2017年10月29日

SIN.SIN / Nobody’s Heroine(2017)

ベルギーのDark-Electroプロジェクトによる1stフルアルバム。

昨年の2枚のEPでAlfa-Matrixの次世代を担うと確信、待望していたSin.Sinのフルレンが登場です。といってもLovelorn DollsのVo、Kristel L.嬢によるソロプロジェクトなので新人という訳ではない…Helalyn FlowersのNoemi嬢をFeaturingしたりとAlfa-Matrixとズブズブもとい、人脈を活かしたラインナップで、この辺りAiboforcenPsy'aviahJunksistaでの客演を精力的におこなっていたKristel嬢のストレンスか。

じゃあ音楽的にも典型的なAlfa-Matirx印かというとそうでもなく、アナログ質感を最大限に押し出したElectro-Pop寄りのDarkwaveというのが最大の特徴。Lovelorn DollsのバンドアプローチをそのままElectroを下地とした楽曲に持ち込んだイメージで、あとは歌もの要素が強く無機的な歌唱の本体バンドとは比べ物にならない美メロと自由さ、中にはR&Bテイストすら感じる部分も。キャラの使い分けなんだろうが楽曲自体の完成度、力の入れようが違い過ぎるような。当然アルバムオブザイヤー候補に入ってきます。

【Favorite Number】Dress Machine / Wildwood / Happy 30 / Moving Sands



Nobody's HeroinNobody's Heroin
Sin.Sin

曲名リスト
1. These Pretty Things
2. Dress Machine
3. Blacklist (Feat. Noemi Aurora)
4. Silver & Gold
5. I Am So In Love
6. Wildwood
7. Lost In Lies
8. Happy 30
9. Mother
10. Moving Sands
11. Sunlight Boy
12. Moving Sands (The Breath Of Life Folk Remix)

Amazonで詳しく見る






Chasing The Speed Of Light
Psy'aviah
B01M0COYWH
Lament
Lovelorn Dolls
B06XQ6PDZX
Frozen Star
Helalyn Flowers
B01758NEFC
posted by kerkerian at 01:54 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

00tz 00tz / Obscura(2017)

米EBMデュオによる5thアルバム。

名前が目立つ故、なんとなく毎作紹介してしまう00tz 00tz。インデックスの先頭に載るのを狙ってる系ネーミングじゃな…!前作"Poisoned Minds and Broken Hearts"の煌びやかさを維持しつつ、トランシーによるカウンターメロディが多少引っ込んで代わりに歌メロが台頭してきた感じは3rdの"Alter Eden"を髣髴とする。結果、音的にゴージャスさとポップネスを増しつつ、ダークロマンティカも継続という好いとこ取りな本作。

踊りどころだけでなく聴きどころも兼備で、特に過去にないミッドのSynthナンバー"Other Side Of The River"は、こんなにポップ曲も作れるのかという意外性と、キュウトに「普通に」歌い上げるKrysta嬢に驚きを隠せない新境地。結成から10年を迎え、なお成長曲線を描く00tz 00tz。ところで何て読んだらいいのか…ゼロゼロッツ(×2)で合ってるのか…?

【Favorite Number】Other Side Of The River / Eternity Everlasting



ObscuraObscura
00tz 00tz

曲名リスト
1. I (Intro)
2. Give up the Ghost
3. Ouroboros
4. Metamorphosis (Re-Morphed 2017)
5. Distort
6. Pure and Deadly (Kedavra Mix)
7. Other Side of the River
8. Eternity Everlasting
9. To Your Grave

Amazonで詳しく見る






When We Fail
Alkemic Generator
B01MTOFXOK
Black
Blutengel
B06XQ6PDZX
Lunar Phases -Winter Solstice EP
Cindergarden
B01758NEFC
タグ:US EBM industrial
posted by kerkerian at 19:07 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

Me The Tiger / What Is Beautiful Never Dies(2017)

スウェーデンのElectroバンドによる3rdアルバム。

北欧のブルゾンちえみwith BことMe The Tigar。Vo&SynthのGabriella Åström嬢と、Synth&Guitar、Drumの男2人という編成で、分厚いSynthを鳴らしながらギターと生リズムによる重々しさと疾走感を実現。

楽曲的には"Saknaden"の王道Synth-Pop、"Hollow"のクラブ映えするEDM、"Hiraeth"の内省的なSynthtronicaなど、理想的なバランスを備えたポップアルバム。狭い小屋だけでなくスタジアムでもライブ映えしちゃうんじゃないかと思わせる普遍性と、大物に化ける予感を与える彼ら。多分に漏れず2017アルバムオブザイヤー候補…Synth-Pop勢が豊作過ぎて来年とか再来年に分散して欲しいとすら思える今日この頃。

【Favorite Number】Saknaden / Hollow / This Is Not Me



What Is Beautiful Never DiesWhat Is Beautiful Never Dies
Me The Tiger

曲名リスト
1.I Thought Sleep Would Do It
2.Saknaden
3.Hollow
4.Hiraeth
5.Meadow
6.Of What I Am
7.Kerosene
8.This Is Not Me
9.Your Empire
10.What Is Beautiful
11.You Must Die (Fortress Europe)

Amazonで詳しく見る






Royal Blues
Dragonette
B01MTOFXOK
We Defy Oblivion
The Sweetest Condition
B06XQ6PDZX
Awake, My Sleeper
Vivien Glass
B01758NEFC
posted by kerkerian at 01:46 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

Vuur / In This Moment We Are Free(2017)

蘭Gothic-Metalバンドによる1stアルバム。

ソロ作品"Everything Is Changing"、"Drive"と大人のAlternative-RockでSSWとしての地歩を固めつつあったAnneke van Giersbergen嬢が、原点回帰ともいえるGothic-Metal界にご帰還あそばされた・・・The Gatheringではなく新バンドとして・・・!上述の2アルバムは結構個人的にお気に入りだったので複雑な気持ちもありましたが、アダルト・コンテンポラリー路線を志向している古巣に戻ってGothicに回帰するよりは納得感があります。Vuurの字面を見て文枝師匠が「ぶぅぅーァ」と椅子ごとひっくり返る画が浮かびましたが読み方はフーア(オランダ語のFire)。ReVampのギタリスト、Stream Of Passionのベーシストと正にダッチメタルのオールスター的ラインナップ…元バンドがどうなったかは聞かんでください…!

矢張りAnneke嬢のしっとりねっとりVoは重々しいミッド曲で映えるなあって印象ですが、メロウな旋律はソロ作の延長上にある趣。そして変拍子がデフォという技巧派集団が奏でるプログレ性がVuurの特徴。さらに各曲の副題に都市名があるように、コンセプチュアルなアルバムとなっている。ツアーを見据えた(どうやら東アジアは含まれていないが)戦略なんだろうか、このままご当地ソングメタルバンドとして世界巡業に乗り出すのか、オランダメタル界の人材の受け皿として、勢力図を再編する斡旋屋となるのか、寄せ集め故に単発で空中分解してしまうのか…色々興味は尽きないが純粋に良いアルバム。

【Favorite Number】Time – Rotterdam / Freedom – Rio / Your Glorious Light Will Shine – Helsinki / Reunite! – Paris



In This Moment We Are FreeIn This Moment We Are Free
Vuur

曲名リスト
1.My Champion – Berlin
2. Time – Rotterdam
3.The Martyr and the Saint – Beirut
4.The Fire – San Francisco
5.Freedom – Rio
6. Days Go By – London
7. Sail Away – Santiago
8. Valley of Diamonds – Mexico City
9.Your Glorious Light Will Shine – Helsinki
10.Save Me – Istanbul
11.Reunite! – Paris

Amazonで詳しく見る






Vehicle Of Spirit
Nightwish
B01LXECE5D
Secrets of Nature
Coronatus
B076C9XZH1
Solace System
Epica
B072ZLVPSL
posted by kerkerian at 02:30 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

Svetla V. / Mattias(2017)

露Electro-SSWによる1stアルバム。

如何にも宅録女子然とした眼鏡っ子のSvetla V.嬢。キラキラSynth-Popを鳴らすComputer Magicみたいのを想像すると手痛い目に遭う…冒頭の"IV"から不穏なアナログSynthのフレーズ、感情の乗らない無機質なVoによるアンビエント・ポップが本作の深淵を予見させる。以降アヴァンなDark-Electro"Beauty"、ミニマルColdwave"Волна"と、聴き進むにしたがって闇が深まる仕様に。

以降もトイポップ風味やDream-Popテイストなどバリエーションを見せつつも(音的な統一感にはやや欠ける)、まあとにかく美しき闇(病み)に覆われたエレクトロだ。何よりSvetla嬢のボーカルが可憐にメロディックな旋律を歌い上げる場面と魘されるように呟く場面の躁鬱っぷりが凄い。このロシアのレーベルPerfect Aesthetics、未だ設立3年目ながら尖ったExperimental音楽をラインナップしており、フィメこれ的にも要チェックな存在…!

【Favorite Number】Beauty / Золото / Kjøkkenbenkdrama



MattiasMattias
Svetla V.

曲名リスト
1. IV
2. Beauty
3. Волна
4. Золото
5. Где Ты Теперь?
6. Game
7. Нарвалы
8. Kjøkkenbenkdrama
9. Maelstrom

Amazonで詳しく見る






Demons, the Angel and Dark Thoughts
Sobranie 8 18
B00ERYHAQW
Tristar
Celebrine
B01LP5FFUS
Lesser Man
Boy Harsher
B0719RH3WK
posted by kerkerian at 23:38 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

The Murder Of My Sweet / Echoes of the Aftermath(2017)

スウェーデンGothic-Metalバンドによる4thアルバム。

Female-frontedメタル界隈は国内のほうが面白い昨今…対照的に海外では信頼のおけるアーティストが少ない現状ですが、The Murder of My Sweetは安定して良質の作品を供給できる数少ない存在である…!

全編に渡りミッドテンポの楽曲で固められ、ギターも含め剛性の高いリズム隊に諄くない程度のシンフォニアが楽曲を華麗に彩り、Angelica嬢のVoもクサくない程度の程好いキャッチーネスなメロ。伊達に(何でか知らんが)土屋アンナとか今井翼に楽曲提供してないな…!特に歌唱面はソロ作"Thrive"以降、メゾソプラノヴォイが冴えと切れを増している印象。総てにおいて、派手さは無いもののバランスの良さが際立つのがThe Murder of My Sweetの真骨頂だ。この王道Gothic-Metalを携えて永く活動していてほしいバンドだ。

【Favorite Number】Personal Hell / Racing Heart / Go On / Inside, Outside



Echoes of the AftermathEchoes of the Aftermath
The Murder of My Sweet

曲名リスト
1. Sleeping Giant
2. Personal Hell
3. Racing Heart
4. Cry Wolf
5. Echoes of the Aftermath
6. Flatline
7. Loud as a Whisper
8. Shining After Dark
9. Ode to Everyone
10. Go On
11. In Risk of Rain
12. Inside, Outside

Amazonで詳しく見る






Thrive
Angelica
B00ERYHAQW
Dirge ForR The Archons
Diabulus In Musica
B01LP5FFUS
Until You Break
End of the Dream
B0719RH3WK
posted by kerkerian at 01:07 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Sireirom / Delirium(2017)

チェコのIndustrialプロジェクトによる1stアルバム。

Female-frontedなら尚のこと稀少種であるIndustrial-Metal、Sireiromの"Delirium"です。Sirenia、あるいはDeleriumの新作と空目して凹みましたが、失望させない出来なのでまぁ聴いてってくださいよ。

重々しいリフとトランシーを始めとしてたElectroを前面に押し出したマシーナリーなIndustrial。Rakshaza嬢のVoは曲によりナチュラル(リーディングも込み)とHarshで使い分けられ、比率は半々くらい。前者は呪わしげなGoth-Metal、後者はブルータルなEBM-Metal的な雰囲気を漂わす。全体的に歌ものでは無いため、ドロドロしい暴虐ヘヴィサウンドと終末的アグロテックを楽しむのが正しい聴き方か。久しぶりに東欧の背徳感…業を背負った音楽を堪能した。そんな出自と、Rakshaza嬢のソロプロジェクトという点は特異だが、音楽的にはRave The Reqviemみたいな脳筋フィジカルインダストリアルだと思えば大体、それ以上でもそれ以下でもない。うわっ...結果的に、失望してる...?

【Favorite Number】Demon of the Past / Synthetic Dreams



ShineDelirium
Sireirom

曲名リスト
1. Wound
2. Demon of the Past
3. Nightmares
4. Grave
5. Pleasure Palace
6. Synthetic Dreams
7. DPDR
8. Dysphoria
9. Passion and Pain
10. The True Value of Life
11. Thorns
12. Faster. Harder

bandcampで詳しく見る




The Day Before
Pzychobitch
B0759VCBQ4
Obscura
00tz 00tz
B06XQ6PDZX
Ether EP
Lady Laudanum
B01758NEFC
posted by kerkerian at 01:35 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

Zola Jesus / Okovi(2017)

米Electro-SSWによる6thアルバム。

信じられないことにまだ続く2017本命盤…これは知名度、期待度というより単純に私の好みの問題で、女性SSWで5指に入るフェイバリッ度のNika Roza Danilova嬢、aka.ゾラジーザス。この厨二っぽいアー名がまた良い。Experimental-Electro名作の3rd"Conatus"(最高)、過去曲をNeo-Classicalにリメイクした4th"Versions"(オーガニック)、ストリングスを前面に押し出した回帰作の5th"Taiga"(キャッチー)という流れを経て到達した本作です。

取りあえずの差分としては、あれ程打ち出していたソロバイオリンは除去され、粒立ちよりも全体のシンフォニア重視のストリングスに置き換わった。あとは濃密でドープなEletroとコーラスワークで隙間なく埋め尽くしたと思ったら、アカペラのみになったりと情報量の起伏があってこれまで引き合いに出されてきたKate BushやJoy Divisionよりも、何だかんだ目指すところはVolta期辺りのBjorkなのかなと思わせる作風だ。Ambient曲が続いた後にキャッチーな"Remains"を配置する手法も何だか似ている。変わらずのアルトなイケボは言わずもがな、コンポーザー・Zola嬢の進化と深化と真価が垣間見える会心作と言えるだろう。

【Favorite Number】Exhumed / Wiseblood / Remains



OkoviOkovi
Zola Jesus

曲名リスト
1. Doma
2. Exhumed
3. Soak
4. Ash to Bone
5. Witness
6. Siphon
7. Veka
8. Wiseblood
9. NMO
10. Remains
11. Half Life

Amazonで詳しく見る






Alice Glass
Alice Glass
B0108L88IQ
Real High
Nite Jewel
B06VVBWMDX
M3LL155X
FKA twigs
B014EISPGY
posted by kerkerian at 17:02 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

Falling you / Shine(2017)

米Electroプロジェクトによる7thアルバム。

The Eden Houseで思い出したので。直近でMonica Richards嬢が参加したプロジェクトがもう一つここに。あとはUnwomanのErica Mulkey嬢なんかも参加するFalling youのShine…曾てのスピッツロビンソン問題が再燃しそうなアーティスト&タイトル名ですが、こちらも20世紀のころ(と言っても19年前)から続く、女性Voゲスト方式の老舗プロジェクトです。

Ethereal、Dream-Popを軸としたAmbientな作風でリズムは生、上物はエレクトロで構成。前作まではもう少し明瞭なAlternative Rockだったが、今回はドリポに寄せてきておりアトモスフェリア増し。エレクトロもフィードバックノイズもコーラスも、音重ね過ぎで良くも悪くも暈けた作風…ちょっとアルバムオブザイヤー候補には推し難いけど、曲調に合わせたウィスパリング系歌姫達の歌声をララバイにして浮き草宜しく水面に揺蕩いたいな…もう夏終わったけどな!

【Favorite Number】Shine / Let It Go



ShineShine
Falling You

曲名リスト
1. Wildfire (feat. Courtney Grace)
2. Shine (feat. Dru Allen & Mercury's Antennae)
3. World On Fire (feat. Anji Lum & Love Spirals)
4. Until The Stars Align (feat. Suzanne Perry & Love Spirals Downwards)
5. Shine II (feat. Summer Bowman & Mirabilis)
6. Breathe (feat. Courtney Grace)
7. Brooklyn Holiday (feat. Erica Mulkey & Unwoman)
8. Eternal Return (feat. Danielle Colbeck)
9. Home With You (feat. Denesa Chan)
10. Let It Go (feat. Monica Richards & Faith and the muse)
11. Live In the Light (feat. Courtney Grace)

Amazonで詳しく見る






First Snow
Courtney Grace
B0759VCBQ4
Beneath The Serene
Mercury's Antennae
B06XQ6PDZX
Here and the Hereafter
Mirabilis
B01758NEFC
posted by kerkerian at 16:09 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

The Eden House / Songs For The Broken Ones(2017)

英Gothic-Rockプロジェクトによる3rdアルバム。

秋に入っても未だ続く2017本命シリーズ。うそっ...今年の名作、多すぎ?
前作"Half Life"が2013年…その前が2009年とオリンピック周期でリリースをする彼ら。お蔭で毎回、次があったんだ?と少なからずの驚きをもって迎えられる…そして毎回思うのだ、控えめに言って最高だなッと…!

今回もMonica Richards嬢を中心に(Faith And The Museが息してないのは仕様)様々な歌姫を擁する彼ら、Kelli Ali嬢(いつまでも元Sneaker Pimpsと書かれるのは仕様)も参戦し、Alternative-Rock的側面がより強調され、音像がクリアになった印象となっている。しかし呪術的で艶めかしいメロディライン、Dream-Pop特有の乾いたサウンドウォールを発生させるギターは健在でGoth-Rock感は薄れてはいない。更に本作の特徴はバイオリンが時にギターを食う勢いでfeaturingされており、全体の音はモダンながらMedieval感もあるというThe Eden Houe無二の個性が完成された感があります。

【Favorite Number】Verdades (I Have Chosen You) / Misery / Let Me In



Domination OverkillSongs for the Broken Ones
The Eden House

曲名リスト
1. Verdades (I Have Chosen You)
2. One Heart
3. Misery
4. 12th Night
5. The Ghost of You
6. Ours Again
7. It’s Just a Death
8. Words and Deeds
9. Let Me In
10. Kiss Kiss Bang Bang
11. Second Skin
12. The Ardent Tide

Amazonで詳しく見る






The Art of Love Remix Album
Kelli Ali
B0759VCBQ4
Let's Watch Flowers Bloom
Raven Adore
B06XQ6PDZX
The Optimist
Anathema
B01758NEFC
posted by kerkerian at 14:31 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする