2018年04月14日

Excessive Visage / You Are Lost Anyway(2017)

独Progressive-Rockバンドによる4thアルバム。

2017年作品の、いわゆる変態枠である...!序盤からパーカッションとピョロロ〜と気の抜けた音によるインプロヴィゼーシブな展開からの牧歌的な歌唱…Arcade Fireを思わせるジャズインディー・サイケデリックロックな様相。ピョロロが止むと同時にメインの女性Voが登場で、どうやらこのLarissa嬢がVo兼スライド・ホイッスル担当のようだ。この終始フリーテンポでブラックホール的な1曲目の"Dragged In"がExcessive Visageを象徴する最たる変態曲な訳ですが、以降はアグレッシブでギター主体のマス・ロック的な作風。各パートが極めて自由に音を競い合い、Larissa嬢のブルージーな歌唱がスモーキーでキャバレーチックな雰囲気を曲に与えている。ゴチャっとしていそうで意外に音数は少なく、あくまでグルーヴで勝負するという自信の現れのようにも思える。あと例のピョロロは冒頭以外に一切出番が無く、飛び道具は虚仮威し用途以外には多用しないというのは分かり手だなあと共感させられる。知的な変態は最強...改めてそう思わせる逸品だ…!

【Favorite Number】Dragged In / Verwöhnt von Happiness / Supernova, Black Hole, Eternity And The Space

You Are Lost AnywayYou Are Lost Anyway
Excessive Visage

曲名リスト
1.Dragged In
2.Verwoehnt Von Happiness
3.Supernova, Black Hole, Eternity And The Space
4.Ron
5.Buried In Gold
6.Nothing Nothing
7.Polished Eyes
8.Transfixed Reveri

Amazonで詳しく見る






Wyllt
Black Math Horseman
B001T46U1Y
Here She Comes a Tumblin
Birdeatsbaby
B0028ER57C
Ashen Figure
Ashen Figure
B004VMX6TA
posted by kerkerian at 16:29 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする