2019年03月03日

And Then She Came / Kaosystematiq(2018)

独メタルバンドによる2ndアルバム。

正統派Gothic-Metalバンドとして名を馳せたKrypteria。中でもアルバムオブザイヤー2007に選出した"Bloodangel's Cry"は10年以上経た今も私的最高フェイバリッ度を誇る盤の1つです。バンドは"All Beauty Must Die"を最後に活休。ジーン・チョウ嬢の産休を経て2016年にリフォームしたのがこのAnd Then She Cameである...! メンバーは同じためKrypteriaの延長上かと思いきや意外とそうでもなく、よりモダンヘヴィネスが強調された印象。

グレゴリオをはじめクラシカル要素満載のBlood〜期のトゥーマッチな荘厳感が好きな自分としては物足りなさもあるものの、クサメロ全開のシンガロング必至な作風は健在。エレクトロを導入したりと音はモダンなれど楽曲にはどことなく90'sメロハー然としたものを感じる...Fair WarningとかGodhardとかHarem Scaremとか...日本人の琴線に触れがちなところはそのままに、所々で見られるFolk-Metal的アダルト・コンテンポラリーな部分が今後どうなるのか楽しみ...でもThe Gathering化は勘弁な...!

【Favorite Number】Sick Of You / Perfect As You Are / Shine On Supernova

KaosystematiqKaosystematiq
And Then She Came

曲名リスト
1. Sick of You
2. Perfect as You Are
3. As the Battle Rages On
4. Come On, Come On
5. Devastation Anyone
6. More Than Everything
7. Shine on Supernova
8. White Dog
9. I Just Cannot Trust Myself
10. Into the Open
11. Unbroken
Amazonで詳しく見る






Odyssey to Reflexion
Against Myself
Odyssey to Reflexion
Eventide
Reliqa
Eventide
Immersion
Lyria
Immersion
posted by kerkerian at 20:29 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする