2013年03月31日

Feathers / If All Here Now(2013)

USのElectro-Popバンドによる1stアルバム。

All-Female Bandにして清冽なElectro-Pop、ShoegazeやPositive-Punk、ダークなSynth-Popまで素晴らしくクオリティの高い作品を放ってきた彼女達。アイドルユニット的アー写からは想像できない本格派で、これは只物ではないな…とバイオグラフィを調べたところ中心人物はSSWにしてCruel Black DoveのシンガーAnastasia嬢。Feathersは寧ろAnastasia嬢による新プロジェクトだったのだ…!腑に落ちた。

そのCBDからはDarkwave色を薄めたような音楽性で、フェミニンさを強調しながらもDepeche Mode的ノスタルジアや内省的な部分が影を落とす。80'sのGothやNew-Wave感を残しつつも多様な素材を用いたモダンかつ緻密なサウンドメイクが秀逸で、これはZola Jesusを手掛けたプロデューサーによる手腕も大きいのだろう。

唯一苦言を呈するなら、検索泣かせのBig word過ぎるバンド名。しかし本作の比類なき完成度とルックス含めたメジャー感に、"Feather"という単語が彼女達の代名詞となる予感が漂う。Clientがそうであったように。

【Favorite Number】Land Of The Innocent / Soft / Fire In The Night / Believe



NeverIf All Here Now
Feathers

曲名リスト
1. Land Of The Innocent
2. Soft
3. Dark Matter
4. Night Seances
5. Familiar So Strange
6. Fire In The Night
7. Believe
8. Dream Song
9. Leaves Start Trembling
10. Welcome Possession

Soundcloudで詳しく見る


Feathers - Land of the Innocent
Feathers - Soft


Full Powers
Cruel Black Dove
B001AU6GCU
Stridulum II
Zola Jesus
B003P6BB5Y
Client
Client
B00009XH5F
posted by kerkerian at 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

Universe217 / Never(2013)

ギリシャのDoom-Metalバンドによる3rdアルバム。

春のドゥーム祭り…と銘打って本来はStill Phantomsの新譜"Lost At Sea"を取り上げたかったのですが、全くDoomでもAmbientでもないキャッチーなMetalと化しており絶望していたところ出会っちゃいましたUniverse217。何と言う怪我の功名、これまで聴いたFemaleものDoom-Metalでは最高傑作の勢いだ。

超スローテンポ楽曲に、全体を覆いつくすアンビエントな雰囲気…何よりTanya嬢による「絶唱」が特大のインパクト。LoreweaverのBarbara嬢を髣髴とする朗々とした、ときに猛々しいVoは暗黒アトモスフェリックなバックトラックと相俟って異様な圧を放っている…例えるなら女性版クリス・コーネルといったところか。必然、聴う側は疲弊してしまうタイプの音楽だが、この緊張感そして耳を捉えて離さない美旋律、10分に及ぶ大作"She"に象徴される美声と濁声のコントラストは、DoomやProgressiveに有りがちな退屈さとは無縁の、寧ろエンターテイメントに富んだ音楽とさえ断言できる。2013年の暗黒音楽界に爪痕を残す作品と言えよう。

【Favorite Number】Mouth / Gravity / She



NeverNever
Universe217

曲名リスト
1. Mouth
2. Enter
3. Mark My Word
4. Stay
5. Gravity
6. Harm
7. She
8. Electrified
9. Never

Bandcampで詳しく見る


Universe217 - Gravity
Universe217 - Harm


Cauldron of the Wild
Witch Mountain
B007XUMJ7C
Dommedagsnatt
Thorr's Hammer
B0001O3VME
Cvi
Royal Thunder
B006W1M1LW
posted by kerkerian at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

Kelli Ali / Band Of Angels(2013)

UKのエレクトロSSWによる4thアルバム(コラボやリワークものは除く)

ジャケで損しているタイプのKelli嬢。今回もセレビッチなR&Bモノのようなアートワークとは裏腹な良エレクトロ作品で、逆説的な安心感をもたらしてくれます。2nd"Psychic Cat"ではElectroclash、3rd"Rocking Horse"ではアコースティック・ポップスと時代のトレンドを押さえつつも、ベースにあるのはSneaker Pimps時代からの代名詞であるTrip-Hopだった。

そして今作では、驚くべきことにTrip-Hop的なDowntempoものが"Silent Requiem"と"Eternity"くらい。他は"Kiss Me Cleopatra"や"When Darkness Falls"のようなSynth-Pop、"In The House Of Love"のニューウェーヴ的なやつ、"Band Of Angels"に代表されるピアノとストリングスによるミニマルなバラード…ようはバラエティに富んだポップアルバムに仕上がっている。しかしケリー嬢のチャーミングなVoは不変で、さらに大きな包容力で音を紡いでいきます。

相変わらず他アーティストとのコラボレーションの方が活発ではありますが、改めてElectro系SSWではシーン最高峰の実力を知らしめた今作…こうなるとSneaker Pimpsオリジナルメンバーでの再結成なんかも期待してしまいたくなる。何しろアルバム"Becoming X"一枚で伝説を作ってしまった彼女。熟成されたスキルで改めてあの頃の曲を聴かせて欲しいと思うのは俺だけだろうか…?

【Favorite Number】Silent Requiem / Kiss Me Cleopatra / In The House Of Love / Band Of Angels



House OfwondersBand Of Angels
Kelli Ali

曲名リスト
1. The Art Of Love
2. The Hunter
3. Silent Requiem
4. Kiss Me Cleopatra
5. Falling
6. In The House Of Love
7. Fear My Shepherd
8. When Darkness Falls
9. Band Of Angels
10. Eternity

Amazonで詳しく見る


Kelli Ali - Kids
Kelli Ali - Inferno High Love


Drystar
Airlock
B003IQVLU6
Hungry Years
Chungking
B0002XB8TC
Everything Is Expensive
Esthero
B009PAH7TS
posted by kerkerian at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

Lovelorn Dolls / House Of Wonders(2013)

ベルギーのAlternative-Metalユニットよる1stフルアルバム。

暗黒音楽界の雄、Alfa Matrixが放つ新星は、同レーベルでは異色ともいえるオーソドックスなMetalを標榜する。ミッドテンポ中心の楽曲はElectroやトランシーが薄っすらと使われている以外はシンフォニアも無く、ひたすらソリッドなバンドサウンドだ。完成度は高いものの特に際立ったメロディも見つからず、Kristell Lowagie嬢(aka Ladyhell)の歌唱は安定感があるものの「聴き易い」どまり。

しかし本番…いや本盤はLimited EditionのDisc-2にあった。Helalyn FlowersDiffuzionPsy'AviahMari Chromeら錚々たるレーベルメイトによるRemix集。薄味のDisc-1が目くるめくDarkwave、Industrial、EBMに仕立て上げられ、こちらが完成版ですと言いたげな内容だ…!さながらアーティストを使ったAlfa Matrix見本市の様相で、Lovelorn Dollsの立場は…?そして今後の音楽性はどうシフトしてゆくのか…?レーベルの中で異彩を放ち続けるのか、暗黒電子系に飲み込まれるのか、はたまた他レーベルメイトの憑代と成り続けるのか…?色々な意味で目が離せないユニットだ。

【Favorite Number】After Dark / Purple / Euphoria



House OfwondersHouse Ofwonders
Lovelorn Dolls

曲名リスト
1. House of Wonders (intro)
2. After Dark
3. Purple
4. Save me from Myself
5. Mother of the Universe
6. Frozen Inside
7. Aux Dieux
8. No-Life
9. Feel Myself with You
10. Inside my Head
11. Euphoria
12. In your Room
13. Rats
14. Final Curtain (outro)

1. Save Me From Myself (unplugged version)
2. After dark (Junksista deathproof Remix)
3. Purple (Helalyn Flowers Remix)
4. Mother Of The Universe (HellSector Mix)
5. After Dark (Essence Of Mind Remix)
6. No-Life (Diffuzion Remix)
7. Purple (PsyAviah Remix)
8. After Dark (Mari Chrome Remix)
9. No-Life (Acylum Remix)
10. Aux Dieux (Implant Remix)
11. No-Life (Diskonnekted Remix)

Amazonで詳しく見る


Lovelorn Dolls - Purple
Lovelorn Dolls - After Dark


Project Ava
Kerstin Bischof
B009Y6VKXM
Amygdala
Ex Libris
B001LOYSAC
Antler Velvet
Embassy Of Silence
B007ZZKWDI
posted by kerkerian at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

Vivienne Mort / Teatr Pipino(2013)

ウクライナのExperimental-Rockバンドよる1stフルアルバム。

冒頭の"Перейди, місяцю!"や"Сліди маленьких рук"、"Голубка"などのスロー曲で聴かれるJazzとIndie-Popのクロスオーバーは解放感のあるFiona Apple、或いは"ГГПТКН"や"День, коли святі...."の癖のある疾走感はUnexpected辺りのPsychedelic感もあったり。総じて凄まじく音楽偏差値の高い、それでいて大衆受けする完璧なポップネスをも兼備した、そんな作品です。

サウンドの軸を担うPiano始め演奏陣の鉄壁アンサンブルもさることながら、やはりKate嬢によるミュージカライズドされた歌唱に尽きる。ムーディーさと激情を湛えたそのスタイルは、ロシア語圏のディスアドバンテージさえなければとっくにオーバーグラウンドシーンに打電されていてもおかしくない存在。Darkwaveものが主に取り上げられてきたが、非エレクトロなロシア音楽も聴き逃せない…そしてやはり背徳的な雰囲気という共通項が依然あるのも興味深い。

【Favorite Number】ГГПТКН / Камінсорі



MoreTeatr Pipino
Vivienne Mort

曲名リスト
1. Перейди, місяцю
2. ГГПТКН
3. День, коли святі
4. Камінсорі
5. Сліди маленьких рук
6. Остання роль
7. Голубка
8. Ірен
9. Зірочка

オフィシャルで詳しく見る


Vivienne Mort - Veсhir
Vivienne Mort - Перейди, Місяцю


Translitom
Zapaska
B005IFWSJ8
Dirty Hands
Johnny Hollow
B0011JYE0Q
Idler Wheel
Fiona Apple
B007VTVGFQ
posted by kerkerian at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

Everlyn / A Ticket To The Moon(2013)

スペインのAlrernative-Rockバンドによる1stアルバム。

La Oreja de Van GoghAnkorと近年とみに良質なAlternative-Rockを輩出する同国。Everlynの音楽性は両者の中間くらいで重量感と疾走感に溢れ、抜群のポップネスを持ったPop-Rock、或いはEmoにカテゴライズできそうな感じ。

さらに昨今のトレンドであるElectro要素も、Keyによるトランシー程度ながらしっかり押さえており、デビュー作ながら世界基準の完成度…日本でもKidsの支持が獲得できればParamoreやTonight Alive級の存在になるかも…とりわけKarol嬢の突き抜けたチャームボイスはメジャー感と訴求力充分。あとはスペインローカルからオーバーグラウンドにのし上がれるか…まずはAmazonやiTunesdの流通に乗るところから期待しつつ。。

【Favorite Number】Dreams Are For Those Who Sleep / Pointless Road



MoreMore
Soldout

曲名リスト
1. What Goes Around
2. Dreams Are For Those Who Sleep
3. One Ticket To The Moon Please
4. Tested Lives
5. Analogies
6. Vortex
7. Pointless Road
8. Time To Change
9. Anything But Easy
10. It's Not Me It's You
11. 3 Years Ago
12. The Last Letter

Pledgemusicで詳しく見る


Everlyn - Time To Change
Everlyn - Dreams Are For Those Who Sleep


Pages
Bright Light Parade
B008CP6MS4
Wake Up
Paige Armstrong
B002LQL1M2
Against the Tides
Stay the Night
B003N7R1X6
posted by kerkerian at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

Soldout / More(2013)

ベルギーのエレクトロ・ポップデュオによる1stアルバム。

Hip-Hopユニットみたいな名前、なんかの映画みたいな淫靡なジャケット、王道Synth-Popなサウンドと様々なデジャヴュ、デジャアンタンデュを孕んだ本作。オリジナリティを見出すのが難しいですが個人的に昨年9月のBunny Lake以来のクール系Electroだったため、耳がこういうのを求めていたんでしょう。年末には記憶にも残っていない作品だろうと思われる。

それでも疾走感…ときに失踪感を携えたノスタルジックな雰囲気、ボーカチョップ加工を交えつつの処によりElectroclash、Charlotte嬢の透明感のあるVoは安定のSynth-Popである。偶にはこういった、通り過ぎる風景的な滋味アルバムに思いを馳せるのも悪くない。私達が触れる音楽の大半はそうなのだから。

【Favorite Number】A Drop Of Water / Off Glory / No More Pride



MoreMore
Soldout

曲名リスト
1. Right Now
2. Wazabi
3. 94
4. A Drop Of Water
5. Off Glory
6. Relics
7. Far Away
8. About You
9. No More Pride

Amazonで詳しく見る


Soldout - Off Glory
Soldout - 94


Chrome Tape
Motormark
B0002IE4DO
Sacrificial
Dandi Wind
B0019V1E1S
What Did You Do?
Warren Suicide
B001LHMWZW
posted by kerkerian at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

How To Destroy Angels / Welcome Oblivion(2013)

米Post-Industrialユニットによる1stフルアルバム。

「天使の倒し方、知らないでしょ?俺らはもう知ってますよ」
射幸心を煽る売り方だけに長けた新興勢力の台詞なら只の虚仮おどしっぽいですが、暗黒電子音楽のカリスマ、トレント・レズナー氏なら俄然リアリティを帯びてくる…かれはこの30年間で既に数多の天使を血祭りに上げているのだ…!

10年リリースの1stEPはシングル"A Drowning"はじめ非常に聴き易く、トレント氏のポップサイドが顕著に出ていたが、本作では急激にDark-Ambient化。前作見られた氏の細君、Mariqueen嬢による純粋な歌ものの割合は減少。直線的なビートが刻まれる事は殆ど無く、浮遊する電子のエレメンツと時折浮き上がる美しいメロディはNine Inch Nailsの大名曲"Hurt"を髣髴する…もっともあの「鬱くしさ」はここには無く純粋な美しさだが…。

エンジェリックをも上回る優美な音像と、無慈悲に責め立てるノイズの奔流…そのギャップによる精神攻撃は、NINとはまた違ったアプローチによる天使破壊だ…また私の暗黒音楽ライブラリにお気に入りが加わった。

【Favorite Number】And the sky began to scream / Ice age / On the wing



Welcome OblivionWelcome Oblivion
How to Destroy Angels

曲名リスト
1. The wake-up
2. Keep it together
3. And the sky began to scream
4. Welcome oblivion
5. Ice age
6. On the wing
7. Too late, all gone
8. How long?
9. Strings and attractors
10. We fade away
11. Recursive self-improvement
12. The loop closes
13. Hallowed ground

Amazonで詳しく見る


How To Destroy Angels - Keep it together
How To Destroy Angels - Ice age


Glo
Hungry Lucy
B00008D4FW
Holy Rain
Black Glass
B009S6H1HW
Rise & Fall
Dargaard
B0001M6GDM
タグ:darkwave ambient US
posted by kerkerian at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

21 Hertz / Infinity Coast(2013)

スウェーデンのTrip-Hopバンドによる2ndアルバム。

ラウンジィで優美なTrip-Hopはブリストル・サウンドの最新Verといえるが、エレクトロニクスをふんだんに盛り込んだサウンドスケープはアブストラクトにも富んだ極上の出来。LoolacomaのIDMとThe Silk Demiseのオーガニック感を併せ持つ感じ。

さらにElectronica留まらず"My Neighborhood"はバンドらしい重厚感のあるギターリフをも聴かせる。そんなダークながらも多彩な楽曲群においてKarin嬢の歌唱が光る。一定の熱量でクールネスを保ちつつも、エモーションを押し殺すように吐き出す様はブレイクスやロック性も垣間見える21 Hertzの音楽性と相俟ってドラマティックさを演出している。

静謐でありながら刺激的、エンジェリックでありながら底の見えない深淵を覗き込むような本作…2013年最初の傑作を見つけた。

【Favorite Number】Infinity Coast / My Neighborhood / Watching You



Infinity CoastInfinity Coast
21 Hertz

曲目リスト
1. Scents
2. Infinity Coast
3. Butcher
4. My Neighborhood
5. Watching You
6. Touching
7. Travelling
8. My House
9. Greed

Amazonで詳しく見る


21 Hertz - Watching you
21 Hertz - Infinity coast


Suicidal Adage
Lendi Vexer
B000CA9ASG
Beneath Trembling Lanterns
R/R Coseboom
B000GW899G
Breathe in
Beauty's Confusion
B0007WSLHK
posted by kerkerian at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

The Joy Formidable / Wolf's Law(2013)

英Alternative-Rockバンドによる2ndアルバム。

1st"The Big Roar"から丁度2年でのリリースとなる本作。刮目せよと記事にした直後、UKチャートのみならず米ビルボードでもトップ10に入り、数か月後には日ワーナーでもリリースと、数億PVを誇る当ブログのインフルエンサー振りを見せつけたといえる…!

さて…誇張遊戯はそれまでにして、この世界的な評価はバンドの実力に見合ったものと言える。2作目も否応なしに00's半ばのノスタルジアを連れてくる…例えば3ピースのダイナミズムはBiffy Clyroを髣髴とし、"Maw Maw Song"の大陸的味わいはArcade Fireのアートロック感に通ずる。何よりVo&GtのRitzy嬢はカレン・Oのような天然系カリスマだ…!

疾走感や音の分厚さを増しつつも、ピアノやアコースティックによるミニマルな引き出しも増した本作…10'sのIndie-Rockの牽引車となる態勢は整ったと言える。少なくとも2013年を代表する作品であることは確かだ。

【Favorite Number】This Ladder Is Ours / Cholla / Little Blimp / Maw Maw Song



Wolf's LawWolf's Law
Joy Formidable

曲名リスト
1.This Ladder Is Ours
2.Cholla
3.Tendons
4.Little Blimp
5.Bats
6.Silent Treatment
7.Maw Maw Song
8.Forest Serenade
9.The Leopard And The Lung
10.The Hurdle
11.The Turnaround Wolf's Law

Amazonで詳しく見る


The Joy Formidable - Cholla
The Joy Formidable - Whirring


Reign of Terror
Sleigh Bells
B006UFH4N0
In Time to Voices
Blood Red Shoes
B0070CFO4I
Ghostory
School Of Seven Bells
B006NRLCSI
posted by kerkerian at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする