2015年07月26日

Caisaron / Reflection(2015)

ドイツのElectroバンドによる2ndアルバム。

前リリースのEPから6年振り、フルアルバムからは実に9年振りとなる新作。Synth-PopとDarkwaveの中間に位置するような、キャッチーなシーケンスとメロディアスな旋律を軸としながらも疾走感と悲哀めいた雰囲気を湛えた素晴らしい出来。Angela嬢とFrank氏によるダブルボーカル体制だが、女声:男声比=5:5くらいでフィメこれ的にはギリ対象内か。(逆に5年振り新作への期待が高まっていたAshbury HeightsはVo嬢が交代したにも関わらず無念のアウトオブ範囲)

男性Voが情感たっぷりに歌い上げカリスマティックな女性Voが裏メロをなぞる"Forgotten Souls"が出色でCaisaronを象徴する刹那さウンドだ。ダブルKeyとあってアナログな質感とデジタルのFuture-Pop感が分厚く、彩り豊かに同居する。因みにKeyの2人は作曲とプロデュースを分担し、Voの2人は作詞を担いつつプロモーション(Angela嬢)とRec+Mix(Franc氏)を分担する。なんと理想的なタスク割り振り…プロジェクトマネジメント面でも見習うべきところが多いバンドである。

【Favorite Number】Preis der Wahrheit / Forgotten Souls / Return / Schönheit der Tränen



ReflectionReflection
Caisaron

曲目リスト
1. Intro
2. Preis der Wahrheit
3. Dream
4. Forgotten Souls
5. Angst
6. Einsam
7. Before The Storm
8. Return
9. Don't Run Away
10. Schönheit der Tränen
11. Jagdzeit

Amazonで詳しく見る


Caisaron - Dream


Caisaron - Angst


civilization

B00B94VMO4
When the Wolves Return
Ego Likeness
B00XWV8XOE
The Looking Glass Society
Ashbury Heights
B00ZYV6S3S
posted by kerkerian at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

Zeitgeist Zero / Ghosts of Victory(2015)

英Goth-Rockバンドによる3rdアルバム。

フルレングスでは6年振りとなる本作。このくらい空くと記憶があやふやになるもので、やけにR&Rな1、2曲目を聴いてからはて、こんなんだっけ…?と2ndの"Dead To The World"を引っ張り出してきた。うん、変わっておる。今回はインダストリアルでは無くなっている。骨太なバンドサウンド、王道Alternative-Rockにエレクトロの味付けが成された態だ。曲調やメロディもキャバレーポップな色合いを強く押し出しておりDoujin(特に六弦アリス)に通ずる印象さえ。

個人的には骨太なロックナンバーよりも"Loose Lips Sink Ships"や"When The Lights Go Down"のような妖艶で儚げなDarkwave曲が好みではあるが、どちらもも彼らの魅力の一面。ビザールでマカブルなホラーポップを標榜する彼らの真骨頂は、頽廃や耽美だけではない…寧ろ暗黒メリーゴーランド的な目くるめく世界であると宣言する本作は非常に完成度が高い。さらに6年前は肉塊だったTeresa嬢も幾分シュッとしてブサかわと言えなくもないくらいに。これはつまり音楽性の洗練を象徴しているのでは!(違

【Favorite Number】Dust and Bone / Loose Lips Sink Ships / When The Lights Go Down / From Stun To Kill



Ghosts of VictoryGhosts of Victory
Zeitgeist Zero

曲名リスト
1. Domestic Blitz
2. The Jekyll In Me
3. Dust and Bone
4. Don't Pop My Bubble
5. Pushed To The Edge
6. Loose Lips Sink Ships
7. When The Lights Go Down (Bump'n'Grind mix)
8. A Last Farewell
9. United In Black (Dance or Die mix)
10. From Stun To Kill

bandcampで詳しく見る

Zeitgeist Zero - When The Lights Go Down


Zeitgeist Zero - Tombstone Tourist


Razorblade Fairytales
Hate in the Box
B000CA8H6W
Exhumed
Morticia
B000A2H0O2
Path of Hours
Reliquary
B00Y40GFHY
posted by kerkerian at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

Purity Ring / Another Eternity(2015)

加エレクトロデュオによる2ndアルバム。

2012年の1st"Shrines"がUSチャート上位に食い込みFUJI ROCK出演、Lady GagaのRemix仕事などでスターダムに躍り出た彼ら。本作では2枚目のジンクスなど吹っ飛ばすかのような各方面での激賞。前作を上回るチャートアクション(全米26位、エレクトロチャート1位)を見せた。

パッと聴き、保守的なエレクトロニカに思えるがWitch-HouseやElectro-gazer的なギミック感も併せ持ち、聞き流して良し、聴き込んで良し。よく言われるR&BやHip-Hopの影響は個人的にはあまり感じられず(感じてたら即行オミット)、これはもうMegan嬢の声、歌い回しに拠るところが大きいんじゃないかなと。萌えヴォイアワード2015があったら、最有力ノミニーですよ。単純に癒されるというより、一点の曇りも無さ過ぎて己の矮小さを恥じ入りたくなるようなボーカリゼーション。

今年の国内盤が本作とPixiesだけということからも、4ADの新エースと目される彼ら。"Gobble Gobble"(前身バンド)なんて名前だったらこうはいかなかっただろう・・・正に名は体を表す清廉サウンドで、今年のエレクトロシーンの顔といえる1枚だ。

【Favorite Number】Heart Sigh / Bodyache / Dust Hymn / Sea Castle / Stillness In Woe



Another EternityAnother Eternity
Purity Ring

曲名リスト
1. Heart Sigh
2. Bodyache
3. Push Pull
4. Repetition
5. Stronger Than Earth
6. Begin Again
7. Dust Hymn
8. Flod On The Floor
9. Sea Castle
10. Stillness In Woe

Amazonで詳しく見る


Purity Ring - push pull


Anatopia - Virus


Deep In The Iris
Braids
B00UFSAL2E
The Bones of What You Believe
Chvrches
B00K2IOR2M
Lucid Dreaming
Say Lou Lou
B00TZ07YO6
posted by kerkerian at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

Black Nail Cabaret / Harry Me Marry Me Bury Me Bite Me(2015)

ハンガリーのエレクトロデュオによる2ndアルバム。

如何にもDark-Electro然とした名前に、女性をあしらったジャケット…日々FemaleエレクトロをDigってる身としては大変有難いパッケージである…!Emke嬢(Vo)とSophie嬢(Key&vo)の2人、構成からルックスの棲み分けからMarsheauxの別名義かってくらい似ている…見分け方としては露出度が高いほう…フェティッシュの匂いがするほうと認識しておきましょうね。あとPVが時々グロいほう。

そのビジュアルイメージ通り、官能的な雰囲気を前面に出したSynth-PopとDarkwaveの中間に位置するサウンド。うわっ…この声、低すぎ…?ってくらい女性離れしたイケボで歌い上げるEmke嬢と、チャームボイスでコーラスを入れるSophie嬢の対比を軸にニューウェーブ的なクラシカルSynthと、モダンでミニマルなサウンドスケープが同居し、極めて濃密な世界を構築。4つ打ちメロディアスポップなElectroに食傷気味な貴方、暗黒音楽の深淵を覗きに来ないか…?

【Favorite Number】Hair / Blonde / Dance For You



Harry Me Marry Me Bury Me Bite MeHarry Me Marry Me Bury Me Bite Me
Black Nail Cabaret

曲名リスト
1. Hair
2. Blonde
3. The Critical Cult Of Dora
4. Lovely Girl
5. Dance For You
6. Satisfaction
7. Right On
8. Change Me
9. Down Again
10. The Burial Party

Amazonで詳しく見る


Black Nail Cabaret - Satisfaction


Black Nail Cabaret - The Critical Cult of Dora


Lotharia
Beauty Queen Autopsy
B00B94VMO4
The Fog
Pegasus Asteroid
B002NUZ9BK
Back for a Day
Sixth June
B00ANSIMS6
posted by kerkerian at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

District 97 / In Vaults(2015)

USのProgressiveバンドによる3rdアルバム。

久し振りに心躍るプログレの登場ッ…アルバム前半部はAlternative-Metalを織り交ぜつつ今日的なエモさ(Skunk Anansieっぽいのがドストライク)をアピールして早くも心を鷲掴みにし、中間部ではスローなナンバーでトラディショナルなプログレ感、Synthや乾いたギターはフュージョンの匂いをさせつつ終盤はしっとり「聴かせる」部分とダイナミックな展開が交互に押し寄せる。言わばプログレ「全部乗せ」。いや…プログレは本来音楽ジャンルであってはならぬのだ…「前衛的」という本質を突いた自由なアートロック。それがDistrict 97。

こういったバンドサウンド主体で埋もれがちなVoも、Leslie嬢はしっかりと存在感を見せつけ、伸びやかな歌唱と時に緊張感を湛えた優美で芯の通った正統派。American Idolセミファイナリスト(シーズン6)の経歴は伊達ではない。因みにこれまで紹介した中ではWe Are The FallenのCarly嬢がファイナリスト(シーズン7、しかもTOP6までいってる)、Vicci Martinez(シーズン1、予選止まり)がいる。際立つ実績の歌姫を擁するWATFはいまいずこ…WTFって言われちゃうよ…?

【Favorite Number】Snow Country / Death By A Thousand Cuts / A Lottery



In VaultsIn Vaults
District 97

曲名リスト
1. Snow Country
2. Death By A Thousand Cuts
3. Handlebars
4. A Lottery
5. All’s Well That Ends Well
6. Takeover
7. On Paper
8. Learn From Danny
9. Blinding Vision

Amazonで詳しく見る


District 97- Takeover


District 97 - Open Your Eyes


From the Strange to a Stranger
Leslie Hunt
B00104K3BQ
Everlasting Instant
Izz
B00UZJVILQ
Origins
Landmarq
B00JAD12KK
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

Alkemic Generator / Mechanical Reflections(2015)

イタリアのDarkwaveトリオによる2ndアルバム。

待ってました!の2015年Darkwave盤の決定打。煌びやかなSynthに彩られた立て付けながら、ハードエッジィなIndustrialで、決してキャッチーとは言わせない的な気概。ChiasmAiboforcenAyriaを髣髴する硬派系の美麗Darkwaveだ。かつBlutEngelThe GatheringLacuna Coilらの影響を公言する通りGothの世界観を併せ持ち、GothicとEBMとDarkwaveの中間に位置するような、クラブ志向のサイバー・ダーク・ロマンティカとも言うべきか。

Sanja嬢のオペラティックとHarsh Voiceを織り交ぜた歌唱スタイルは、アッパーなサイバートランスをより妖艶に、煽情的に彩る。しかし私が推したいのは唯一のスロー曲"Oniric Thereads"。踊らせるだけでなく聴かせることもできることを証明する、ある意味Alkemic Generatorの魅力を凝縮したようなナンバー。こういったエレクトロ・バラードの割合が増えてくれることを次作では期待したい。

【Favorite Number】Inner Duality / Back To Origin / Mechanical Reflections / Oniric Threads



Mechanical ReflectionsMechanical Reflections
Alkemic Generator

曲名リスト
1. Parallel World
2. Inner Duality
3. Back To Origin
4. Artifical Humanity
5. Sunken Anchor
6. Mechanical Reflections
7. The Vitruvian Theory
8. Oniric Threads
9. Until The Last One
10. Another Day?
11. Sun Is Going Down
12. Parallel World (Aesthetic Perfection RMX)
13. Back To Origin (C-Lekktor RMX)

Officialで詳しく見る


Alkemic Generator - Inner Duality


Alkemic Generator - Mechanical Reflections Teaser


Shine & Burn
Avarice in Audio
B00NF5P90I
Omen
Blutengel
B00S8XJM7S
The Oniric Geometry
Alkemic Generator
B00ALYN2KA
posted by kerkerian at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

Train To Spain / What It's All About(2015)

スウェーデンのSynth-Popデュオによる1stアルバム。

何の衒いも無くノスタルジックなメロディを乗せて疾走するSynthサウンド。IndochineやCamouflageの影響を公言している通りニューウェーブの要素が色濃く、Helena嬢の舌足らずなVoがまた、北欧ぽくて良い…語れるのはこのくらいで、DepechやMuseチルドレンを公言するなら深みとダークネスが欲しいところだ。逆に捻りは要らない、真っ直ぐなPopを!という向き…Midnight RomeoSoldoutDonatellaあたりが好きなら強力におススメしたい。

音やアレンジのセンスは素晴らしいだけに、あとは楽曲のバリエーションを増やしていけるかが今後のカギか。ところで「スペイン行きの電車」はどこを目指すのだろう…やはりイビザ島だろうか笑。

【Favorite Number】Keep On Running / All About


What It's All AboutWhat It's All About
Train To Spain

曲名リスト
1.Blipblop
2.Keep On Running
3.Passion
4.All About
5.Screw It Up
6.Adam
7.Pressure
8.Grab And Touch
9.Work Harder
10. Remind Myself
11.Martin, David And Fletch

Amazonで詳しく見る


Train to Spain - All About


Train To Spain - Keep On Running


Defences / All Out EP
Flux Fin
B00BUVCA56
Harry Me Marry Me Bury Me Bite Me
Black Nail Cabaret
B00UOW2AZM
Falling (into your arms again) EP
Electrobelle
B007WVKLK4
posted by kerkerian at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする