2013年05月31日

Ayria / Plastic Makes Perfect(2013)

加のElectro嬢による4thアルバム。

Alfa Matrix特集その2。意外にもこれまで未レビューだったのですが、前作"Hearts for Bullets"から5年振りとなる超待望作。フルレンこそ4枚目ですが3枚のEPそして数多のコンピやコラボレーションで彼女の名前が確認できることから解る様に、既に同レーベルの重鎮的存在の10年選手である・・・!

Jennifer Parkin嬢のソロプロジェクトであるAyriaは"Awesome, Yeah Really, I'm Awesome"という解ったような解らんアクロニムを由来とする。アイドル的Gothっ子の出で立ちとは裏腹にFuture-Pop、EBMを主体とした結構エグいサウンドを鳴らします。綺麗めなSynth-Pop全盛の10'sにおいてその異色さは際立つが、Prodigy的digi-Rockの流れを汲みつつも、これまでの作品よりもメロディアスな側面が強調されている印象。

"Hunger"のCメロや"The Box Under My Bed"、"Letter From An Angel"で聴ける美しくもどこか寂寥感を湛えた雰囲気は、アジテーショナルな歌唱を主にしてきたJennifer嬢の新たな魅力となりそう。表題は恐らく"Plactice Makes Perfect"のもじりだと思うが、10年の歳月で熟成された、アーティフィシャルとエモーショナルの劇的融合による、げに艶やかなプラスティック・シンドローム…新境地を拓いた会心のアルバムと言えよう…!

【Favorite Number】Hunger / The Box Under My Bed / Letter From An Angel



Plastic Makes PerfectPlastic Makes Perfect
Ayria

曲名リスト
1.Hunger
2.Big Plans
3.All That Glitters
4.Games
5.Plastic Makes Perfect
6.Missed The Mark
7.The Box Under My Bed
8.Friends And Enemies
9.Three Months
10.Big City Lullaby
11.The New Style Of Riot
12.Letter From An Angel

Amazonで詳しく見る


Ayria - Hunger
Ayria - Plastic Makes Perfect


Back From the Dead
Zombie Girl
B000F5GSLK
Constant Fight
Seize
B0024DIZNA
Kill It With Fire
Prometheus Burning
B009INAMIK
posted by kerkerian at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

Helalyn Flowers / White Me In / Black Me Out(2013)

伊太利インダストリアル・ユニットによる3枚目。

Lovelorn Dolls、Diskarnateと期待の新星によるリリースが相次ぐ今年のAlfa Matrix。遂にメイン級アーティストの新作が投下され始めた…よって数回に渡りAlfa Matrix特集をさせて頂く。

Helalyn Flowersは"Stitches of Eden"より3年半振りとなる待望の本作は、冒頭の"Before The Sunshine"こそSynth-Pop感のある前作の延長線上にある楽曲だがアルバムを通してはElectro-Goth色の強い、ギターを前面に押し出したロック風味となっている。つまり1stの"A Voluntary Coincidence"に路線に回帰した印象だ。勿論アグレッションとポップネスが同居するIndustrialという軸にブレは無いため、単に楽曲の作風が今回は偶々そっち寄りだったという見方もできる。PJ Harveyのカバー"Rid Of Me"がチョイスされている辺りが象徴的かな。ほぼギターとVoのみで構成されている原曲を見事なまでにロマンティカIndustrialに染め上げられている。

個人的な好みで言えばポップ路線の2ndだがこれはまた聴き込むうちに変わってくるかもしれない。確かなのは抜群のセンスと暗黒美学によって妖艶に彩られた良質エレクトロであること。個人的には揺るぎない信頼を寄せる鉄板アーティストがまた1組加わった感があります。

【Favorite Number】Before The Sunshine / Rid Of Me / Utopia



White Me In/Black Me OutWhite Me In/Black Me Out (Limited)
Helalyn Flowers

曲名リスト
1. Before The Sunshine
2. Collide
3. White Me In Black Me Out
4. Tribes Of The Future
5. Alkaline Twins
6. Electric Night
7. Rid Of Me
8. Shake
9. Utopia
10. Hi-Tech Medusa
11. Lost In Translation

1. White Me In Black Me Out [Club Mix]
2. No Limits
3. Pet Sematary
4. Satisfaction
5. Before The Sunshine [AESTHETISCHE Club Mix]
6. White Me In Black Me Out [INERTIA RMX]
7. Before The Sunshine [STUDIO-X Remix]
8. White Me In Black Me Out [PSY'AVIAH RMX]
9. Before The Sunshine [Before The Sunset 1984 Mix by IMPLANT]
10. White Me In Black Me Out [JUNKSISTA RMX]
11. White Me In Black Me Out [NEIKKA RPM Remix]
12. White Me In Black Me Out [DIGITALIS PURPUREA RMX]
13. Tribes Of The Future [The Futures Uncertain Mix by CRYOGENICA]

Amazonで詳しく見る


Helalyn Flowers - Before The Sunshine
Helalyn Flowers - Collide


Things That Go Jump in the Nig
Jakalope
B0045CD67I
Home
Persephone
B00005UE3G
Meanwhile Back in the Jungle
Massiv in Mensch
B001INZ2N8
タグ:Italy industrial
posted by kerkerian at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

Marsheaux / Inhale(2013)

ギリシャElectro-Popデュオによる4thアルバム。

オリジナルアルバムとしては2009年の"Lumineux Noir"以来3年振りとなる本作。リリース作品としては昨年のレアトラック集"E-Bay Queen Is Dead"があるが、やはりクオリティはオリジナル作のほうが遥かに高いな・・・!

清々しいSynth-Popに乗るMarianthi嬢のクリアボイスはメロディの受け止め方が絶妙で、旋律がより美しく映える。例えるならどんな球でもストライクに見せてしまう名捕手のようだ。新要素としてはこれまでコーラスがメインだったSophie嬢が単独で歌う場面が増えたこと。Marianthi嬢と対照的なナチュラルボイスは良い意味でルーズさを生み、Synth-Popをロック風に駆動させるのに一役買っている。ラスト曲"End Is A New Start"の通りまさにMarsheauxの第2章が幕を開けた印象の快作、いよいよ世界を視野に捉えたか…!

【Favorite Number】Secret Place / Come On Now / Over & Over



InhaleInhale
Marsheaux

曲目リスト
1.Self Control
2.Secret Place
3.Inhale
4.To The End
5.Come On Now
6.Alone
7.Never Stop
8.August Day
9.Over & Over
10.End Is A New Start
11.Can U Stop Me (Extendead)

Amazonで詳しく見る


Marsheaux - Alone
Marsheaux - To The End


Wired:
Northern Kind
B0051815OG
Follow That Car!
Daybehavior
B0095K0YSE
Silent Years
Chinese Theatre
B001PMRCG2
posted by kerkerian at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

Aldious / District Zero(2013)

日アゲ嬢Metalバンドによる3rdアルバム。

2ndの"Determination"からVoが交代。新任のRe:NO嬢は前任のRami嬢以上にナチュラルボイスの持ち主で、一聴して非メタルなのは明らか中、新生Aldiousの作風が注目される本作は…より荒々しく、スラッシーな方向に舵を切ってきた。

個人的には"Defended Desire"のようなシンコペ多用、抒情的V系ロックが増えると思っていたのでこの「逆振り」はかなり意外だったがメロディアスさは変わらず、Re:NO嬢の繊細な歌唱とバックの激しさが良い塩梅でフェミニンさを引き立てており心地良い。要因として演奏陣の安定振り、格段に向上した音の仕上がりが特に大きく、耳に幸せな感じになっている。

ところで近年日本でも増えつつあるFemale-MetalですがVo嬢はみんな綺麗に歌いこなす系で、アクの強い個性には出会えない。そろそろ黒猫嬢Fuki嬢もっと言えば寺田姐さんや浜田麻里のような圧倒的な歌唱を持った人材が出てこないかな。

【Favorite Number】Ground Angel / 夜桜 / Desolate Love



Destrict ZeroDestrict Zero
Aldious

曲名リスト
1.Scrash
2.Misty Moon
3.Ground Angel (Album Version)
4.夜桜
5.Escape
6.Scabby Heart
7.Desolate Love
8.Raise Your Fist
9.White Crow (Album Version)
10.Re:peatedly
11.菊花

Amazonで詳しく見る


Aldious - Scrash
Aldious - White Crow


SCARLET
Mary's Blood
B009RE8LA6
Lady Made
Cyntia
B00B51BBYW
DESTROSE (デストローズ)
DESTROSE
B00BPPYQ5E
posted by kerkerian at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

Mastercastle / On Fire(2013)

伊Power-Metalバンドによる5thアルバム。

Witchcraftで俄かに甦るメタル魂。Mastercastleは同国を代表するベテランバンドの風情が漂っていますが実は1stの"The Phoenix"からまだ4年しか経っていない事実…!毎年律儀にアルバムリリースを重ね着実に実績を積み上げた成果でしょう。いま改めてそのデビュー作と聴き比べてみると、楽曲的にはその頃から完成されていたものの音のバリエーション、分厚さ、アレンジの妙は段違いだ。

そしてやはり耳を惹くのはGiorgia嬢による泣きメロ、クサメロである。当然Eleanorのような歌謡曲オリエンテッドのものとは異なるがイタリア、ドイツ勢メタルのメロディにはいつの時代もシンパシーを覚えるな…日独伊クサメロ同盟を締結すべきだな…!特に"Platinum"や"Leaden Roads"にはBlind GuardianやFair Warning辺りの匂いがして、あの頃のメタラーは悶絶すること請け合い。懐かしさと今様のElectroが融合した盤石の作品です。

【Favorite Number】Silver Eyes / Platinum / Leaden Roads



On FireOn Fire
Mastercastle

曲名リスト
1. Silver Eyes
2. Chains
3. Platinum
4. Quicksilver
5. Gold Violet
6. The Final Battle
7. Leaden Roads
8. Titanium Wings
9. Almost a Fantasy

Amazonで詳しく見る


Mastercastle - Chains
Mastercastle - Leaden Roads


Power Dive
Voices Of Destiny
B006IIA2AQ
Praying to the World
Dawn of Destiny
B007K0LLDS
We Speak
Yotangor
B008FRP57S
タグ:Italy Power Metal
posted by kerkerian at 03:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

Witchcraft / 7(2013)

露Gothic-Metalバンドによる3rdアルバム。

Electro勢とは対照的に、年々グッとくるメタルが漸減している。これはMetalという音楽が一定の仕様に則ったもので、謂わばクラシック化することで目移りし易い私のようなロイヤリティの低いリスナーに刺さり難くなっているのではないか?というか俺が老いただけなのか?そんな対メタル透明人間と化してしまった私の前に、救世主あわらるあらわる…!因みにこのWitchcraftは既に世界的な名声を得ているスウェーデンのDoom-Metalとは同名異バンドなので注意が必要だ。

薄いシンフォニアとダークトランシーを湛えた今様なGoth-Metalながら、Nu-Metalの荒々しさも備える彼ら。その暴虐性の源となるのがトレブリーでHRのエッセンスが散りばめられたギターと、男コーラスによる超高速ラップ。とくに"Шаг назад"での後者のそれはAsian Dub FoundationとかZebraheadとかを髣髴とする、00's初頭のノスタルジアに満ちておる・・・!そんな濁声とコントラストを成すAngel嬢の歌唱は、特徴は無いがAmy LeeやTarja Turunen系の正統派美ヴォイだ。全編ロシア語なのも良い。特にメタルは非英語というだけで神秘性が増して好印象になるね…何言ってるか解らないけど。

そして楽曲のバリエーション、特に最後の3曲…唐突な打ち込みアレンジによるTrip-Hop風(音が)な"Сердце океана"、ピアノ+ストリングスによる静謐バラードかと思いきや後半急にSynth-Popになる"Я не останусь"、極めつけはProgressive+Trance+Metalな"Холодный свет"。王道と覇道(邪道に近いw)を備えたこの恐るべき魅力を放つ一枚…聴きである。

【Favorite Number】Без меня / Сердце океана / Я не останусь / Холодный свет



Breathe Life Into The Essence7
WitchcrafT

曲名リスト
01. Intro
02. Ваше
03. Без меня
04. Шаг назад
05. 7 грех
06. Мои демоны
07. Осколки мыслей
08. Дыши со мной
09. Мой мёртвый ангел
10. Сердце океана
11. Я не останусь
12. Холодный свет
13. Outro



Witchcraft - 7 грех
Witchcraft - Без меня


Trouble Amarante (Reis)
Mypollux
B000BND5SK
Epithète, dominion, épitaphe
Aqme
B007JNDK62
Not Everybody Gets a Happy Ending
Die So Fluid
B0016GLZHY
posted by kerkerian at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

The Synthetic Dream Foundation / Where Drowned Suns Still Glimmer(2013)

USのElectroプロジェクトによる4thアルバム。

前作"Mechanical Serpent"から約2年半を経ての本作。これまで同様4人の歌姫によるDarkwave、IDM、、Electronica...現代エレクトロの粋を集めた、高揚感と味わい深さを兼備した素敵な作品となっている。曲調的には前作までのEBMやPsytrance的なアッパー系が減った印象。

歌姫達の個性という点ではAliyah Davis嬢のクールネス、豊かな中音域で包容するLauren Krothe嬢、透明感溢れるSummer Bowman嬢、Susan Siren嬢のソプラノボイスと各々異なる特徴を持ちながらも、声質的には同系統であることがThe Synthetic Dream Foundationの揺るぎない世界観を構築している…!1曲毎に挟まれるインストゥルメンタルが、歌もの曲のアウトロ、もしくはイントロとして機能しているような構成も見事としか言いようがない…!

【Favorite Number】Wings / Tempus Edax Rerum / Forever More



Where Drowned Suns Still GlimmerWhere Drowned Suns Still Glimmer
The Synthetic Dream Foundation

曲目リスト
1. Wings (feat. Aliyah Davis)
2. Medusa's Lair
3. Forever More (feat. Lauren Krothe)
4. Summoning Her Iron Golem
5. Tempus Edax Rerum (feat. Summer Bowman)
6. Deeper Beyond the Machines
7. Withering Resolve (feat. Susan Siren)
8. Cerce's Armoured Owls
9. Widow's Walk (feat. Susan Siren)

Amazonで詳しく見る


The Synthetic Dream Foundation - Forever More
The Synthetic Dream Foundation - Wings


Moon Ritual
Ephemeral Mists
B0020SQ1NK
Heart Whose Love Is Innocent
Tristesse De La Lune
B0000UN24G
Redemption
Flesh Field
B000059QH1
posted by kerkerian at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

Love And Radiation / You Will Know Me(2013)

USのElecro-Popデュオによる1stアルバム。

Diskarnateに続き、驚異的な新人が登場…!こちらは暗黒度合いは小さいものの、Synthの煌びやかさと、モコモコポンポンとしたキッチュさ、さらには艶めかしくホーンテッドな要素を併せ持つ非常にクオリティの高い作品。

ともにVoにしてコンポーズ、マルチ・インストゥルメンタリストであるAdele嬢とLakshmi嬢…そのビジュアルから「Electro界のオセロ」と名高い(名高くない)彼女達、Adele嬢(白)のほうは音楽家でありながら弁護士、ライター、編集者としての顔を持つ才女で積極的にWebsiteで情報発信するやり手。対してLakshmi嬢は容姿同様にミステリアスな存在…そんな立ち位置まであの白黒さんに酷似な訳だが末永く活動が続かんことを…ともあれアルバムオブザイヤー有力候補の逸品です。

【Favorite Number】Iron Child / Look For My Sign



You Will Know MeYou Will Know Me
Love and Radiation

曲目リスト
1.Winter
2.Iron Child
3.Ganymede
4.Augury
5.Heart Eater
6.Hunger Moon
7.Three Kingdoms
8.Look For My Sign

Amazonで詳しく見る


Love And Radiation - Three Kingdoms
Love And Radiation - Three Kingdoms


Leelanau
Dana Falconberry
B0096PS6LK
Northern Automatic Music
Panda Riot
B00AIP4IIM
Red Night
The Hundred In The Hands
B007TL2BG4
posted by kerkerian at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

Diskarnate / Greed(2013)

独Darkwaveユニットによるデビューアルバム。

先のPurple Fog Sideで味わった少なからぬ失望を、払拭する超暗黒星が登場したッ…!
2013年5月4日現在Last.fmのリスナー数135人、FBのいいね数316人という当ブログ的には久々の青田買いアーティストなれど名門Alfa Matrixという信頼性。

表題曲"Greed"冒頭の美しくも不穏なピアノで早くも持って行かれる。4つ打ちにトランシーなSynth、微かにザラついたエレクトロノイズにSusan嬢のクールネスVoが映える…当にいま自分が求めていた王道Darkwaveである…こうした、昨今の煌びやかなElectroながら陰や深淵さを纏ったジャンルをAtomo(spheric)Electro-Pop"というらしい。IDMの踊れる版とも言えるかな。

サウンドのみならず、メロディの叙情性もDiskarnateの特徴。静かながらもエモーショナルに歌い上げるVoスタイルが劇的にマッチ。どの曲のどこを切っても溜息が出るような陶酔感に浸れる驚異のデビュー作。同レーベルのI:Scintilla好きならチェックしておいて間違いはない。

【Favorite Number】Greed / infinity / Empire / Seven-sorrows



GreedGreed
Diskarnate

曲目リスト
1. Greed
2. Comet
3. Infinity
4. Empire
5. Late Night Song
6. Seven Sorrows
7. Lorelei
8. Wicked Mortal
9. In Darkest Night
10. Diskarnate

Amazonで詳しく見る


Diskarnate - Greed
Diskarnate - Seven Sorrows


Plastic Makes Perfect
Ayria
B00C2U6FJ6
White Me In/Black Me Out
Helalyn Flowers
B00C6WSDB8
Skin Tight
I:Scintilla
B00AJMSFRO
posted by kerkerian at 03:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする