2009年01月19日

Indica / Valoissa(2008)

個人的に「2008年ゴシックオブザイヤー」をあげたい一作。

ゴシックとは何か?それはこちらのページに詳しいが、
要は宗教的素地の薄い日本では、ゴシックの本質を理解するのが難しい。よって「黒」「荘厳」「耽美」といった音楽性あるいはファッション性で捉えるのはごく自然な流れということなのです。

さてこのIndica。
フィンランドのバンドながら、その名の通りエスニック要素を多分に含んでいます。
それでも1stから3rdまでは比較的オーソドックスな「ポスト・エヴァネッセンス」的メタルだったのですが、この4thではより東洋的な旋律を押し出し、怪しさ癒しが絶妙なバランスで鬩ぎ合っています。
それでいて根底ににある荘厳、耽美というゴシックメソッドにも則っている。

「怪しさ」という点ではゴシックもエスニックもなんならヴードゥーも・・
違和感無く一絡げにできる日本市場でこそ、聴かれるべき音楽だ!
と私は睨んでいるのですが果たして?(-_-)

関連リコメンドとして、よりアンビエントかつ呪術的な"Shiva In Exile"と、
デスメタルから脱却しエスニック路線に走って旧来のファンから袋叩きにあった(涙、
Tiamatの最新作、そしてロシアのヴードゥー・エレクトロ"Necro Steller"を挙げておきます。

ValoissaValoissa
Indica

曲名リスト
1. Elä
2. Pahinta tänään
3. 10 h myöhässä
4. Hiljainen maa
5. Askeleet
6. Sanoja
7. Valoissa
8. Täältä pois
9. Pyromaani
10. Hämärää
11. Ei enää

Amazonで詳しく見る


Indica - Valoissa
Indica - Elä


Nour
Shiva in Exile
B00006L5PQ
Deeper Kind of Slumber
Tiamat
B000024DRI
Pulsing Zero(Japanese Limited)
Necro Steller
B001LOKIB0
posted by kerkerian at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック