2019年08月22日

Primier / Novelty(2019)

USのエレクトロSSW/Producerによる1stアルバム。

ジャケのビジュアルからアーバンギャルドフォロワーなのかなと思いましたが意外と音楽性は当たらずとも遠からず...Alyssa Midcalf嬢によるソロプロジェクトPrimierは、RolandのJUNOシンセで全て構築されたSynth-Popは浮遊感と重力性を兼備する。Alyssa嬢の紡ぐ旋律は極めてメロディアスで、かつエレクトロシンガー屈指の儚く程よいソウルネスも感じる美声が桃源郷に誘う。

そして煌びやかなだけではなく仄かなダークネスをも標榜しているのがPrimierの真骨頂。その象徴がThe Beach Boysのカバー"Til I Die"だろう。ビーチボーイズでこのをチョイスする時点で既に尋常じゃないが、ブライアン・ウィルソンの病みきった状況が綴られる同曲を本人よりも悲壮感漂わせて歌唱、対比するようにSynthサウンドが煌々しているのが闇深さを感じてならない。オブザイヤー候補として、このDarkwave寄りの佳作は私の印象に刻まれた...!

【Favorite Number】Anesthetized / Til I Die

NoveltyNovelty
Primier

曲名リスト
1. Anesthetized
2. My House
3. A Broken Person’s Game
4. Concrete Walls
5. Til I Die
6. The Firmament
7. Life is Funny! Ha Ha
8. TVI

Amazonで詳しく見る




Your Need
Kedr Livanskiy
Your Need
Musica Lunae
Ari Masonq
Musica Lunae
Perfect Storm
Vanbot
We Are Science
続きを読む
タグ:Synth-Pop US
posted by kerkerian at 01:15 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする