2019年08月29日

Darkswoon / BInd(2019)

USのElectro3ピースによる1stアルバム。

闇(Dark)に気絶(swoon)...単語なのか造語なのか解りませんがホラーゲームで真っ暗な画面からゾンビとか青鬼とか着物の女とかヨシエさんとかがヌッと出てきたときの一瞬気が遠くなるあの感じなんですかね?男なら悲鳴など上げずに静かに失神するのが粋ってもんです。

さてElectro-Shoegazeを標榜する彼らの音楽にそんなドッキリ要素はなく、リズムトラック以外は生音という編成を利したPost-RockとColdwaveを融合させたような作風です。Vo+GtのJane嬢とSynthのRachel嬢の2枚看板をAndrew氏が支えるトライアングルはフィードバックノイズに彩られた90's式Shoegazeというよりは、Voのイケボを最前面に押し出したDreamgazer的な音作り。頭3曲では雄大なメロディ感からアメリカンロックの、直線的なビート感からNew-Waveテイストの陽キャな部分が印象的でしたが、"Emoto"から一転GothやIndustrialの匂いを漂わす闇が垣間見える。Jane嬢が公言するAphex TwinやNINの影響が確かに息づく。なるほど屋号のホラブル感も頷けよう。

【Favorite Number】Fireplace / Love Is A Warm Dark Cave

BindBind
Darkswoon

曲名リスト
1. Red Ferrari
2. This Flesh
3. Human Faults
4. Emoto
5. Animal
6. Fireplace
7. Parting Embrace
8. Love is a a Warm Dark Cave

Amazonで詳しく見る








Brought to Light
Whimsical
The Linear Way
In The Dust
Weeknight
In The Dust
On the Legs of Love Purified
Chasms
On the Legs of Love Purified
posted by kerkerian at 00:32 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする