2016年02月29日

Hente. / This Fog That Never Ends(2016)

仏Darkwaveプロジェクトによる1stアルバム。

Synth-waveデュオ、Minuit Machineのコンポーザーとして知られるHelene de Thouryのソロアルバムである。音楽性はほぼ変らずSynth-PopにDarkwaveとミニマルウェーブの味付けを施した体裁。違いといえばインストゥルメンタルの割合が多めなところか。歌メロも殆ど起伏が無く、リーディング、ツイート、ウィスパリング調。偶に抑揚があるパートでもHelene嬢の歌唱は残念声というかおブス声というか野太い感じであることを考慮してか、リヴァーヴサウンドに溶け込む形で処理されており、良い感じに歌がいちエレメンツとして聴こえる。

ここで改めてMinuit Machineを聴き比べてみると、あちらはメロディアスではあるもののやはりVoのAmandine嬢はなかなか残念歌唱で、Helene嬢と同系統の声質であることに気がつく。私の中の定義では低めで鼻に掛かった声は全ておブス声認定されてしまうのだが、フランス人は大体そうなってしまうのかも知れぬな…!とはいえSynthサウンドのトキメキ、キラメキ具合は心揺さぶられるもので、この手の音楽にはVoパートは不要なのかも知れぬな…つまりフィメこれで紹介する意義もあんまり無いわけだが…!



This Fog That Never EndsThis Fog That Never Ends
Hente.

曲名リスト
1.Bienvenue En Enfer
2.Hate Vs Love
3.In Cold Water
4.Noir
5.Burning
6.My Destruction
7.Shadow Boxing
8.Dependance
9.Independent Particles Of Us
10.This Fog That Never Ends

Amazonで詳しく見る


Hante. - Noir


Hante. - Shadow Boxing


Live & Destroy
Minuit Machine
B00N3B8YAG
Violent Rains
Minuit Machine
B00SGI0KDK
Blue Moon
Minuit Machine
B0031DRY52
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

The Waking Sea / Cetacean(2016)

USのProgressive-Rockバンドによる1stアルバム。

Post-Rock、Emo/Heavy-Rockをプログレ仕立てにしたアートロック作品である。バンド立ち上げから2年足らず、VoのKelsey嬢は弱冠19歳ながら何という神クオリティか…!InfluencesにはRadiohead、A Perfect Circle、Dredg、Coheed And Cambria等々。なるほど俺の大好物ばかりではないか。美メロでドラマティック、メタルまでは行かない適度なへヴィネスと予定「不調和」な展開。プログレ系モダンへヴィネスではDestiny Potato以来の感動だな。

インタールードを挟みつつの7曲構成で全ての楽曲においてリズム隊の静と動のスリリングな展開、瑞々しいアルペジオとヘヴィリフが交互に顔を出すギター…これらが堪能できる。インスト中心であることは否めないが、VoパートではKelsey嬢の大人びた歌唱が存在感を放つ。とりわけ"Look Back"での空間系ギターとボーカルの絡みは鳥肌ものだ。

【Favorite Number】Fifty-Two / Shoreline / Look Back / Tidings



The Crypt of Forgotten DeitiesCetacean
The Waking Sea

曲名リスト
1. He Does Call
2. Fifty-Two
3. Driftwood
4. Shoreline
5. Look Back
6. Abyss
7. Tidings

Amazonで詳しく見る


The Waking Sea - Fifty-Two


The Waking Sea - Look Back


Sattyg
Kaipa
B00NVWRJDU
Secrets Of Angels
Karnataka
B00SGI0KDK
Come the Thaw
Worm Ouroboros
B0031DRY52
posted by kerkerian at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

上坂すみれ / 20世紀の逆襲(2016)

日(40%くらいは露)声優による2ndアルバム。

正月早々、とらのあなに走って購入したアルバムである…楽曲提供には特撮、人間椅子、アーバンギャルド谷山浩子と、メジャーシーンにおける錚々たるアングラどころが名を連ねる…このサブカル見本市が成立するのも、媒体たる上坂すみれ嬢がロシア語、文化に堪能、黒髪ぱっつんロング、ミリオタ、ボトムズ好き(カン・ユー推し)、キン肉マン好き(ウォーズマン推し)、そして巨乳と属性てんこ盛りゆえの饗宴だろう。

既発曲が大半を占める総花的で混沌とした内容ながら、美樹本晴彦先生のジャケからも推察できるように20世紀への憧憬に満ちた世界観である。Alternative-Rock、Electro-Pop、ポルカ風…歌唱力は若干アレと言ったら粛清されてしまうが、様々な声色の違いによる声優ならではの楽しみ方ができる作品。コンセプトアルバムというより彼女自身がコンセプトアーティストということで、フィメこれ的世界観とも合致するゴシックロリータサブカルアングラダークマターおそロシア声優シンガーである…!

【Favorite Number】20世紀の逆襲 第一章~紅蓮の道~ / 冥界通信~慕情編~ / Inner Urge / 罪と罰 -Sweet Inferno-

20世紀の逆襲20世紀の逆襲
上坂すみれ

曲名リスト
1. 予感02 (instrumental)
2. 20世紀の逆襲 第一章~紅蓮の道~
3. パララックス・ビュー
4. 冥界通信~慕情編~
5. 繋がれ人、酔い痴れ人。
6. すみれコード
7. TRAUMAよ未来を開け!!
8. Inner Urge
9. 無限マトリョーシカ
10. 無窮なり趣味者集団
11. 来たれ!暁の同志
12. 20世紀の逆襲 第二章~蠱惑の牙~
13. 閻魔大王に訊いてごらん
14. 罪と罰 -Sweet Inferno-
15. 全円スペクトル
16. 革命的ブロードウェイ主義者同盟 (INST piano solo ver.)
17. ツワモノドモガ ユメノアト
18. 20世紀の逆襲 第三章~絶境の蝶~

Amazonで詳しく見る


上坂すみれ - 閻魔大王に訊いてごらん


上坂すみれ - パララックス・ビュー


Bright Canary
ゆいかおり
B014E4C35M
中村桜オススメのみりそん!
中村桜
B0187TI4O4
whiz
TrySail
B0195H9G7Q
posted by kerkerian at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

Stillborn Diz / The Crypt of Forgotten Deities(2016)

2016年の一発目は露Darkwaveデュオによる4thアルバム。

これを聴きながら六本木ヒルズのイルミネーションを逃げるようにすり抜ける。チョコレート色に煌めく光のなか、この世を呪うような暗澹たる気持ちにイヤホンの中のStillborn Dizが寄り添う。これを歌にするならば、「けやき坂の道であの娘僕がStillborn Dizを爆音で鳴らしてしまったらどんな顔をするだろうと、僕なりに何秒か考えた上でのやや気忙しい呪詛のようなもの」って感じだろうか。

久し振りの、非キャッチーな真正Darkwaveである…打ち鳴らされる金属音、飛び交うギターのフィードバックノイズ。それらがスローテンポなTrip-Hop的リズムの楽曲の中で不穏に蠢く。さらにDaniel嬢の呪術的な囁き呻き呟きは発病必至で、正に彼らの標榜するCinematographic Death-Rockを体現。今風のElectroではなく90's的な「デジタル」のアトモスフィアを纏っているのも素晴らしい…どうやら彼ら、J-Gothシーンに通じたかなりの親日家なようで過去に何回か暗黒音楽系イベに出ているらしい。次は機会を逃さぬよう、こまめにFBをチェックしておこう…!

【Favorite Number】Sleeping Sickness / Rejected Goddess / Soil Filled Heart



The Crypt of Forgotten DeitiesThe Crypt of Forgotten Deities
Stillborn Diz

曲名リスト
1. Destination Dark
2. Clockwork Ghost
3. Damned Soul Of Island
4. Sleeping Sickness
5. Feel Free To Hate Me
6. Rejected Goddess
7. Destination Pain
8. Room Of Fear
9. Return To The Mimas
10. Soil Filled Heart
11. Under The Muddy Rain Nowhere
12. Skeleton Key
13. Eternal Sorrow

Amazonで詳しく見る


Stillborn Diz - Rejected Goddess


Stillborn Diz - Sleeping Sickness


Gravity Euphonic
Gravity Euphonic
B00320J83A
New Kind of Heroine
Otto's Daughter
B00116GK7O
Possessed
Creptter Children
B0031DRY52

posted by kerkerian at 00:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

萌えオブザイヤー2015

暗黒音楽界のセンテンススプリングこと萌えオブザイヤー2015・・・センセーショナルでスキャンダラスな嬢たちの饗宴をスッパ抜きでレッツタブロイド!

Amalie Bruun(Myrkur)




Samira Winter (Winter)




Maria Mar (Omnimar)




Henrietta Morgenstern (Anatpia)




Sarah Middeldorf (Black Vulpine)




Elin Berlin (Eternal Death) 




Sophie (Black Nail Cabaret)




Laure Le Prunenec (Corpo-Mente)




Aleksandra Radosavljevic (Above The Earth)




上木彩矢(UROBOROS)
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

アルバムオブザイヤー2015

ダークミュージック界のチャンピオンズリーグこと、アルバムオブザイヤー2015。フィメこれ的には北欧勢が強さを見せつけたので、本家もゼニトかディナモ・キエフの優勝で決まりだな…!因みにアクセスオブ〜とソングオブ〜は時間が無いので省略。そのうちしれっと追加するかもしれないけど。
トップ10は例により順不同なので明示はしませんが、カウントダウン形式であることは何となくお察しください。



Myrlur / M
ここ数年メタルの不作を嘆いていますが、私が王道メタルを楽しめなくなっているだけなんですよね…邪道暗黒アンビエントBlack-Metalを鳴らすMyrkurは救世主。

Rosie Roulette / Racing the Dark
Emilie Autumn、Nehl Aelinの流れを汲むElectro+Neo-Classical嬢。滋味ながらフェアリーテイリングなキュートさに溢れる新人オブザイヤーな作品。

Black Nail Cabaret / Harry Me Marry Me Bury Me Bite Me
アダルティな雰囲気のSynthサウンドに、キュート+イケボという、2人の歌姫のギャップにやられる。Synthpop Albums of 2015の3位というのも納得。

Zombie Girl / Killer Queen
長年、新作を渇望させてくれただけの会心の出来である。センシュアルでビザールなのにポップって最高かよ…!エログロ・キラキラSynth-Popは信頼のAlfa-Matrix印。

妖精帝國 / SHADOW CORPS[e]
やはりコンセプトバンドにはコンセプトアルバムだ。物語、音楽とも一貫性が図られた本作(謎カバーは別)をメタルオブザイヤーに推挙できるのは臣民として誇らしい限り。

Purity Ring / Another Eternity
R&B、Trip-Hop、Shoegazeと様々な要素を配合した高濃度Electroながら、仕上がりはシンプルな清冽Indie-Pop。CHVRCHESと並んで2015年を代表する音。

Schneewittchen / Fur die Liebe sterben
Rosie Rouletteとはまた違った、ゴシカルの匂いもする熟成のファンタジック・ポップ。ルックスこそ白雪姫どころか魔女になってきてるがテーマは純愛そのもの。

Bella Lune / Tranzendance
冒頭"Onward"、そして美麗メロの"A Mission"で勝負あり。煌々Synthとたおやかな旋律がノスタルジーを誘う。ポップなDarkwaveにはピンクパープルが似合いますな。

Karin Park / Apocalypse Pop
ヒューマニズムとエレクトリズムの融合。正に人間賛歌を体現した"Human Beings"はその制作背景を踏まえて歌詞を読むと、涙なしでは聴けない。

Corpo-Mente / Corpo-Mente
曲調こそアトモスフェリックなTrip-Hopながら多層的なVoはじめあらゆる不穏なエレメンツを詰め込んだ濃ゆ過ぎる一枚。アルバムオブザイヤーにして、変態オブザイヤー。

次点には、本当にギリギリまで悩んだDiverting Duo、復活の狼煙をあげたNightwish、フルアルバムなら絶対に入れてたUnlucky Morpheus、2016に入ってからどハマりしたThe Grusを挙げたい。
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

Skeptical Minds / Omega Thanatos(2015)

ベルギーのIndustrial-Metalバンドによる4thアルバム。

ここ10年くらい聴き続けているのにフィメこれ初登場な彼ら…2ndが2005年、3rdが2010年と5年スパンなので忘れられがちな大物感を漂わせるそんなSkeptical Mindsです。一貫してIndsutrial要素の強いメタルを鳴らすスタイルですが、作を追う毎にマシーナリー感が減ってきており、本作ではよりGothic-Metalを打ち出してきている印象。上手く時代を取り込みつつ進化しております。

冒頭の"Balcony Dreams"では私の大好物である上昇音階が荘厳に鳴りプレリュードに相応しい開幕。以降はなかなか疾走ナンバーが多く(但しインダストリアル的ではなく生の8ビート的ノリ)、Karolina嬢のVoはリフに絡みついたりサビで別次元に存在するかのようなエンジェリックフロウを囀ったりと存在感が抜群。全体的にクサメロではなくポストグランジやGoth-Rockのような粘っこい、不穏でオリエンタルの香りがする美麗な旋律がSkeptical Mindsの魅力である。重厚で煌びやかな音像との対比が、アングラ音楽好事家を裏切らない…が、↓の"Balcony Dreams"動画、しっとり歌い上げた後に「ウエーイwww」って、Karolina嬢パリピなのね(かわいい)

【Favorite Number】Balcony Dreams / Alone / Fears



Omega ThanatosOmega Thanatos
Skeptical Minds

曲名リスト
1. Balcony Dreams
2. Alone
3. Fears
4. The Sign
5. Horror Show
6. Thanatos
7. Last Friends
8. Emptiness
9. Deca-Dance
10. Escape
11. Hopeless Hope

Amazonで詳しく見る


Skeptical Minds - Balcony Dreams


Skeptical Minds - Omega Thanatos (Official Teaser)


Lacrima Dei
Meden Again
B00NL8924I
White Crow
La Ventura
B00HNRQSJA
PURGATORY PRINCESS
SIN7SINS
B00P0872O4
posted by kerkerian at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

大凶作 / 大喝采(2015)

日Alternative-Metalバンドによる1stフルアルバム。

そのバンド名から90'sを席巻したJ-コアシーン、山嵐とか宇頭巻とか怒髪天とかのフォロワーかと思ったら違っていた。自称「メランコリックポピュラーソングバンド」とのスタイルは半ばネタと思いきや、洗練されたエモいProgressive-Metalだった。タイトルとかメンバー名とかB級要素も散りばめつつ音楽的には変態性を薄めたiwrestledabearonceといったところか。

DEATH姫のボーカルはメランコリー声7割、デスボ3割といったところで、憂いと破滅性が同居する声質はなんだか天野月子を髣髴する。楽曲は疾走感や凶暴性を秘めつつも確かに自称通りポップだ…さらにアイドルソングをオマージュしたようなElectro-Pop「イナドル」、その後のピアノ一本で綴られるバラード「Tamago Kake Ground」など引き出しの広さ…というか呆然としたままアルバムが幕を閉じる仕掛け。ネタの境界線の曖昧さが魅力の彼ら、ガチ方向に寄せたら和製Agonistにもなれると思うが果たして。

【Favorite Number】ひよこ / 二丁目の首領〜ここにあるよ〜 / 華とMyシャツと和菓子

大喝采大喝采
大凶作

曲名リスト
1. 大喝采
2. ひよこ
3. 二丁目の首領〜ここにあるよ〜
4. 0925
5. 片恋マンドレイク
6. 華とMyシャツと和菓子
7. フモッフの屈辱
8. NEET THE PARASITE
9. イナドル
10. Tamago Kake Ground

Amazonで詳しく見る


大凶作 - 守銭奴


Eye of Providence
Agonist
B00QY2LQXS
Supernova
The Winking Owl
B017HEVZIC
Voice
SECONDWALL
B00PHL2HN0

posted by kerkerian at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

和楽器バンド / 八奏絵巻(2015)

日フォークメタル・バンドによる2ndアルバム。

1st"ボカロ三昧"から、遂に正当な評価を得た彼ら…本作は待望のオリジナル作ということで、かなりプロモーションにも力が入っていたようで週間チャート1位を獲得。フィメこれでオリコン1位のアルバムを取り上げるのって初めてじゃないだろうか…!彼らの特徴は言うまでもなく和楽器エレメンツな訳だが、楽曲スタイルはあくまで洋楽器隊が主であることだ…このバランス関係が、コテコテの和風になり過ぎず、日本版フォーク・メタルとも言うべき独特の輝きを放つのである。言ってみればAlternative-Rockのキーボード部分を箏や三味線、尺八に置き換えただけなんだけど、発想と人材による勝利だわな。

和と洋の架け橋役となるVoのゆう子嬢は、抜けの良い声質がアニソンに打ってつけだなあと思わせつつ詩吟特有の揺らぎが唯一無二過ぎる。洋楽器隊が中心の作曲陣において、彼女作曲の「風鈴の唄うたい」「なでしこ桜」ではより「和」が前面に出ていることも注目ポイント。オリジナルでも全然行けるやん!という中で唯一残念なのは「千本桜」がまた収録されていることだ。ボートラ扱いでも、リアレンジが施されているでもなくそのまま…同じ前作から持ってくるなら亜沙氏の「吉原ラメント」だと思うんだけど、おそらく安倍ックス絡みの政治的意向か。もはや有名曲カバーに頼らなきゃいけないバンドではないだろう。あんなんは、ボカロとか幸子にでも歌わせておけば良いのだ…!

【Favorite Number】戦 -ikusa- / 暁ノ糸 / なでしこ桜

八奏絵巻八奏絵巻
和楽器バンド

曲名リスト
1. 戦 -ikusa-
2. 星月夜
3. Perfect Blue
4. 追憶
5. 鋼 -HAGANE-
6. 風鈴の唄うたい
7. 華火
8. 郷愁の空
9. 暁ノ糸
10. 白斑
11. なでしこ桜
12. 反撃の刃
13. 千本桜
14. 華振舞
15. 地球最後の告白を (Bonus Track)

1. 千本桜 (MUSIC VIDEO)
2. 華火 (MUSIC VIDEO)
3. 戦 -ikusa- (MUSIC VIDEO)
4. なでしこ桜 (MUSIC VIDEO)
5. 反撃の刃 (MUSIC VIDEO)
6. 暁ノ糸 (MUSIC VIDEO)
7. 反撃の刃 (MAKING)
8. 暁ノ糸 (MAKING)

Amazonで詳しく見る


和楽器バンド - 暁ノ糸


和楽器バンド - 戦-ikusa-


雨が明けたら
華風月
B00KIBI2Q0
明正フィロソフィア
亜沙
B0169GMA6A
Сказки Странствий
Alkonost
B00EAEVFKQ

posted by kerkerian at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする