2018年04月30日

ionnalee / Everyone Afraid to Be Forgotte(2018)

スウェーデンのエレクトロSSWによる1stアルバム。

1stといいつつ、デビュー作にはあらず...というのもこのionnalee嬢、iamamiwhoamiであり、更にその前ソロではJonna Lee名義で活動していたその人なのである。キャリア通算では6th、ソロ名義では3rd、ionnalee名義では1stということになる。正直、どの看板でも音楽性が変わらないので意図は不明ですが、"Bounty"のときのような記号的仕掛けがお好きな感じなのと、作風のExperimentalみから考えるときっと…不思議ちゃんなのだろう(雑)

アルバムオブザイヤー2014に輝いた"BLUE"の延長上で練りに練られたサウンドエレメンツによる丁寧な作りは本作でも同様。清冽なSynthサウンドからエグみのあるドープな音、トリッキーなボイスサンプリング音などなど。より歌ものに寄せているかなというのが今回の差分で、男Voのfeaturing曲もあるのが特徴か。それにしても高音に飛んだ際のチャーミングなしゃくり声は相変わらずキュンキュンさせられる中毒性を帯びておる...!名前はJoannaからionnaに一歩後退していますが、彼女の音楽はプログレスなうといったところか。次はHoanna Leeになるのか、将又Koannaになるのか予想は付きませんが何らの改名があと複数回、キャリアの中であると見ている。んで結局、貴女を何嬢とお呼びすれば良いのでしょうか...?

【Favorite Number】Work / Not Human / Blazing

Everyone Afraid to Be ForgotteEveryone Afraid to Be Forgotte
Ionnalee

曲名リスト
1. Watches Watches
2. Joy
3. Work
4. Like Hell
5. Not Human
6. Temple
7. Samaritan
8. Dunes Of Sand
9. Blazing
10. Simmer Down
11. Here Is A Warning
12. Gone
13. Memento
14. Harvest
15. Fold

Amazonで詳しく見る








Collxtion II
Allie-X
B071VTR1H7
Queen of the Clouds
Tove Lo
B00MW5FBKU
So Sad So Sexy
Lykke Li
B07CG1R3XZ
posted by kerkerian at 03:59 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

Anna Von Hausswolff / Dead Magic(2018)

スウェーデンSSWによる5thアルバム。

過去最強クラスの、空恐ろしいジャケ...これだけでSAN値削られそうなものですが、楽曲も中々にインサニティである。ドローンでアトモスフェリックなシンフォから立ちのぼるAnna嬢の熱に浮かされたような歌唱...基本美声なんだけど不定期に発せられる怪鳥の如きスクリームに戦慄を禁じ得ない。

とまあ作風は4thまでと然程変わらないのだが、本作では長尺による5曲構成というのが異彩を放ち、宛らプログレアルバムの様相だ。そのためか、従来のIndie-Rockよりも重く複雑で、Post-RockやところによりMedievalな印象も残った。歌パートは全体の3割程度に過ぎず、総体的にはホラブルな環境音楽といったところか。今年のGWはひとり部屋の片隅で本作に浸り、死にたいと願いながらガッツリと沈み込んでいきたい。

【Favorite Number】The Truth, The Glow, The Fall

DEAD MAGICDead Magic
Anna Von Hausswolff

曲名リスト
1. The Truth, The Glow, The Fall
2. The Mysterious Vanishing of Electra
3. Ugly And Vengeful
4. The Marble Eye
5. Källans återuppståndelse

Amazonで詳しく見る








Some Heavy Ocean
Emma Ruth Rundle
B00JS0IZ5A
Ballads of Living and Dying
Marissa Nadler
B0076Q3NEQ
Older Terrors
Esben and the Witch
B01LGAZ7IW
posted by kerkerian at 02:53 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

Promenade Cinema / Living Ghosts(2018)

UKエレクトロ・デュオによるデビュー作。

フィメこれらしいDarkwaveの登場...キラめくSynthに、重々しいリズミックノイズ、不穏なトランシー。お手本のようなGoth-Electroに気分は高揚します...!マダム声なVo、Emma Bason嬢の女王様感と、ダンディ優男声の男Vo、Dorian氏の下僕感が非常にマッチしておりドラマティックな楽曲を彩る。昔大絶賛したJavelynn(動いてない)やWaves Under Water(動いてない)を思わせるダークロマンティカです。それにしても...アルバムオブザイヤー2017のように古参の奮闘が目立つ一方で2nd、3rdの壁を越えられないアーティストの多い事よ…企業の8割は5年以内に廃業すると言いますが、暗黒音楽界も然りなのかもしれません。

まあそんな刹那的な類似性を感じてしまう訳ですが、引き合いに出したくなるくらい新人離れしたクオリティって事です。かつてアルバムオブザイヤーを獲得し、大きな未来を予見させた暗黒ポップ・エレクトロ...Huski(もう公式HPない)、Diskarnate(息してない)、Deuxvolt(解散済み)を彷彿させるPromenade Cinema。まあ一瞬の閃光でも構わんよ、それが人生だ...!ともあれどうなるか、見てみよう。

【Favorite Number】Spotlight / Polaroid Stranger

Living GhostsLiving Ghosts
Promenade Cinema

曲名リスト
1. As the World Stops Revolving
2. Spotlight
3. Polaroid Stranger
4. A Chemical Haunting (Extended Version)
5. Stock Image Model
6. The Quiet Silently Wait
7. Cassette Conversations
8. Softly, the Sinister Hold
9. Credits
10. Norway

Amazonで詳しく見る








Of Daydreams and Nightmares
Adam Is A Girl
B079ZX2M4P
Amor/Noir
Strvngers
B0794QVY5G
The Looking Glass Society
Ashbury Heights
B00ZYV6S3S
タグ:UK darkwave
posted by kerkerian at 01:11 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

アーバンギャルド / 少女フィクション(2018)

日トラウマ・テクノポップバンドによる8thアルバム。

デビュー10周年記念アルバムと銘打たれた本作。2nd"少女都市計画"からフルアルバムは全て当ブログで取り上げており、言うまでもなくどれもフェイバリッ度が高いのですがここ数作...ガイガーカウンターカルチャー鬱くしい国昭和九十年は風刺色が強く、やや胃もたれ気味だったのが正直なところだ。そこへ来て今回の原点回帰、やはりアーバンのモチーフは少女でなくてはな...!

4周ほど聴いて、これは過去最高作ちゃうんかな?という感触を得ている。それは冒頭の3曲が神曲であるのに依るところが大きく、特に「あたしフィクション」をド頭にしたのはナイス采配...よこたん嬢の曲は歌謡曲要素が強く、しかし数が少ないレア要因も相俟って私の琴線に触れまくるのである…!あとは各メンバーが万遍なくソングライティングをするようになって来たことで多様性が生まれ、天馬氏のアクの強さ一辺倒でなくなったのもプラス傾向。総じてフェミニンで、ネガティブでニヒリズムで、ファンジスタの言葉で紡ぐどうしようもないリアリズム。実にアーバンギャルドらしい名作ってことです。

【Favorite Number】あたしフィクション / あくまで悪魔 / ふぁむふぁたファンタジー / 大破壊交響楽

少女フィクション少女フィクション
アーバンギャルド

曲名リスト
1.あたしフィクション
2.あくまで悪魔
3.ふぁむふぁたファンタジー
4.トーキョー・キッド
5.ビデオのように
6.大人病
7.インターネット葬
8.鉄屑鉄男
9.キスについて
10.少女にしやがれ
11.大破壊交響楽

Amazonで詳しく見る








ネオンと虎
パスピエ
B079ZX2M4P
ガラパゴス
水曜日のカンパネラ
B07BMSY3PR
Blue Forest
浜崎容子
B01DUVZURI
posted by kerkerian at 00:06 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

Leaves' Eyes / Sign of the Dragon Head(2018)

独メタルバンドによる7thアルバム。

これまで2年間隔でリリースを重ねて来た彼らだが、今作は3年振りとなった。というのも前作"King Of Kings"ツアー中にLiv Kristine嬢が脱退...Theatre Of Tragedy解雇後の、バンドの創始者でありアイコンがLeavesしちゃった事には衝撃が走った。KeyのAlexander氏とのパートナーシップ解消にまつわるエトセトラな訳だが、それでも存続を選び最短で新作発表に漕ぎ着けたAlex氏には拍手を、部外者を介入させたリヴィッチには中指をそれぞれ贈りたいと思う。

さて以前書いた通りAngel Nationの Elina Siirala嬢を新Voに迎え、彼女に合わせて書き下ろした本作。ヴァイキング伝承をベースとした作風は引き続きだが音楽性は必ずしもFolk Metalではなく、比較的Power Metalの要素が強い。ソプラノで歌うElina嬢はAngel Nationを聴く限りでは前任者に寄せている印象のため、違和感は全く無く、ステージパフォーマンスも含め早くもLeave's Eyesの看板としてフィットした感じ。少なくともヴィジュアル面は遥かに強化されたと言える…!特筆すべきは"Riders On The Wind"で、アイリッシュ・フォークメタル的なタッチはこれまでありそうで無かった新機軸。底抜けにドリンク・オア・ダイな感じの明るさは新生Leaves'の象徴...となるか?Angel Nationと併せて、今後の動向を見てみよう...!

【Favorite Number】Sign of the Dragon Head / Riders on the Wind / Waves of Euphoria

Sign of the Dragon HeadSign of the Dragon Head
Leaves' Eyes

曲名リスト
1. Sign of the Dragonhead
2. Across the Sea
3. Like a Mountain
4. Jomsborg
5. Völva
6. Riders on the Wind
7. Fairer Than the Sun
8. Shadows in the Night
9. Rulers of Wind and Waves
10. Fires in the North
11. Waves of Euphoria
12. Beowulf
13. Winter Nights

Amazonで詳しく見る








Argia
Diabulus in Musica
B00I32F39A
Det Vilde Kor
Lumsk
B000NDDSTO
The First Chapters
Lyriel
B002J91ABS
posted by kerkerian at 02:24 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

Unwoman / War Stories(2018)

米Neo-Classical SSWによる9thアルバム。

チェリストErica Mulkey嬢によるソロプロジェクトUnwoman。Neo-Classicalを主軸としコンスタントに作を重ねながらも、7thではIndustrialを取り入れたヘヴィ路線、8thではElectroを交えたフォーキーな作風と少しずつ様相を変えながらの本作は6thの"Casualties"に近い、原点回帰ともいえるSteampunk的な印象に。

弦楽とピアノによるアトモスフェリックな楽曲が多く前2作と比較すると地味な印象だが、Erica嬢の朗々としたボーカリゼーションが堪能できる。何よりチェロプレイの比率が過去最大級に高く、改めてNeo-Classical界のメインヒロインたる矜持を見せつける。荘厳で壮大な音の奥行き、Chanber-Popのファンタジーアに酔いしれること必至な一枚である...!

【Favorite Number】As You Wish / Saviors / Waxing Gibbous

War StoriesWar Stories
Unwoman

曲名リスト
1. As You Wish
2. War Stories
3. Saviors
4. Before the Flood
5. The Surrender
6. Bad Man
7. We Love Longest
8. The Same Stream
9. Flies
10. Waxing Gibbous
11. Almost
12. Breathe Out

Amazonで詳しく見る








Thanks for the Ether
Rasputina
B000002BG4
The Mongrel Mixes
Johnny Hollow
B0777BMQ6R
Diabolical Streak
Jill Tracy
B00000K0N5
posted by kerkerian at 00:12 | Comment(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

Vision Of Atlantis / The Deep & The Dark(2018)

オーストリアのシンフォ・メタルバンドによる6thアルバム。

意外にも感想を書くのは初めてなんですが、18年のキャリアを誇り界隈では実力派として知られるVisions Of Atlantis。そしてメンバーチェンジが引っ切り無しなのも知られるところで、2018年時点で女性Voは5人目、男性Voは3人目、ギターとベースは4人目、Keyは3人居たが現在空席。唯一不動のドラマーによる専制君主制という点は、Coronatusと酷似している。

毎作メンバーが異なるため、Symphonic-Metal、男女混成Voである点は一貫しているもののVoの個性により聴こえ方が全く違うのが彼らの特徴。1stから4thまではソプラノによるオペラ的印象だったが5thより声域が下がったことでハードロック的作風になった。6thもそれを踏襲しており、今作から加入のClémentine Delauney嬢によるメゾソプラノVoが優美かつ勇壮で素晴らしい安定感を誇る。遂にVOA史上最高の歌姫が現れたという印象だ。さらにメインコンポーザーだったキーボード氏が抜けた事で、誰が書いているか不明だがクサメロ全開のシンパシックなメタルに様変わり。それに心を打ち抜かれ、今回初のレビューとなったことは言うまでも無き...!

【Favorite Number】Return To Lemuria / The Grand Illusion / Prayer To The Lost

The Deep & The DarkThe Deep & The Dark
Visions Of Atlantis

曲名リスト
1. The Deep & The Dark
2. Return To Lemuria
3. Ritual Night
4. The Silent Mutiny
5. Book Of Nature
6. The Last Home
7. The Grand Illusion
8. Dead Reckoning
9. Words Of War
10. Prayer To The Lost

Amazonで詳しく見る








War of Ages
Serenity
B00BG474ZI
5 Original Albums in 1 Box
Edenbridge
B0777BMQ6R
Darkness Of Eternity
Amberian Dawn
B076QLPZMR
posted by kerkerian at 02:00 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

燃えオブザイヤー2017

Lydia Ainsworth


Peps(Rainbowlicker)


Maria Mar(Omnimar)


Elina Siirala(Angel Nation)


lena Alice Fossi(SPECTRA*paris)


Amalie Bruun(Myrkur)


Federica Faith Sciamanna(The Shiver)


Alexandra Savior


Furniteur


Belinda Kordic(Fazerdaze)
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 00:16 | Comment(0) | オブザイヤー2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

アルバムオブザイヤー2017

陽春の候、如何お過ごしだろうか...?
毎年恒例のアルバムオブザイヤー、始めた当初は翌1月だったのが2月となり3月となり、遂に新年度までずれ込む体たらくとなりました事をここにお詫び申し上げます。こうなると最大12月まで引っ張っても良い気さえしてきますが、ともあれ投げて良し(無責任に投げっぱなしの感想)、打って良し(無責任に駄作を叩く)の暗黒音楽界の大谷翔平ことフィメこれアルバムオブザイヤー、It's SHO TIME!



The Murder Of My Sweet / Echoes of the Aftermath
優等生オブザイヤー。「ゴシック○○」が蔓延る昨今、世界観、音作り、ボーカリゼーションと指針となる数少ないGothic-Metalである。

Purple Fog Side / The Discord
キラキラオブザイヤー。新Voを迎えて見事に復活リニューアルを果たした。ディスコティックなだけでなくメランコリアも備えるのはPFSならでは。

Geneviéve Pasquier / Louche Effect
妖艶オブザイヤー。キャバレー・エレクトロニカかと思わせておいてSynth-PopやIndustrialな側面もあったりと中々に闇と病みが深い。

iEuropean / Into The Unknown
新人オブザイヤー。1stと思えない渋さ老獪さを感じるのは緻密な音構築と何よりRuth嬢のイケボに依るところが大きい。年齢不詳...?おっとそこまでだ。

SPECTRA*paris / Retromachine Betty
1st、2ndに続き前人未到の3作連続のアルバムオブザイヤー。フィメこれ界のバロンドーラーである彼女を讃えエレナ・アリス・"メッシ"と呼ぼう。

Goldfrapp / Silver Eye
安定オブザイヤー。毎作アベレージの高い作品を生み出す彼らだが、今回特に歌唱の枯れ具合と反比例する攻めのドープ・エレクトロが印象的だった。

Collide / Color Of Nothing
カムバックオブザイヤー。Industrialの攻撃性とTrip-Hopの包容感。どこまでも沈み込む闇と神々しいばかりのアトモスフェリア。全方位に最強。

The Birthday Massacre / Mission
カムバックオブザイヤー2。遂に3rdの頃の煌めきが戻った嬉しすぎる快作。第2の全盛期を迎えたTBAがこの新たなハードルをどう超えるか、見てみよう。

Unlucky Morpheus / LIVE 2017
異例のライブ盤を選出。既に日メタル界の主役でありながら同人活動も並行する異端な異能集団に、遂に世間も気付き始めた。

The Breath Of Life / Under The Falling Stars
遅れてきたルーキーオブザイヤー。壁と隙間の押し引きで巧みに構築したサウンドに、儚すぎる美旋律。33年目にしてGoth-Rockの進化形を聴かせてくれた。

とにかく豊作で、ボジョレー風に表現すると「近年の当たり年である2013年、2014年を凌ぐ出来」なアルバムオブザイヤー2017。ヴェテラン、フィメこれ常連アーティスト勢が際立つなか新鋭も負けてはおりません。次点にはThe ShiverLydia AinsworthMe The TigarCindergardenExcessive VisageThe Eden Houseを挙げたい。
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 21:38 | Comment(0) | オブザイヤー2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

Kelly Lee Owens / Kelly Lee Owens(2017)

UKエレクトロ・アーティストによる1stアルバム。

またエレクトロ界に天才が発見されてしまったか…緻密なリズムトラックと奥行きのあるサウンドスケープに、リヴァーヴィーに加工したKelly嬢の歌声が溶け込み、エレクトロニカを主体としながら聴き手にメロディーを意識させ歌もの要素もあることを主張している。またぞろ初期Bjorkと比較したがる向きもあるようだが、そんな人は20年間時が止まっているか、そもそもBjorkをイメージでしか捉えていないかのどちらかだって、それもう何回も言われてるから。

ミニマル曲での律動感はKedr Livanskiy、サウンドの荒涼感はVanbot、歌の清涼感とDream-Gazerテストは初期のZola Jesusを彷彿。つまり昨今のキャベナス・テクノ、スペクトラル・ポップと古のクラウトロックの律動感を横断する、エレクトロの粋を集めた刺激的な作品なのである…!因みにオリジナル作の8ヶ月後に出たExtended Versionは3曲追加され、いずれも佳曲なのでお勧め。良き良き。

【Favorite Number】Anxi. / Throwing Lines / 1 OF 3

Kelly Lee Owens -Extended Edition-Kelly Lee Owens -Extended Edition-
Kelly Lee Owens

曲名リスト
1. S.O
2. Arthur
3. Anxi.
4. Lucid
5. Evolution
6. Bird
7. Throwing Lines
8. C.B.M
9. Keep Walking
10. 8
11. Spaces
12. Pull
13. 1 OF 3


Amazonで詳しく見る








Have You In My Wilderness
Julia Holter
B011DHCNTE
The Kid
Kaitlyn Aurelia Smith
B073VVDVJG
Real Virtual Unison
Negative Gemini
B0133G1J2K
タグ:Electronica UK
posted by kerkerian at 02:37 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする