2015年08月31日

Theodor Bastard / Vetvi(2015)

ロシアのGothicプロジェクトによる10thアルバム。

彼らの音楽を言い表すのは難しい…Neo-Folkサウンドを軸としたTrip-Hop、アンビエント、darkwave…まあミステリアスちゅーこって、bandcampやYoutubeで体感するよろし。前作"Oikoumene"から3年振りとなる本作は、メディーヴァルな空気感にYana嬢が妖艶に囀るミスティカルな世界…ようはいつも通り、一聴してTheodor Bastardと解る無二の音だ。盤石の、不安定感。

彼らの音楽を語る上で不可欠なのがゲストミュージシャン面々による多彩な楽器群…ヴァルガンやグースリなどロシアの伝統的なものからダルシマー、ハーディ・ガーディ、サントゥール、ディジュリドゥ、ダウール、ジュンジュン等々等々…世界のあらゆる地域の民族楽器が一堂に会すことで、底の知れない混沌美学が生まれるのである。とりわけ今回はパーカッシブの強さが目立った前作と比較すると、ストリングス系の活躍が目立つ印象だ。ロシアのロマンティシズムと業の深さが詰まった名作、ただただスパシーバ。

【Favorite Number】Vetvi / Salameika / Niti



ReflectionVetvi
Theodor Bastard

曲目リスト
1. Umbraya Erze
2. Vetvi
3. Salameika
4. Kukushka
5. Aion
6. Niti
7. Veter (Feat. Namgar)
8. Yaard
9. Beliy Gorod
10. Kolodec

Amazonで詳しく見る


Theodor Bastard - Vetvi


Theodor Bastard - Live in Dobrolet studio


Seraphim
Irfan
B000W4D95W
Tempest
Love Is Colder Than Death
B00B1MDY22
Ethnic
Shiva in Exile
B00099BRQI
posted by kerkerian at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

Sally Dige / Hard To Please(2015)

カナダのエレクトロ嬢による1stアルバム。

デンマーク系カナダ人でデザイナー兼ミュージシャンという如何にも才気溢れるバイオグラフィのSally嬢が奏でるのは、Goth/New-Wave色をベースとしたアトモスフェリックなSynth-Pop。収録曲の多くは80'sのPost-Punk的だが、"Doppelgånger"のような90's初頭のイタロ的なアプローチも併せ持つ…ようは全く今日的でなくアンダーグラウンドなチョイスを、この新人SSWはした訳でその時点で全力応援したくなるわな…!

リバーブ掛かったVo、低音の主旋律と高音のコーラスを使い分け妖しくもメロディアスな歌唱を、薄暗いサウンドスケープとともに披露するSally嬢。即効性はないが聴き込むほどにその深さと濃さに圧倒されてゆく。これはもしかすると、Monica Richardsの項で書いたGoth-Rock界が欲する新世代のカリスマヒロイン爆誕を私は目撃しているのではないだろうかッ…!

【Favorite Number】Hard To Please / So Far Away / Doppelgånger



Hard to PleaseHard to Please
Sally Dige

曲名リスト
1.Hard To Please
2.Immaculate Deception
3.So Far Away
4.Doppelgånger
5.Losing You (Album Version)
6.Your Girl
7.A Certain Beauty
8.Dance Of Delusion

Amazonで詳しく見る


Sally Dige - Losing You


Sally Dige - Immaculate Deception


Possession
Xiu
B000BWDTHI
Weird Sailing
Daybed
B00XWV8XOE
Verboten
Selofan
B00N4JDL6E
posted by kerkerian at 03:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

Ego Likeness / When The Wolves Return(2015)

USのDarkwaveバンドによる5thアルバム。

待望の新作であるッ…"Breedless"から5年、長かったわい…!この間、Spider LiliesAiboforcenらのRemix仕事に精力的に顔を出していたため然程の不在は感じないが、大御所となりつつある彼らのこと、期待を上回るお手本のようなDarkwaveそしてIndustrialが全11篇。

前作""Breedless"で顕著となったバンド感を前面に押し出したGoth-Industrial風味は一層色濃くなり、最早デビュー当初のTrip-Hopの面影は、サウンド面ではほぼ無い。が、Donna嬢の歌唱はクールネスとエモーショナルを併せ持つスタイルに進化し、よりドラマティックな世界が堪能できる。とりわけラストのタイトル曲"When The Wolves Return"はElectroの枠を超えた大作かつ深淵な作風で今後の更なる進化を予感させる。まだ変身をあと2回残している…とでも言いたげな不敵な本作、Bella Luneと並ぶ2015年を代表するDarkwaveの名演と言えよう…!

【Favorite Number】Darkness / Crossed / When The Wolves Return



When the Wolves ReturnWhen the Wolves Return
Ego Likeness

曲名リスト
1. Leave a Light on, Thomas
2. Darkness
3. En Rouge
4. New Legion
5. Oracle
6. Mercy
7. I Let You
8. Crossed
9. Persona non grata
10. Treacherous Thing
11. Someday
12. When The Wolves Return

Amazonで詳しく見る


Ego Likeness - When The Wolves Return


Ego Likeness - New Legion


Metamorph
Mankind Is Obsolete
B000BWDTHI
Panic Attack
Zombie Girl
B00XWV8XOE
Drahtseilakt
L'Ame Immortelle
B00NG39OBE
posted by kerkerian at 01:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

妖精帝國 / SHADOW CORPS[e](2015)

妖精界Gothic-Metal音楽隊によるメジャー6thアルバム。

前作Hades:The other world"から僅か8か月、オリジナル作としては"PAX VESANIA"以来約2年振りとなる本作は完全書き下ろしで、これはインディーズのラスト作”Stigma”以来。つまり古参...というかメジャー以降彼らをアニメやゲーム音楽を通して認知したリスナーにとっては過去最大の踏み絵となるアルバムだ。タイトル通りホラーな世界観を重厚かつテクニカル、プログレッシブに、バンド体制以降の今の妖精帝國が表現したい手法を惜しみなく投入した攻め攻めの、ともすれば既存臣民置いてけぼりにもなりかねない問題作である...!一方でメタルリスナー、特に同人メタル愛好家には歓喜の一枚と言えるのではないだろうか。

そんな戸惑いを織り込んだかのようにアルバム中で唯一、臣民へ向けた歌とも取れる"檄"では過去の曲タイトルや詞を散りばめつつ「我らに歪を!我らに重さを!」と、彼らのステートメントが。謂わば2015年版の"Rebelion Anthem"といったところだな・・・!ダーク、アンチヒロイズムを邁進する彼らが抗え、闘え、貫けと鼓舞するのなら全力でDas!Feen!leich!と応えるのみである。衆愚と蒙昧を蔓延らせた、虚栄に満ちた玉座を奴が血で染めませい!

【Favorite Number】“D” chronicle / 白銀薔薇奇譚 / Shadow Corps



SHADOW CORPS[e]SHADOW CORPS[e](シャドウ コヲプス)
妖精帝國

曲名リスト
1. Attack!!
2. “D” chronicle
3. 闇色corsage
4. 白銀薔薇奇譚
5. 残夜の獣
6. calvariae
7. Infection
8. 檄
9. ancient moonlit battleground
10. Shadow Corps
11. 体内時計都市オルロイ

1. 1
2. S

Amazonで詳しく見る


妖精帝國 - Shadow Corps


妖精帝國 - 闇色corsage


狂聲メリディエ
少女病
B00XUSPTK0
Asriel
Asriel
B00UYRN23Q
Resonant Cinema
Octaviagrace
B00TPJ116O
posted by kerkerian at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする