2019年05月06日

The Cranberries / In The End(2019)

アイルランドのAlternativeレジェンダリィによる8thにしてラストアルバム。

1989年に幕を開け2019年に幕を閉じた平成時代。活休を挟んでいるものの、奇しくもほぼ同一期間を駆け抜けたバンドがこのThe Cranberries。1989年に結成された彼らはこの最新作リリースの2019年4月26日をもってクランベリーズ時代に終止符を打つのである...その要因が不世出のボーカリストDolores O'Riordanの死去である故に、本作の感想も感傷的にならざるを得ない。2018年のドロレス嬢急逝の報に接し、D.A.R.K.が最後の声になるのかなと思っていただけに、6th"Roses"に続くフル新作11曲分も命が吹き込まれていたことに驚きと感謝の念を禁じ得ない。

一時代を築く、と言いますがThe Cranberriesの場合はフォロワー不在のまま過ぎた30年間だったなあと本作を聴いて改めて感じる。唯一無二ゆえシーンの象徴的存在では無かったが"Dreams"や"Zombie"には90年代の風景を連れてくる、時代を象徴する引力があったように思います。そして本作...相変わらず滋味なアルバムですが同じように将来、"All Over Now"や"Got It"を聴いてこの10'sの終わりを思い出すのだろう。神々しい歌声を携えたまま本当に神になったのだな...ありがとうクランベリーズ、おやすみなさいクランベリーズ。

【Favorite Number】All Over Now / Wake Me When It's Over / Got It / In The End

In the EndIn the End
The Cranberries

曲名リスト
1.All Over Now
2.Lost
3.Wake Me When It’s Over
4.A Place I Know
5.Catch Me If You Can
6.Got It
7.Illusion
8.Crazy Heart
9.Summer Song
10.The Pressure
11.In the End

Amazonで詳しく見る








Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?
The Cranberries
Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?
No Need To Argue
The Cranberries
No Need To Argue
To The Faithful Departed
The Cranberries
We Are Science
posted by kerkerian at 17:55 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする