2014年10月31日

Lamb / Backspace Unwind(2014)

UKエレクトロ・デュオの6thアルバム。

リユニオン作"5"から4年…活動休止で8年待った身としては耐性はついているものの、今年5月のプレオーダー開始のアナウンスには狂喜Lambよりも安堵感が勝った。しかしさらに季節は巡り中秋になって漸くのリリース。この焦らしーさんめ…やきもきした欲しがりさんLambリスナーも多いのではないだろうか。

デビュー作から18年になるが、シーンやテクノロジーの影響を受けやすいジャンルにおいて不変のダーク・アンビエントなTrip-Hopを鳴らす。羽虫の音色を思わせる微ノイズ、柔らかなドラムン/ブレイクスの隙間から覗かすLouise嬢のVoは漏れ出づる月の影の清けさ…といったところか。これほどまでに中秋に似合いの音楽も無いだろう。この時期を狙ってのリリースだとしたら中々の趣マスターだなLamb…!

活動再開前と比較するとAmbient色が濃くなり落ち着いた印象がある。何より胸を打ちまくる美メロ…とりわけ表題曲の"Backspace Undind"は至高。そしてラウンジィな楽曲が多い中、異彩を放つ"SH09 Is Back"。打ち鳴らされるビートに拉げたVoとトランシーな味付け…ブリストル系+レイブのノスタルジアを感じさせつつ祝祭的な、彼ら流パーティチューンといったところだ。Lamb節を守りつつも貪欲に進化を求め続ける、18年目の傑作が産み落とされてしまった。

【Favorite Number】In Binary / Backspace Unwind / SH09 Is Back



Backspace UnwindBackspace Unwind
Lamb

曲名リスト
1. In Binary
2. We Fall in Love
3. As Satellites Go By
4. Backspace Unwind
5. Shines Like This
6. What Makes Us Human
7. Nobody Else
8. Seven Sails
9. Doves & Ravens
10. Only Our Skin
11. SH09 Is Back
12. The Caged Bird Sings

Amazonで詳しく見る


Lamb - Backspace Unwind


Lamb - We Fall in Love


Factory Girls
Stripmall Architecture
B00BOS7MSA
11i
Supreme Beings Of Leisure
B000WPNKJ6
Bloom
Lou Rhodes
B000T97XI4
posted by kerkerian at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

Myrkur / Myrkur(2014)

デンマークのBlack-Metalプロジェクトによる1stEP。

Black-Metalと言えば背後の激烈暴虐サウンドに負けじとグロウリング、或いはスクリーミングをVoが血走った目で悶絶歌唱する…それがテンプレートな訳です。しかしサウンドメイク次第でその慣習は打ち破れるという可能性を示したのがこのMyrkurである…!

SSWにしてモデル(!)のAmalie Bruun嬢によるエンジェリックなソプラノボイスパートと、ブラストを主体とするメタルパートに大まかに分かれる構成。1曲の中で両者が交互に対峙する様は当に神と悪魔の最終戦争…アルマゲドンの様相。そしてある局面では両者が並存するパートも…それは揺蕩うスローなメロディに畳み掛ける超高速ビートというジャンル違いの2枚を同時再生したかのような相容れなさ。Black-MetalにEthereal要素という形は夙にSymphonic-Metalで見られる手法なれど、ここまで極端な形での表現は前代未聞。フルレングス作で両者は融合を果たすのか、乖離が一層進むのか…北欧を舞台とした現代のラグナロクが幕を開けた…!

【Favorite Number】Latvian fegurd / Dybt i skoven



MyrkurMyrkur
Myrkur

曲名リスト
1.Ravnens Banner
2.Frosne Vind
3.Må Du Brænde i Helvede
4.Latvian Fegurð
5.Dybt i Skoven
6.Nattens Barn
7.Ulvesangen
Amazonで詳しく見る


Myrkur - Nattens Barn


Myrkur - Dybt i skoven


Tenant
Ludicra
B00337KLX8
Necrovision
Darkened Nocturn Slaughtercult
B00AELJUG0
Millendium
Ethereal Sin
B00ES5K8BY
posted by kerkerian at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

Soundwitch / Romanesque(2014)

日Goth-Industrialバンドによる3rdアルバム。

4年ぶりとなる超待望の新作。この間にギターとプログラミングを担う音楽的な「核」となるメンバーの交代がどう影響するかと思われたが、冒頭の"Peek-a-boo"を聴いた感じではHEAD PHONES PRESIDENTの新曲みたいだな、と。つまり前作"Grotesca"と同様の感触で一安心といったところだ。狂気を孕んだ時のTwin嬢の声質がANZA嬢に似ているのもあるがメロディの持っていき方、不安を喚起するような旋律が特に似ている…これがGothicっぽいという評価に通ずるのかなと。これがSoundwitchの魅力のひとつであり、繰り返し聴くには耐性を要するデメリットでもある笑。

サウンド面はより情報量と、起伏のある展開が増えた印象。ダブステップ要素などエレクトロ配分も増したが中心にあるのがギターをはじめとするメタリックなバンドサウンドで、かつメロが呪術的なため、Velcraや初期Nemeseaといった00's中期のGothテイストなIndustrialを想起する。15曲という大ボリュームを考えるともう少しサラッと聴ける楽曲があっても良い気がするがこの疲弊感、胸を抉られて放心状態になるというのもまた暗黒音楽の醍醐味といえるだろう。日本では数少ない、後味の良さも悪さも含めて爪痕を残してくれる存在にSoundwitchはなりつつある…!

【Favorite Number】Affect a Smile / November’s Despair / Blow / Devil



RomanesqueRomanesque
SoundWitch

曲名リスト
1. Peek-A-Boo
2. Tendre Poision
3. Affect A Smile
4. The Ritual
5. Spider Spider
6. November’s Despair
7. Blow
8. Marble Magia
9. Something More
10. Giddy Giddy Carousel
11. Devil
12. Suzy The Mouth
13. Candy
14. So Sweet So Scratch Heroes
15. Romance Of The Kill

Amazonで詳しく見る


SoundWitch - November’s Despair


SoundWitch - So Sweet So Scratch Heroes


Take My Blood
Bloodparade
B00D93NEPS
Disillusion
HEAD PHONES PRESIDENT
B00KHZ8MZ8
Electrolust
More Machine Than Man
B00005NVL3
posted by kerkerian at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

Yelle / Complètement Fou(2014)

仏Electro-Pop嬢による3rdアルバム。

私事ながら誕生日である9月最終日に届けられた、Julie Budet嬢aka Yelleの3年振り新作。感想は諸手を挙げてBANZAI…そう、イェール!君を好きでよかった…!表題曲"Completement Fou"(completely fool...つまり完全にバカ)は前作"Safari Disco Club"に匹敵するキラーチューンで冒頭からもってかれる。男性コーラスの合いの手も、MCハマーのケンタスティスみたいで良い。小並感ですが。

今作でYelle特有のアナログな質感がもたらすキッチュさ(後衛)と展開の妙によるアヴァンギャルドさ(前衛)はより融合と分離を繰り返しながら肥大化している印象。キッチュサイドはよりメロディアスで至上のSynth-Popを堪能でき、アバンギャルドサイドは狙っているのか解らないがワンコーラス目のサビが終わり2番に行くのかと思わせてフェイドアウトで終わってしまう等("Nuit de baise I"、"Toho")でリスナーを幻惑。一筋縄でいかないフレンチエレクトロの魅力が詰まった、アルバムオブザイヤー候補である。

【Favorite Number】Coca sans bulles / Nuit de baise I / Toho / Dire quón va tous mourir



Complètement FouComplètement Fou
Yelle

曲名リスト
1. Complètement fou
2. Ba$$in
3. Coca sans bulles
4. Les soupirs et les refrains
5. Nuit de baise I
6. Toho
7. Moteur action
8. Florence en Italie /
9. Un jour viendra
10. Nuit de baise II
11. Jeaune fille garnement
12. Dire quón va tous mourir
13. Bouquet final

Amazonで詳しく見る



Yelle - Complètement fou


Yelle - Nuit de baise I


Body Music
Alunageorge
B00D93NEPS
Bodyparts
Dragonette
B008OR5L1Y
This Is Alphabeat
Alphabeat
B00117BCC6
posted by kerkerian at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

Grausame Töchter / Glaube Liebe Hoffnung(2014)

独エレクトロ・ユニットによる3rdアルバム。

前作"Alles für Dich"から2年足らずでドロップされた新作は、Limited Editionとはいえ2枚組の大ボリュウム…同じDark-Electro畑でも4年振りの新作が実はリイシューというのとは対照的である…!

彼らと言えば、トランシーなEBMに露出し過ぎなAranea嬢が煽情的にパフォーマンスする典型的なフェティッシュ系。本作ではアグレッションの高い楽曲はより大作志向に(尺ではなく内容的に)。"Blutwalzer"や"Paradies"に代表されるミュージカル性の強い展開はポストUntotenを襲名しそうな濃度だ。

いっぽうでデビュー時から只のイロモノではないことを主張するメロウな側面は、よりメロディアス要素を強くアピールしており4つ打ちのフォーマットに囚われない、ロマンティックなDark-Electroが堪能できる。そのメロウサイドを最大化したのが件の2枚目。1st、2nd楽曲をピアノ・オーケストラによるインストゥルメンタルカバーという、何この10枚くらい出してる大御所みたいな企画…!もはや原曲を思い出せない美しく時に不穏な調べは正に彼らの二面性の象徴であり、今後EBMとNeo-Classicalの完全融合があるのかも?と夢想させるに充分な大作と言えよう。

【Favorite Number】Glaube Liebe Hoffnung / Tranen in einer toten Welt / Blutwalzer / Zukunftsvision



Glaube Liebe HoffnungGlaube Liebe Hoffnung
Grausame Tochter

曲名リスト
CD1
01. Glaube Liebe Hoffnung
02. Lust und Tod
03. Verlassen
04. Solipsismus
05. Mensch und Tier
06. Tranen in einer toten Welt
07. Ficken ist ein schlimmes Wort
08. Blutwalzer
09. Sex in Latex
10. Zukunftsvision
11. Bete und Arbeite
12. Quid pro quo
13. Wie eine Hyane
14. Paradies
15. Ich bin Gott

CD2
01. Beleidigte Engel
02. Wie eine Spinne
03. Blut Geleckt
04. Rosen fur Dich
05. Tanz fur Dich
06. Wie eine Schlange
07. Freundin
08. Untergang
09. Liebeslied fur Dich (dark-music.org)
10. Therapie fur Dich
11. Mein Messer
12. Blut Geleckt
13. Blutwalzer

Amazonで詳しく見る


Grausame Töchter - Lust und Tod


Grausame Töchter - Tanz Für Dich


Der Kalte Krieg
Welle: Erdball
B005MMYP8O
United Trash (the Z Files)
Miss Construction
B00FHCYKMU
Rage
Krystal System
B00B81NR1O
posted by kerkerian at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする