2018年08月27日

Chvrches / Love Is Dead(2018)

蘇格蘭のエレクトロ・バンドによる3rdアルバム。

フジロック2018のショウが記憶に新しいチャーチズ。数々のゲーム、TV、映画でのメディアフィーチュアやNMEアワードやブリットアワードの常連で既にスターダムにのし上がった感のある彼ら...余りにも眩しくて今更フィメこれで取り扱うのも憚られるし、「ワシが発見したのじゃ」とドヤれないのはレビュー価値あんのかって話なんですけども。前作の2nd"very Open Eye"がエントリ漏れしたのが悔やまれたためリベンジを。当時は同系統でPurity Ringという神作に全てを持って行かれて他のIndie-Popの存在が雲散霧消したのじゃ...!

さて先行シングル"Get Out"、"Miracle"の安定ヒットや著名プロデューサー起用、日本盤ボートラでは水曜日のカンパネラとの共演など成功は約束されたも同然の本作。キラキラしたSynth-Popに真っ直ぐ過ぎるLauren城の透明で蓮っ葉なVoはこんな塵芥虫みたいな俺には眩し過ぎる...しかし隠しきれないダークネスとそこはかとないサッドネス。要するにいつも通り最高。80'sの影響を受けたSynth-Popでは大体ノスタルジックに浸れるちょろいリスナーな自分ですが、特にチャーチズの場合は涙腺を揺さぶる作用が凄い。歌のみならずアナログとデジタルを巧みに織り交ぜるシンセ、ギター、ドラム、パーカッションその他インストゥルメンツで全力で泣かせに来る感じ。でもってLauren嬢が萌えオブザイヤー級ときたら推し不可避だわな。唯一の難点は、いつまでもチャーチズの英語スペルが覚えられない。あチャー...!

【Favorite Number】Graffiti / Forever

Love Is DeadLove Is Dead
Chvrches

曲名リスト
1. Graffiti
2. Get Out
3. Deliverance
4. My Enemy (feat. Matt Berninger)
5. Forever
6. Never Say Die
7. Miracle
8. Graves
9. Heaven/Hell
10. God's Plan
11. Really Gone
12. ii
13. Wonderland

Amazonで詳しく見る








High As Hope
Florence + The Machine
B07CVCD17K
NO SHAME
LILY ALLEN
B07B16RGPR
MY MIND MAKES NOISES
Pales Waves
B07FSRBWXL
posted by kerkerian at 01:34 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

Veil Of Obscurity / In The Beginning(2018)

米Female-SingerによるMelodic-Rockバンドの1stアルバム。

かねてよりデンマークのメタル巨匠Royal Huntでコーラスを担っていたMichelle Raitzin嬢が、Royal Huntの楽器隊の全面協力のもと制作された本作。つまりD.C.クーパーを女性Voに差し替えた実質Royal Huntのアナザー・プロジェクトと言え、このコンセプト、日本先行リリースということからも明らかに日本市場を意識しまくったクサクサな作風であることが期待される・・・!

果たして。冒頭の"Out Of Obscurity"から予想通りのクサメロ全開。ただ本家とは全く異なる装いでMetal風味は殆ど無く、Synthやストリングスを全面に出したトラッドな雰囲気はPower-Pop感すらあるライトさ。楽曲も全てMichelle嬢が書いているようで、ぶっちゃけRoyal Huntがバックである必然性は薄いんだけどそこはまあシンガーMichelle Raitzinを売るための対日本戦略ちゅーこって。とりわけ"L'amour"なんかはドキャッチーなR&Bテイストで、これをリードトラックに据えている辺り、メタルリスナーに受け入れられる目は少ないかと...ビッグ・イン・ジャパンになれるかはMichelle嬢の美貌と美声に賭けるしかないのかな。キングレコードなので、もう邦楽枠でなんならアニソンタイアップ付けてKING SUPER LIVE 2018に出してあげればワンチャン(返す返すもRoyal Huntである必然性とは)。

【Favorite Number】Out Of Obscurity / Free Mind

In The Beginning...In The Beginning...
Veil Of Obscurity

曲名リスト
1.Out Of Obscurity
2.Free Mind
3.Rise Above
4.Lost
5.Letting Down The Line
6.Gambler
7.L'amour
8.I'm Real
9.Love Sets Me Free
10.Spy Games

Amazonで詳しく見る






start over
BAND-MAID
B07D6T6XPJ
THIS IS NOW
exist†trace
B0196ZL33C
Battle Against Damnation
LOVEBITES
B07B62QPHW
タグ:US Symphonic Rock
posted by kerkerian at 23:59 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

Cosmic Armchair / Contact(2017)

新嘉坡のエレクトロ・デュオによる1stアルバム。

Alfa-Matrix祭り第5弾...希少なシンガポーリアン、そして昨年ものと異例づくしのエントリとなる訳ですが余りにも素晴らしい作品だったので書かざるを得ない。せめて今年4月までに発見出来ていればワンチャン、アルバムオブザイヤー2017...トップ3まであった気がして大変悔やまれる。これも運命力なので今更修正はしませんが、広く世界に打電されるべきアーティストゆえ遅まきながらの紹介とさせてくださいませ。

シンプルながらツボを押さえた音遣いのSynth-Popを主軸に、Dark-Electroのアッパー感とミニマルテクノ、trip-Hop要素さえも兼備したクラブサウンドに全方位対応の機能美。加えてJane嬢による歌唱がクールkawaiiのとノスタルジック満載のメロに心を奪われる。ミニマルながら夢幻の広がりを見せるサウンドメイクはプロデューサー/アレンジャーのCosmic Ben氏の手腕が大きいのだろう。伊達にコズミック名乗っちゃねーな...!幾つかのレーベルアーティストのRemixを手掛けたことからAlfa-Matrixと正式契約したという経緯から、既にシーンのお墨付きを得たも同然のCosmic Armchair。アジアンFemale Fronted-Electroの急先鋒を見逃す事勿れ...!

【Favorite Number】When Will You Learn / Just One Look / Impossible

ContactContact
Cosmic Armchair

曲名リスト

1.I Don’t Belong Here (Walk In The Light Mix)
2.When Will You Learn
3.Higher
4.Cannonballs
5.Just One Look (Club mix)
6.Valentine
7.Grey (Black Or White Mix)
8.Fly Away
9.Falling
10.Conversations
11.Don’t Leave Me Here
12.Not You
13.Impossible
14.Take You Home
15.After The Rain

Amazonで詳しく見る








Blacklist
Sin.Sin & N0emi Aurora
B075XBY9Q3
Edge of the World
Sweetest Condition
B0128E78AA
Musickist
Kist
B07B5Y6PM9
posted by kerkerian at 22:49 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

Witchcraft / Cinema(2018)

露Gothic-Metalバンドによる4thアルバム。

ラフォーレ夏のグランバザール。そんな広告っぽい艶やかなジャケの本作。なるほど購買意欲をそそる感じではある。前作"7"の百合百合しいジャケといい、Witchcraftのアートワークは裏切らないな...個人的にはLyudmila嬢だけでなく、Kate嬢のアルティミシア風の魔女魔女しいコスも見たいぞ。WitchcraftといえばVoとViolinの紅二点なのじゃからな...!

さてIntroのホラブルなSEからサイレン鳴り響く超王道Goth-Metalの"Silent Hill"。終末的メロディと背徳感のあるLyudmila嬢のVoが冴えまくる、前作の"7 грех"に匹敵する佳曲だ。以降もミッドテンポ曲を中心に、グルーヴとエレクトロを交えた展開の押し引きで儚げな世界観を演出。そしてぎりぎりファルセット手前の、悲痛な叫びにも似た高音ヴォイと消え入りそうなウィスパリングによる歌のコントラストも劇場(激情)感と悲壮感をマキシマイズ。あとミッド曲にも関わらずバスドラの足数が容赦なく、大変心地良い振動だ。だがしかし気になるのは、バイオリンの音が然程出てこないことと、男Voのシャシャ率が増えてきたこと...これは良くない傾向だ。だからといってラフォーレのお客様センターに電凸などしないよう。良い子は黙って次のバザールを待つでござーる。

【Favorite Number】Silent Hill / Истина Рядом / В Объятиях темноты

Promscuous TendenciesCinema
Witchcraft

曲名リスト
1.Intro
2.Silent Hill
3.Пепел
4.Реквием
5.Навсегда
6.Истина Рядом
7.В Объятиях темноты
8.Тьма по венам
9.Дисфория
10.Часть меня
11.На разных планетах
12.Дитя зари
13.В объятиях темноты (dark ver.)
14.Навсегда (acoustic ver.)
15.Мой мёртвый ангел (acoustic ver.)
16.Outro
17.Gothic Bitch (bonus track)
bandcampで詳しく見る








Тринити
СЛОТ
B075XBY9Q3
Шаги по стеклу
Tracktor Bowling
B075298PK8
Newtype
Unreal
B00576U8VS
posted by kerkerian at 22:23 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

Helalyn Flowers / Nyctophilia(2018)

伊Dark-Electroデュオによる5thアルバム。

Alfa-Matrix祭り第4弾。ポップ性溢れるDarkwave/Industrialの2nd"Stitches of Eden"に夢中になってから早9年、レーベル内の立ち位置も期待の新鋭からAyriaI:Scintillaに次ぐ重鎮(女性Voカテゴリでは)にまでなったHelalyn Flowers、いよいよ爛熟期かと思わせる充実作。Lovelorn DollsJunksistaSin.Sinら後継アーティストの追撃をヒラリンっと交わしつつ、教本の如き磐石のDark-Electroを聴かせてくれます。

タイトルの"Nyctophilia"は「暗所嗜好」を意味し、改めて彼らの闇より生まれし漆黒の波動がアレしてバーン!なアティチュードを明確に打ち出したような作品。インダストリアルの金属感、トランシーの煌びやかさを全面に押し出した楽曲は前作"Sonic Foundation"からの延長上にあり、メロディアスな旋律も兼備。"Breathless"でギターソロを弾きまくりな以外は目新しさは無いが、この安定したクオリティを2年スパンで出せるというのがHelalyn Flowersの実力を物語る。このまま...止まるんじゃねえぞ...

【Favorite Number】Tetrachromatic / Kamikaze Angel

NyctophiliaNyctophilia
Helalyn Flowers

曲名リスト
1.Tetrachromatic
2.Unleash the Wolves
3.Kamikaze Angel
4.Let Me In
5.Breathless
6.Run Away (with My Demons)
7.Beyond
8.When It is Not Black Enough
9.Nyctophilia
10.Morphine

Amazonで詳しく見る






Mind & Matter
Collide
B075XBY9Q3
Onyx Philomela
Invocation Array
B075298PK8
Love Is Dead
Chvrches
B07B5Y6PM9
posted by kerkerian at 22:55 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする