2014年01月13日

Tabula Rasa / Tabula Rasa(2013)

米Progressive-Rockバンドによる1stアルバム。

InfluencesにはYesやPink FloydのほかJane's Addiction、Red Hot Chili Peppers、Circa Surviveと私の大好物が並んでおり、確かに90's〜00'sのオルタナやポスト・ハードコア、エモの匂いがする音だ。あと冒頭の"Drive-In"はAt The Drive Inのオマージュなのかな?と思ったり(インロト部が"Arcarsenal"っぽい)。しかし何と言っても全体を覆うフュージョン感…そう日曜の朝のFMラジオを髣髴する、如何にもマイアミのバンドらしい爽快さ。Art DecoといいHighlight Kenosisといい、フュージョン系プログレに縁があったな2013年は…!そして驚くべきことに、Tabula Rasaのメンバーは平均20歳そこそこという若さなのだ。

音楽学校で知り合ったというだけに楽曲面、演奏面とも大成し過ぎてて驚き。インプロヴィゼーション溢れる複雑なリズム、轟音と空間系が巧みに織りなすツインギター…それでいてMica嬢の歌唱が垢抜けず、心持ち切ないところが好感。全く非の打ちどころが見つからないアンファン・テリブルな天才集団だ…!強いて言うなら"Tabula Rasa"はアーティスト名や曲名が多すぎるからセルフタイルは勘弁してほしかった笑。

【Favorite Number】The Calm Before... / Concrete Calls / India Ink / Don't Look Down / Skinless



Tabula RasaTabula Rasa
Tabula Rasa

曲名リスト
1.Dive In
2.The Calm Before…
3.…The Storm
4.Concrete Calls
5.(they breathe)
6.India Ink
7.Elastic
8.(as the light goes)
9.Insight and Sound
10.Liberty City
11.Don’t Look Down
12.(burnt and ready to fly)
13.Skinless
14.(earth in my bones)
15.Postscripts
16.Gliese 581 g

bandcampで詳しく見る


Tabula Rasa - The Calm Before…


Tabula Rasa - Concrete Calls


Twenty Seven Club
Magenta
B00ECXXJJK
Ghost Moon Orchestra
Mostly Autumn
B008M4HJU0
Fate Of A Dreamer : The Album & The Unplugged Sessions
Ambeon
B0060LFQFW
posted by kerkerian at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

Otep / Hydra(2013)

米Nu-Metalバンドによる6thアルバム。

既に1年近くが経ってしまいましたが、最後の作品と公言してリリースされた本作。2003年のデビュー盤"Sevas Tra"から追ってきた身としては、キワモノ的アングラバンドと思われた彼らがUSチャート上位にまで上り詰め、シーンを代表するバンドになる過程を見られたのは幸せなことでした。

4th"Smash the Control Machine"辺りから洗練されたAlternative-Metalの音になり、本作でもそれは変わらないのですがOtep嬢のスクリーミングにエフェクトが戻り、初期のようなDistorted Voiceが聴ける。楽曲もドゥーミーでアトモスフェリックなトラックにOtep嬢が鬱々と呟き悶々と呻く、「ならでは」のナンバーが特に後半多くを占めカオスさが戻ってきた印象。

これは多分に、例えるなら別れる間際の恋人に出会った頃の面影を探してノスタルジアに浸る…そんな私の主観が入っているゆえにあまり当てにならない感想かもしれない…ただ最後の"Hag"に1stの"T.R.I.C"のような荒々しく血沸き肉躍る感が再び垣間見られることは確かで、ポジティブな印象のままラストを迎えられて個人的には良かったと思います。

【Favorite Number】Blowtorch Nightlight / Seduce & Destroy / Apex Predator / Hag



HydraHydra
Otep

曲名リスト
1. Rising
2. Blowtorch Nightlight
3. Seduce & Destroy
4. Crush
5. Hematopia
6. Necromantic
7. Quarantine
8. Voyeur
9. Apex Predator
10. Feral Game
11. Livestock
12. Hag
13. Theophagy

Amazonで詳しく見る


Otep - Apex Predator


Otep - Warhead


III
ETHS
B007CHYWQ2
Decode - Deluxe Edition
Exilia
B007F46EVI
Best of
Coal Chamber
B0002KQOEY
タグ:US Nu Metal
posted by kerkerian at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月07日

Soko Friedhof / Black Magic(2013)

独Goth-Electroプロジェクトによる13thアルバム。

Untotenに続いて姉妹ユニットのご紹介…といっても2010年頃までSoko FriedhofはDavid A. Line氏が歌いGreta嬢がコーラスを取るという、Untotenメンバーによるパートチェンジユニットだった。ボーカルがMaria嬢に替わってからはFemale-Vocal比率が徐々に高まり今作では5割以上が女声となり、栄えあるオルタナティヴ弦奏アーティストの仲間入りを果たした訳です。何の誉れだか…!

同一人物が制作しているため大まかな音楽性はUntotenそのものだが向こうはポップサイド、こちらはダークサイドと大別できるだろう。インダストリアル性が強調され、荒々しいギターとエレクトロノイズによるホラーショウといったところか。正直David氏のボーカルは何年経っても拙いのだが、その不安定さこそが本ユニットを過剰にシリアスにさせず、ある種のユーモラスさを醸し出すことに一役買っている。そしてMaria嬢の情念的でときに威圧的な歌唱を際立たせることに成功している。デビュー17年目にして理想的なバランスを手に入れた彼ら…今後もUntotenと共にダークエレクトロシーンの中軸を担ってゆくはずだ…!

【Favorite Number】Cry for Me / Heart of Mary / Worship Me



Black MagicBlack Magic
Soko Friedhof

曲名リスト
1. Rise Again
2. Black Magic
3. Kinski
4. Cry for Me
5. Der Teufel Verfuhrt Die Welt
6. Heart Of Mary
7. Kill People
8. Mind Control
9. Worship Me
10. Since You Been Gone
11. Blood Of Jesus
12. Everywhere Outside
13. Monster

Amazonで詳しく見る


Soko Friedhof - Cry For Me


Soko Friedhof - Black Magic


Digitaler Verfall
Trummerwelten
B00077CYJQ
Der Neue Mensch
Homo Futura
B004UBB3GA
Schwanengesang
Xotox
B00BZLXVOK
posted by kerkerian at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

Untoten / Zeitmaschine(2013)

独ミュージカル・ユニットによる19枚目のアルバム。

変わらず毎年リリースのペースを崩さないUntoten。2011年の"Zombie 1"、"Zombie2"、2012年の"Eisenherz"に続いて今回もコンセプト作でテーマとなるのはタイトル通りタイムマシン。プロイセン時代から今日に至るまで、ドイツの光と暗部を炙りだすという正にUntotenにしか為し得ない壮大かつタブーに立ち向かった意欲作だ…"Feuer"ではナチの演説風サンプリングを乗せてるけど大丈夫なのかこれ…?汗

音楽的には前作辺りから垣間見えていた生バンド感…Electro-GothからGoth-Rockへの転換が顕著となっている。Industrial要素は残っているもののピアノやアコースティックを使ったバラードナンバーが多いのが印象的だ。Greta嬢も、時に冷徹に、時に可憐に歌い上げることで歴史の監視者を見事に演じ切っている。ドイツのみならず世界の調和と混沌を世に問う、美しく空恐ろしき怪盤だ。Untotenによるダーク・エレクトロシーンのヘゲモニーはここに完成をみた…!

【Favorite Number】Alles was ich weis / Ungeschehn / Wo sind meine Traume hin



ZeitmaschineZeitmaschine
Untoten

曲名リスト
1.Mitternacht 1899
2.Alles was ich weis
3.Ungeschehn
4.Weltschmerz
5.Feuer
6.Das zweite Gesicht
7.Geisterwelt
8.Willkommen in der Ewigkeit
9.Kinder der Unsterblichkeit
10.1900
11.Marchen
12.Wo sind meine Traume hin
13.Die Dunkelheit, mein Schild
14.Ellipse
15.Abgrund
16.Talking Ring
17.Zeitreise

Amazonで詳しく見る


Untoten - Alles, was ich weis


Th1rte3n
Sanguis Et Cinis
B0000A2YF9
Ein Mensch Ein Ding Ein R
Stillste Stund
B00004TVL1
Dunkle Energie
Umbra Et Imago
B00E0HJE2Y
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

Museum of Bellas Artes / Pieces(2013)

スウェーデンのElectro-Popユニットによる1stアルバム。

4年程前に"Who Do You Love"や"Watch the Glow"が話題となったMuseum of Bellas Artes。意外にも初となるフルレングス盤で、これまでの集大成となる一枚…かと思いきや彼らは既に先へ進んでいて、2012年のシングル"Bear Cubs"を除けば2013年の新曲ばかりとなった。

先に挙げた2曲で、キャッチーなSynth-Popビートにアコースティックギターをはじめとするメランコリックなフレーズが絡まる…そんなパブリックイメージかと思うが、最新型の彼らはよりアトモスフェリックな方向に行っている。冒頭の"Fantasia"では複雑に絡まる電子音はGlasserを髣髴とし、"Twine"では曲調こそSynth-PopだがAlice嬢による歌メロは悲哀の極みだ…!"Maze of Shell"や"Relapse"では彼らの持ち味であるスパニッシュめいたフレーズ(バンド名のBellas Artes=ベジャス・アルテス宮殿からくるイメージかもしれない)によるTrip-Hopで今後の彼らを占う重要作になりそう。

従来の都会的なSynth-PopにFolktronica、Trip-Hopとトラディショナルな味付けを施したスタイルに進化、いやメガシンカを遂げたといえるMuseum of Bellas Artes。これは是が非でもゲットせねばなるまい…!

【Favorite Number】Fantasia / Twine / Maze of Shell / Come What May



PiecesPieces
Museum of Bellas Artes

曲名リスト
1.Fantasia
2.Abyss
3.Twine
4.Maze of Shell
5.Swan Boats
6.Come What May
7.Bear Cubs
8.Relapse
9.Glass

Amazonで詳しく見る


Museum Of Bellas Artes - Twine


Museum Of Bellas Artes - Abyss


Lovely Things
Selebrities
B00CPSV94G
Cover My Face As the Animals C
Masquer
B005I7UDT8
Makthaverskan II
Makthaverskan
B00BFPX0IS
posted by kerkerian at 02:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする