2019年03月01日

Kælan Mikla / Nótt eftir nótt(2018)

アイスランドのElectroユニットによる4thアルバム。

"Synth-Punk Trio"と銘打つKælan Mikla。New-Wave的な性急ビートに乗せたミニマルSynthといった態で、3rdまではガレージ色が強いオールドスクールパンクの様相だったが、本作で化け化け。重厚なColdwaveに覆われた音像、リヴァーヴに包まれたVo、展開もリズムもビート一辺倒ではなく「BPMの高いエレクトロニカ」という印象に。総じて、アイスランドらしい音楽になったなあと。

変わらない点でいうとLaufey Soffía嬢の躁鬱ボーカリゼーションだろうか。矯声を上げ叫びくだを巻くかと思えば次の瞬間にポエトリーリーディングが始まるという、ネイマールも驚きの切り返しの深さ。成る程レイキャビクのポエトリー・スラムで優勝経験がある訳だ...聞き返すと1stの頃よりは「躁」は大人しくなり「鬱」はより沈み込んだ印象だが、この女優振りが一層曲に奥行きを与えているといって良いだろう。Myrkurとはまた別ベクトルの、北欧のお洒落変態系として刮目すべきトリオである。

【Favorite Number】Hvernig kemst ég upp? / Andvaka

Nótt eftir nóttNótt eftir nótt
Kaelan Mikla

曲名リスト
1. Gandreið
2. Nornalagið
3. Hvernig Kemst Ég Upp?
4. Skuggadans
5. Draumadís
6. Næturblóm
7. Andvaka
8. Nótt Eftir Nótt
9. Dáið Er Allt Án Drauma

Amazonで詳しく見る








Into the All
Zanias
Into the All
Let Them Be Alien
Lebanon Hanover
Let Them Be Alien
Fierce
Hante.
Fierce

posted by kerkerian at 23:51 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする