2014年08月31日

The Dumplings / No Bad Days(2014)

ポーランドのElectro-Popデュオによる1stアルバム。

"Dumplings"とは練り粉を団子状にして茹でたり蒸したりしたもの…つまり餃子とか焼売のことなんだが由来は謎だ…しかしこの夏に似合う清涼感、ほんのり甘いノスタルジアはどちらかというと水羊羹だ。比較軸になってないけど。

オーソドックスなSynth-Popかと思いきやAmbient、IDM要素があり、Justyna嬢の透度の高い声質や儚げなメロディと相俟って何とも言えないもの悲しさを湛える…安定の東欧クオリティだ。加えて相方のKuba氏とプロデューサーのBartosz Szcz?sny氏によるサウンドメイクはマジカルそのもの。時に生バンドを思わせるリズム強度、時に8-bitチップチューンを散りばめるなどドラマティックを演出。それでいてアトモスフェリックだから素晴らしい。

そういう意味では噛むほどに肉汁の旨味が楽しめる餃子や焼売と言えなくもない…但し、後味はサッパリだから平日のランチでもいける…!何の話か分かりませんが、とにかく今夏イチ押しエレクトロということ。

【Favorite Number】Everything Is A Circle / Waiting For The Summer / Betonowy las



No Bad Days (CD)No Bad Days
The Dumplings

曲目リスト
1.Slodko-slony cios
2.Everything Is A Circle
3.Technicolor Yawn
4.Man Pregnant
5.Waiting For The Summer
6.Betonowy las
7.Mewy
8.Freeze
9.Gelatine
10.Nie slucham
11.How Many Knives
12.Shameless
13.Sunny Day (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る


The Dumplings - Nie slucham


The Dumplings - Technicolor Yawn


Wounds & Bruises
Kari Amirian
B00I9D7ENG
Misia Ff
Misia Ff
B00LSMY4XI
Something to Happen
Lilly Hates Roses
B00DJWUMCM
posted by kerkerian at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

アーバンギャルド / 鬱くしい国(2014)

日トラウマ・テクノポップバンドによる6thアルバム。

数々のジョイントライブを経て遂にフェス開催と、サブカル界への影響力が浸透しつつある彼ら…かつて筋肉少女帯がそうだったように、アングラ⇔メジャーのクロスオーバーアイコンに彼らもなりつつあるのかもしれない。(因みにオーケン氏は本作と「鬱フェス」にも参加)

バンド体制になった前作"ガイガーカウンターカルチャー"からKeyが抜けた影響が懸念されたが、寧ろサウンドはElectro-Popに回帰したところも垣間見えまずは一安心。ソングライティングも全員が手掛け、ギタリストが書いた『ガールズコレクション』がバンドテイストとは間逆にJ-Electroオマージュっぽいのが興味深い。何より浜崎容子嬢が久々に書いた『ロリィタ服と機関銃』は『前髪ぱっつんオペラ』を彷彿するテクノ歌謡フレーバーで全俺が歓喜ッ…!

今回彼らが対峙しているのは自殺大国・日本。いつも以上に駄洒落めいたタイトルが並び曲目リストを見る限りでは「そのフレーズ、言いたいだけだろ?」と高を括るが、実は世界観の業の深さを包むオブラートに過ぎない…以前からの手法だが、彼らの存在がシーンで大きくなるほどその膜は厚くなり、(おそらく世間のミスリードを誘う意図も込みで)ペルソナは幾重にもレイヤードされてゆく。全く業の深い連中じゃて…!

【Favorite Number】ワンピース心中 / 君にハラキリ / ロリィタ服と機関銃 / R.I.P.スティック



鬱くしい国鬱くしい国
アーバンギャルド

曲名リスト
1. ワンピース心中
2. さくらメメント
3. 生教育
4. 君にハラキリ
5. ロリィタ服と機関銃
6. 自撮入門
7. アガペーソング
8. ガールズコレクション
9. 戦争を知りたい子供たち feat.大槻ケンヂ
10. R.I.P.スティック
11. 僕が世

Amazonで詳しく見る


アーバンギャルド - さくらメメント


アーバンギャルド - ワンピース心中


Odyssey
Marsheaux
B00GGHOV1K
DETONATOR
電気式華憐音楽集団
B00KGIZ1OG
NEW GERMAN WAVE4
0.8秒と衝撃。
B00F3T7P2E
posted by kerkerian at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

LLLL / Paradise(2014)

日エレクトロ・ユニットによる1stアルバム。

アイスウォーターチャレンジなる様々な意味で救い難いキャンペーンが流行っていますが、このLLLLのジャケット…まさか先取りしていたのだろうか(錯乱)。このユニットはエレクトロゲイザー勢らしくプロフィールは一切謎。やはり音の輪郭が朧げなシューゲイズと、金や善意の行方が朧げなチャリティは匿名性を帯びているのが一番美しい…!

そんなささくれ立った気持ちでいた近頃の私。小難しいPost-Rock系や過度なEtherealをアピールしたChillwaveだったら即行オミット…そう思い手に取った本作。しかし存外にポップで歌メロも立っていて、尚且つ緻密なIDM、分厚いエレメンツが鬩ぎ合う「攻め」のエレクトロだったため大層気に入りました。

SupercellClariSさよならポニーテールら、殊に日本で多い気がする「謎プロフィール」勢。シャイな国民性…ではなくルックスやバイオグラフィによる評価が先行しがちなシーンに対する、純粋に音楽のみで勝負するアティチュードの表れ…そんな側面もあるのではないかと邪推。氷水パフォーマンスに流されず自らの信念をロジカルに説いた武井壮氏、プロ意識から自愛し、それでいてパフォーマーの矜持を見せつけた鬼龍院翔氏に最大の賛辞を送りたい…って何の話だこれ(´Д`)

【Favorite Number】FOI / Falling Alone / Because of my eyes /



SurreallipstickParadise
LLLL

曲名リスト
1.FOI
2.Falling Alone
3.Drowned Fish
4.Because of my eyes
5.Drafting Still
6.Spider Web
7.Far From Now
8.Quietly
9.Blurred
10.Assume
11.I Wish You
12.Oddness

bandcampで詳しく見る


LLLL- FOI


LLLL- You


Crux
Sandra Kolstad
B00BE9W18K
eye cue rew see
PLASTIC GIRL IN CLOSET
B00L9ELBMM
Dichotomies & Dreamland
Soundpool
B0015MS40U
posted by kerkerian at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

Maria Minerva / Histrionic(2014)

エストニアのエレクトロ嬢による3rdアルバム。

ズドラストビーチェ。これまでに紹介した中ではSuicidal RomanceHU?と良質Electroを輩出するエストニア…流石Skypeを生んだ少数精鋭にして先鋭国家である…!

2011年に"A Little Lonely"がガーディアン紙の年間ベスト40入りした彼女。夢遊病的なリバーヴ感を携えた同曲の選出には若干のネタ要素もあったのでは…と勘繰ってしまうのですが、本作は幾分メジャー感が増している。柔らかなSynthを軸としたIDMは勿論のこと、煌びやかなスペイシー・サウンドに彩られMaria嬢の歌唱力が如何なく発揮されるR&B的な楽曲は再びクラブシーンに旋風を巻き起こす予感が。それでいてアンビエント・ドローンな展開、ダブステップに乗せた不安定なコード進行、彷徨うVoなどエレクトロ好事家を唸らせるマニアックな要素も含む。隙の無いアルバムです。

【Favorite Number】Galaxy / Runaway



HistrionicHistrionic
Maria Minerva

曲名リスト
1. The Beginning
2. Spirit Of The Underground
3. Ivory Tower
4. Interlude
5. Galaxy
6. Treasures
7. Runaway
8. Endgame
9. Wolves And Lambs
10. Deepest Darkest
11. Hingede Oo

Amazonで詳しく見る


Maria Minerva - Galaxy


Maria Minerva - Runaway


Integration Lp
LA Vampires With Maria Minerva
B009EVSK6C
Chance Of Rain
Laurel Halo
B00FGSFII0
gems
Nite Jewel
B00E1CPX3W
posted by kerkerian at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

Kryonik Moon / SuperLuna(2014)

ロシアのDark-Electroプロジェクトによる1stアルバム。

飛び散るスペイシーなトランス、躍動するEBMに乗せてTera氏のHarsh-Voiceが煽動しKitsune(狐?)嬢が艶めかしく囀る。官能に満ちたハイパーエレクトロ、そしてKitsune嬢の名前やVisual-Keiを公言する佇まいは明らかに日本の影響を受けており全てが私にとってドストライクなKryoniK Moonである…この出会いにスパシーバ。

エレクトロ界で近年、アナログ的質感やメロウな方向に回帰する動きが活発化しているが、それを拒否するかのように尖鋭的で耳を劈き続ける無慈悲な9曲。加えてボーナストラックではビジュアルコンセプトが近しいBespa Kumamero、同胞のPurple Fog Sideら当ブログでもお馴染みのアーティストによるRemixも聴ける…ぶっちゃけ音楽性が類似しているのでオリジナル曲と大差ないアプローチな訳だが笑。

改めてロシアという国の音楽的ポテンシャル、ロシアンアーティストの業の深さを見せつけるハラショーな逸品と言えよう…それでは少し、夏休みに入るとします。ダスビダーニャ。

【Favorite Number】Illusion / Red Queen



SurreallipstickSuperLuna
Kryonik Moon

曲名リスト
1. Kryonik Sage
2. Illusion
3. Red Queen
4. Letzte Wache
5. Phobia
6. Vollmond
7. Alfa
8. Tron
9. Specter
10. Vollmond (Bespa Kumamero remix)
11. Vollmond (halo remix by re:\legion)
12. Red Queen (Purple Fog Side remix)
13. Tron (Nitemare Machine remix)

bandcampで詳しく見る


Kryonik Moon - Illusion


Kryonik Moon - Red Queen


Romantic Waves
ベスパ☆くまメロ
B0012PYEZO
Future Past
Psy'Aviah
B00D4FDFE6
LAST STARDUST
BLOOD STAIN CHILD
B00GLUTBEY
posted by kerkerian at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

Tamar Antler / Surreallipstick(2014)

イスラエルのSSWによる1stアルバム。

ジャケの通り夏が似合うAlternative-Popな本作。Trip-Hop、Ambientといったエレクトロ要素とホーンセクションを多用したジャズ的な生バンド要素が溶け合った、ラウンジィと躍動感が同居する作風です。Gosprom、Lykke Li…その辺りが好きなら間違いなかろうかと…総じてArt-Popですね。とりわけ"Spin Those Wheels"はエレクトロ版Fiona Appleみたいでキラー度高し。でもTarnar嬢の音楽はあまり分析を必要としないというか、BGMとしても心地良く機能する気がします。

イスラエル…もはや世界の火薬庫として厳しい視線が注がれる同国ですが、ウクライナと同様隠れ優良音楽排出国でもあります。アートで注目が集まる日が来ることを切に願うばかりだ。

【Favorite Number】The Right Track / Some Colors / Spin Those Wheels



SurreallipstickSurreallipstick
Tamar Antler

曲名リスト
1. As I Crawl
2. The Right Track
3. Throw the Key
4. Minha Casa
5. Bip Bap Another Drop
6. Some Colors
7. Far
8. Spin Those Wheels
9. Noises

Amazonで詳しく見る


Tamar Antler - Spin Those Wheels


Tamar Antler - The Right Track


Water Breaks Stone
Charlotte Martin
B00IN8I5EO
I Never Learn
Lykke Li
B00J0H0Z68
Eyelid Movies
Phantogram
B00319DXAQ
posted by kerkerian at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

La Roux / Trouble in Paradise(2014)

UKエレクトロユニットによる2ndアルバム。

W杯も終わり放心状態のまま音楽も聴かずに空白の1ヶ月を過ごしておりました。思うのはひとつ、ゲッツェと香川、どうして差がついたのか...慢心、環境の違い...

2009年当時、デビュー作""La Roux"をリリースした頃の彼女はLady GaGaと並ぶ次代エレクトロディーバと目されていた。しかし世界的ヒット曲Bulletproofで慢心したのか特にリリースもないまま、その間にあっちは文字通り不動のモンスターとなり…どうして差がついたのか...

皮肉にも本作は空白の5年間を証明(proof)するかのようなアクの弱い内容。Elly嬢の蓮っ葉な歌声は、キッチュで哀愁めいたSynth-Popはどこへ…?半端に本格派なクラブサウンド…ふた昔くらい前の…と当たり障りない出来で、断然La Roux派だった私もちょっとこれは擁護できない。冒頭の答えはおそらく、モンスターを意識して逆張りした結果個性をも失ってしまった、とそんな感じだろうか。

【Favorite Number】Paradise Is You / Silent Partner



Trouble in ParadiseTrouble in Paradise
La Roux

曲名リスト
1. Uptight Downtown
2. Kiss and Not Tell
3. Cruel Sexuality
4. Paradise Is You
5. Sexoteque
6. Tropical Chancer
7. Silent Partner
8. Let Me Down Gently
9. The Feeling

Amazonで詳しく見る



La Roux - Let Me Down Gently


La Roux - Uptight Downtown


No Mythologies to Follow

B00H2C3E5M
Glorious
Foxes
B00FNGQCSU
New Eyes
Clean Bandit
B00I9R9DVI
posted by kerkerian at 01:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする