なものを持っているので、チェリストという特性を生かしてよりアーティスティックな方向に行って欲しいのですが果たして。

侵食ドルチェ(初回生産限定盤)(DVD付)侵食ドルチェ(初回生産限定盤)(DVD付)
分島花音

曲名リスト
1. sweet ticket
2. 真紅のフェータリズム
3. 鏡
4. still doll (album ver.)
5. マボロシ
6. アンニュイ気分!
7. 砂のお城
8. Monochrome flame
9. L’espoir ~魔法の赤い糸~
10. 黒い鳥籠
11. skip turn step♪
12. 白い心
13. sweet dreams

Amazonで詳しく見る



Opheliac
Emilie Autumn
B001EN46H0
アンデルメルヘン歌曲集
黒色すみれ
B001811ECI

GOTHIC LOLITA PROPAGANDA
妖精帝國
B000NO2BSM
posted by kerkerian at 00:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by もり at 2009年02月14日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック