2019年08月24日

Xeno & Oaklander / Hypnos(2019)

USシンセデュオによる6thアルバム。

アルバムオブザイヤー2016の名作"Topiary"から3年、待望の新作です。既にMinimal-Synth界の主要人物となった感のある彼らはアナログシンセ愛好家からの熱心な支持を得ている訳ですが、初っ端の"Fire And Smoke"から何か様子が違う...構成はいつものミニマルエレクトロだが音自体が妙にFuture-Popしている。Sean氏曰くモノフォニックからポリフォニックにシフトしたとの事で、要は音が分厚くなったということかな...悪い意味で、やりおったな...!

彼ら特有のソフトリーでノクターナルな健在なものの、本作の主役はブリブリと、ペチペチと主張するリズム群だ。Liz嬢の「〜〜ッススス」という心地よいサ行のウィスパリングも相俟ってASMR好きには堪らんのではないかな。だがしかし歌メロが物足りなさ過ぎる。Vo原理主義のフィメこれ的にはビート指向に成り過ぎて大いに不満だ。唯一留飲を下げたのは6曲目の"Altamira"。適度なメロがありつつリズムトラックが80'sテクノ...というかTM NETWORKみたいでクスッとした。このノスタルジヰ、良い意味でチープなスリルに身を任せてみるのも一興だ。

【Favorite Number】Insomnia / Altamira

HypnosHypnos
Xeno & Oaklander

曲名リスト
1. Fire And Smoke
2. Hypnos
3. AngAclique
4. Insomnia
5. The Light, The Whisper
6. Altamira
7. A World Without Sun
8. Athena

Amazonで詳しく見る








The Linear Way
Linear Movement
The Linear Way
Fierce
Hante.
Fierce
Infrarouge
Minuit Machine
Infrarouge
posted by kerkerian at 17:57 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする