2015年01月28日

Bjork / Vulnicura(2015)

アイスランドのSSWによる8thアルバム。

4年振りのリリースを3月に控え、そろそろ全裸待機に入ろうかとしていた矢先…ネット上へのリークにより急遽前倒しで発売された本作。信者としては嬉しいような悲しいようなですが取り急ぎテイクオフして正座して購入ボタンを押下…そうBjorkとは宗教、拝聴とは儀式なのである。

"Medulla"以降、自然、科学、宇宙と壮大になる一方のテーマでしたが本作は「傷心」とのことで平たく言えば失恋アルバムらしい。そんなパーソナルな世界観だからか、音楽的にも"Vespertine"や"Selmasongs"の頃に近い気がします。ただインに籠っているというより内部で宇宙とかのこれまで消化した要素が核の如く融合と分裂を繰り返すような。そしてBjorkという炉は淡々と臨界点に向かってゆく。

ストリングスを多用した荘厳な楽曲、"Volta"時代の祝祭的パーカッシブ、そしてAphex Twin以来の鬼才と評判のArca氏によるドローンなエレクトロニクス...もっと実験的になるかと思ったが、まあアルカなって感じ。メダラ以降のアルバムではVoltaの次くらいに入り易い本作ですが初心者にはやはり"Post"をお薦めしたい。個人的には「痛々しさ」が久々に垣間見えたのがとても良かったなと。幸せになって欲しいとは思うんですけども、適度に。

【Favorite Number】Stone Milker / Lion Song / Not Get / Atom Dance



VulnicuraVulnicura
Bjork

曲名リスト
1. Stonemilker
2. Lion song
3. History of Touches
4. Black Lake
5. Family
6. Notget
7. Atom Dance
8. Mouth Mantra
9. Quicksand

Amazonで詳しく見る


Björk - Crystalline


Björk - Moon


Grey Oceans
Cocorosie
B003D8MZ86
St. Vincent
St. Vincent
B00H7MW2SM
Smilewound
múm
B00DNJL4F0
posted by kerkerian at 01:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

Plazmabeat / Kabitoszerelem(2015)

ハンガリーのSynth-Popデュオによる3rdアルバム。

ハンガリー音楽といえばこれまで紹介したDalriadaObsidian Shellのトラッド気味なメタル勢、あとはハンガリー舞曲…もっともブラームスはドイツ人だが…そんな程度のイメージしか無い訳ですが遂にElectroものに邂逅ッ…そしてジャンルは違えど「トラッド」はお国柄なのかと確信するに至る。

80'sのノスタルジックな疾走するSynth-Pop、いやテクノポップの方が相応しいかもしれない。よくあるカイリー・ミノーグ的キラキラなものとは少々異なり、オーケストラル・ヒットやMIDI的な音色を多用した懐古的なイメージを前面に押し出している。TMネットワークリスペクトかって勢い。余りの衒いの無さ、そしてハイセンスに纏め上げておりNiki嬢の歌唱力の高さに揺さぶられるものがある…正直あまりフックを感じないが所々にストリングスやオーケストレーション的なギターフレーズを配しておりトラッド感を醸している。

総体的には「ウソみたいだろ。いま2010年代なんだぜ...これで...」という感じだ。そして2015 Re-Mixと銘打った"Rancok"のみ辛うじて90'sフレーバーがする。二周り遅れてやってきた東欧のルーキー、その作品は全てDownloadable Freeだ。これは聴かざるを得ない…エンジョーイ!

【Favorite Number】Tenger egy cseppben / Ajandek / Alomvalosag



KabitoszerelemKabitoszerelem
Plazmabeat

曲名リスト
1. Kabitoszerelem (Intro)
2. Tenger egy cseppben
3. Keresem a szavakat (Video Edit)
4. Ajandek
5. Jovobe Latne
6. Szerelmes dal
7. Rancok (2015 Re-Mix)
8. Alomvalosag
9. Valtozzak
10. Kabitoszerelem (Outro)

オフィシャルで詳しく見る


Plazmabeat - Alomvalosag


Plazmabeat - Tenger egy cseppben


Telephone
Midnight Romeo
B004YAPIXQ
Count Three and Pray
Berlin
B00002612P
Emerald City
Black Nail Cabaret
B009VV3SGC
posted by kerkerian at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

Tikkle Me / What Is Real(2014)

スウェーデンのElectro-Popバンドによる2ndアルバム。

デビュー作"Tikkle Me"から4年振りとなる新作。1st同様に中毒性溢れる内容で、Frida嬢の病み付きチャーミングボイスはそれだけで楽曲をトイポップ然とさせる支配力を持つ。そしてKarin嬢によるサウンドメイクも冴えわたり、マリンバやグロッケンなどのパーカッション類はElectro-PopとIndie-Popの境目を良い意味で曖昧とさせる。全体としてはNew-WaveやElectroclashの影響下にある4つ打ちのビート感を中心に据えていた前作と比べるとIndie-Pop寄りになった印象。相変わらず人を食ったようなジャケの「バンドです!」感はそんなコンセプトの表れだろうか…メンバー5人も居ないし、What Is Realなんてレベルじゃねーぞ。

元来のオリエンタル風味なメロディと相俟って牧歌的かつ壮大な雰囲気も纏う本作、Synth-Pop界のアルファブログ"Pansentient League"のアルバムオブザイヤーに輝いたクオリティは本物である…因みにここでは他にEmmoniamamiwhoamiなども候補に挙がっておりかなり信頼できる筋と言えるだろう…!ってただのスウェディッシュポップ信奉者じゃないすか!やだー!(´・ω・`)

【Favorite Number】Genius / Rebels / Time To Act / What Is Real



What is realWhat is real
Tikkle Me

曲名リスト
1.Sisterhood
2.Genius
3.Rebels
4.Six Senses Screaming
5.Time To Act
6.Niagara
7.What Is Real
8.Cliffhanger
9.V For Venom
10.Under The Bridge

Amazonで詳しく見る


Tikkle Me - Genius


Tikkle Me - Niagala


Mvh Anso M$$
Min Stora Sorg
B00HFV14F2
Fantomhalvan
Karin Strom
B0031WWQRY
Fifty Three Degrees North
Northern Kind
B0065PNDTO
posted by kerkerian at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

Worm Is Green / To Them We Are Only Shadows(2014)

アイスランドのエレクトロバンドによる4thアルバム。

3rdアルバム"Glow"から5年振りとなる新作。引き続きArni嬢による全曲コンポーズで、ノルウェーに居を移したという彼女の作風はまったく垢抜けることはなく、寒々としたサウンドスケープ(北欧の先入観も大きいが)上で紡がれる美メロ、リズムの柔らかな律動感。"To Them We Are Only Shadows"や"Around & Around"、"We Are Lost"などで男性Voがユニゾるようになったのは新機軸か。女声原理主義の私としては珍しくウォームな雰囲気を纏う良演出だなと思った…もっとも彼らの名前のウォームは芋虫のほうなんだけどな…!

他にもTrip-Hop.netの2014ベストチューンに選ばれた"Stand Your Ground"、珍しくクラブテイストかと思わせておいてどんどん内に引き籠り結局抒情的な"The Music"などスルー曲皆無の良エレクトロ。信頼のブランドWorm Is Greenはデビュー時から変わらずElectroかつオーガニック、Ambientかつポップというフォーマットを堅持しつつ進化を遂げている。でもWormがButterflyになることは無い、それが魅力。

【Favorite Number】To Them We Are Only Shadows / Let's Just Live My Love / Around & Around / The Music



To Them We Are Only ShadowsTo Them We Are Only Shadows
Worm Is Green

曲名リスト
1.To Them We Are Only Shadows
2.Let's Just Live My Love
3.Form a Single Line
4.Stand Your Ground
5.Around & Around
6.The Eventual End (Thank You)
7.The Music
8.Voices
9.We Are Lost
10.With You

Amazonで詳しく見る


Worm Is Green - Let's Just Live My Love


Worm Is Green - Around & Around


Feathermagnetik
Kira Kira
B007QYUZSK
Alt Er Tabt
Under Byen
B003YEGWME
Twosomeness
Pascal Pinon
B009VV3SGC
posted by kerkerian at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

BABYMETAL / LIVE AT BUDOKAN〜RED NIGHT〜(2015)

日アイドルメタルユニットによるライブアルバム。

2015年作品の1発目は、世界のメタル好事家を熱狂させている彼女達。1st"BABYMETAL"は半ばアクセス稼ぎのネタ記事だったが、アクセスオブザイヤー2014の集計をおこなったところ40位以内にも入らず…フィメこれ読者にはニーズが無かった模様ですが、可愛いは正義ですから。可愛いは大正義!

内容は1stの楽曲をバックバンドの「神バンド」による完全生メタルアレンジ。手練メンバーのスキルは最早言うまでもないが、曲調が非常にポップなうえオリジナルverを忠実に再現しているため至極普通な感じのパフォーマンスだ。本作品で評価されるべきはSU-METAL嬢の歌唱と、歌と重量感とオーディエンスの音をバランス良く配置したマスタリングを担当したTed Jensen氏である。それにしても歌…あれだけの激しい振付の中で安定した歌唱を披露、確実にアルバム時より成長している…!

安定し過ぎているためライブ感の醍醐味にはやや欠ける本作ではあるが、初回限定盤ダウンロード特典"Road of Resistance"はDragonforce色全開のクサメロスピで、2ndアルバムでの新展開を心待ちにしつつ、賞味期限の短いユニットであるが故、世界での熱狂度が頂点に達しつつある今「解散」することを期待している自分も居る。咲いて散るのが女の運命つーことでひとつ。

【Favorite Number】いいね! / 4の歌 / イジメ、ダメ、ゼッタイ



LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~LIVE AT BUDOKAN~RED NIGHT~
BABYMETAL

曲名リスト
1. メギツネ
2. ド・キ・ド・キ☆モーニング
3. ギミチョコ!!
4. いいね!
5. Catch me if you can
6. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
7. 悪夢の輪舞曲
8. おねだり大作戦
9. 4の歌
10. 紅月-アカツキ-
11. BABYMETAL DEATH
12. ヘドバンギャー!!
13. イジメ、ダメ、ゼッタイ

Amazonで詳しく見る


BABYMETAL - いいね!


BABYMETAL - Road of Resistance


Sorrow Halation
Φnality Blast
B00NIMR4L0
Creaith Anthem
Magistina Saga
B00K8R0POG
DOLLS APARTMENT
DOLL$BOXX
B009EBE2L4
posted by kerkerian at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

和楽器バンド / ボカロ三昧(2014)

日Folk-Rockバンドによる1stアルバム。

2014年もっと評価されるべきオブザイヤーである…!確かに企画色が全開なバンド名、ボカロカバー、エイベックスと色眼鏡で見られる要素が多いが音を聴けば如何にスキルフルで本格派、かつオリジナリティに溢れているかがお解り頂けるだろう。これはフィメこれ的にはどう分類しようかと思案していたところ、つべ動画に外国人が書いていた"Japanese Folk-Metal"というのに膝を打った。

ギター・ベース・ドラムのベーシックなバンドセットに箏、尺八、和太鼓、三味線といった上物を乗せたスタイルで、ボーカルもまた詩吟という「和楽器」であるのが特徴。最初は元ちとせリスペクトか?と思ったが考えてみればあれも奄美民謡風なので似たルーツなのか。バンドの音が前に出過ぎというレビューをよく目にするが、バンドありきで初めてポップ音楽として成立するのではと個人的には思う(和楽器メインなら杵家七三社中をお薦めしたい)。寧ろ本作は多様な音色を理想的なバランスで収めているなあと感嘆します。あとはギターの歪みに重量感が加われば本当にフォークメタルになるのに。

楽曲はボカロものなので既聴感のある、上海アリスの流れを汲む和音階(っぽい旋律)の雰囲気が多く評価は難しいところですが、本作以降にリリースされたオリジナル曲「華火」ではV系のエッセンスが散りばめられた彼らの真のオリジナリティが垣間見え、次作で和楽器バンドは演者としてのみならずアーティストとしてのヴェールを脱ぐのではと期待が膨らむ。

【Favorite Number】天樂 / 吉原ラメント / 虹色蝶々



ボカロ三昧ボカロ三昧
和楽器バンド

曲名リスト
1. 天樂
2. セツナトリップ
3. 吉原ラメント
4. カゲロウデイズ
5. 虹色蝶々
6. いろは唄
7. 六兆年と一夜物語
8. 月・影・舞・華
9. Episode.0
10. 深海少女
11. 脳漿炸裂ガール
12. 千本桜

Amazonで詳しく見る


和楽器バンド - 千本桜


和楽器バンド - 天樂


Theme of 華風月
華風月
B00GM3GC5G
和楽花道中 杵家七三社中 傑作撰~ボカロ曲を演奏して戴いた~
杵家七三社中
B0095XQMAU
Yav
Arkona
B00IJNUZVY
posted by kerkerian at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

Irrlicht / Prés Du Miroir(2014)

スイスのDarkwaveバンドによる8thアルバム。

2012年のベスト盤"Collection 1997–2011"からイルリヒターとなった私。今回も期待に違わぬ安定信頼の作品となっております。Daniela嬢の貫禄と官能に満ちたダークトランス曲はアンセム然として彼らの世界観を妖しく煌びやかに彩り、時折挿入されるマニアックなAmbient曲では男性Voによるモノローグが物語性をアピールする…タイトルが何故かフランス語である以外は、印象は全く先のベスト盤と変わらない。つまり常に一定のクオリティが担保されているアーティストに相応しい出来であると言えよう。

言い換えると、シングルでもアルバム曲でも差異が無いということは突き抜けたキラートラックが無いということになるので、これからIrrlichtに触れる方は「どこから聴けばいい?」「とりあえずベスト盤でおk」といいうテンプレのやり取りすら不要。どこから入っても同じ景色を提供できる、案外その辺りが長寿アーティストの秘訣なのかもしれない。そう…バンド名のIrrlicht=鬼火のようにいつまでもユラユラと揺らめき続けるのである…13年目を迎えるこのブログもな…!(訳:2015年も何卒宜しくお願い致します)

【Favorite Number】La course des rats / Anderswelt / Hohenflug



Pres Du MiroirPres Du Miroir
Irrlicht

曲名リスト
1. P (Intro)
2. Projekt Abgrund
3. La course des rats
4. Abschied
5. En fibre de verre
6. Anderswelt
7. Monocave (OTS)
8. Licht und Zeit
9. Wenn Du da bist
10. Dans ce miroir
11. Outro
12. La course des rats (Clubmix)
13. Dans ce miroir (NTL Clubmix)
14. Hohenflug

Amazonで詳しく見る


Irrlicht - Dans Ce Miroir (NTL Clubmix)


Irrlicht - Près Du Miroir (Official Preview / Teaser 2014)


Back in a Moment
Angelzoom
B00074050O
Kafarnauem 1
Aiboforcen
B00029CZD4
Der Sturm
Kalt
B007QENZYG
posted by kerkerian at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする