2012年10月28日

LIV MOON / The End of the Beginning(2012)

日シンフォ・メタルプロジェクトによる4thアルバム。

ついこの間3rdの感想を書いたばかりな気がするが…なんと18ヶ月で3枚というハイペース。"DOUBLE MOON"、"GOLDEN MOON"、"SYMPHONIC MOON"と「MOON三部作」が完結し、本作はAKANE嬢のルーツともいえる北欧神話をモチーフにした内容。新章の幕開けに相応しい充実作だ。

壮大なクワイアで幕を開ける"Free Your Soul"に象徴されるように、どこかフェイクっぽさが残っていた彼らのメタルが本格派Symphonic-Metalとして完成をみた、という印象。とりわけクサメロが全開ながら、決して「ダサメロ」ではない点がこれまでとの違い。世界観、楽曲クオリティ、AKANE嬢の演技派女優ぶりが噛み合った、LIV MOONの最高傑作が遂に産み落とされてしまったな…!

【Favorite Number】 Free Your Soul / Fountain of My Pleasure / The End of the Beginning

THE END OF THE BEGINNINGTHE END OF THE BEGINNING
LIV MOON

曲名リスト
1. Prologue
2. Free your Soul
3. Fountain of my Pleasure
4. And Forever More
5. Black Fairy
6. The End of the Beginning
7. Valhalla
8. Midsummer Eve
9. Hell
10. 霧の葬送曲
11. Land of Spirit
12. Immortals
13. 黄金の涙
14. Voyage

1. And Forever More (Music Video)
2. THE END OF THE BEGINNING Recording Footage

Amazonで詳しく見る


LIV MOON / And Forever More
LIV MOON / Kiss me Kill me


White Crow(DVD付)
Aldious
B009IQA4CG
Colors of Conflict
Masterpiece
B000FMQW8C
Dawn Of The Rebellion
G∀LMET
B008UKIG4Y
posted by kerkerian at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

The Moon Belongs To Everyone / Existentia(2012)

ウクライナのPost-Rockバンドによる1stアルバム。

Bandcampで無造作に全曲公開されている本作(一応$7USD以上のName your own price)、オフィシャルサイトすら未確認のためそのバイオグラフィは一切の謎に包まれる彼ら…しかしこの8曲入りアルバムに、Pure Reason Revolutionを発見した時のような鮮烈な感動を覚えている…!

スタイルはドラマティックな展開が目くるめくPost-Rockで、へヴィネスと空間系を行き来するギターに彩られたアートロックの風合い。プログレ的とも言えるが、疾走感やメロの美しさはどちらかというと00'sエモの影響が大きそうだ。あとは狂的なElectroやシンフォニックを一切使わないオーガニックな音作りのみでシアトリカルな世界観を表現している辺りにスキルの高さが窺える。

Vo嬢(当然名前は解らない)はこのバンドでは主役とは言えないが、凛としたナチュラルトーンで彩りを添える。何よりPost-RockでFemale Vocalものというだけで意義は大きい…Panic RoomMagenta好きにはおススメ。

【Favorite Number】 Nausea / Collapse Is Inevitable / Lost In Reverie (Part 1)

ExistentiaExistentia
The Moon Belongs To Everyone

曲名リスト
1. Far Away
2. Nausea
3. Disdain
4. Collapse Is Inevitable
5. Man In The Case
6. Memories
7. Lost In Reverie (Part 1)
8. Lost In Reverie (Part 2)

Bandcampで詳しく見る


Chameleon
Magenta
B005WRVC0I
Satellite
Panic Room
B002XUJMM2
Hammer & Anvil
Pure Reason Revolution
B0041O5S8U
posted by kerkerian at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

00tz 00tz / Alter Eden(2012)

米EBMユニットによる3rdアルバム。

最近、頻にポップアーティストを紹介していたので久々のDark-Electroだ。黒い血が騒ぐぜ…!本作よりBow Ever DownSilent AuctionらクールめなEBMアーティストを擁するNilaihah Recordsに移った彼ら。その影響か、前作"Frequency Damage"には無かった緩急が聴いて取れる。彼らの代名詞である殺傷力の高いHarsh-Electro Industrialが若干柔らかくなり、Krysta嬢の妖艶ヴォイのエフェクトがクリア気味に施されよりエロティカルな印象を与える。

EBMというジャンルにおいて歌はアジテーション重視なため、メロディックな部分はダークトランシーが担うことになる。00tz 00tzはこの部分が極めてキャッチーなため、ポップな印象すら与える。加えてトランス以外の上物のセンスが抜群。一定のBPMが続き時に単調にもなりがちなEBMで、飽きのこないポップネスを携える彼らは貴重な存在。是非ともプレイリストに加えておきたい音楽だ。

【Favorite Number】 Living Hell / Cycle / Ignorance Is Bliss



Alter EdenAlter Eden
00tz 00tz

曲名リスト
1. Living Hell
2. Cycle
3. Break Free
4. Bleeder
5. Reality
6. Defeat
7. Cry Out Loud
8. Ignorance Is Bliss
9. Reawakening
10. Play God
11. Star
12. Vlhc
13. Living Hell (Sonik Foundry Remix)
14. Bleeder (Blood Step Mix)

Amazonで詳しく見る


00tz 00tz - Alter Eden(Teaser)
00tz 00tz - Eyes


Intelligent Demise
Xuberx
B001G9FE0A
Junkies & Snakes
Meg Lee Chin
B00005087O
Salut Jacques
La Floa Maldita
B0001VS870
タグ:US EBM industrial
posted by kerkerian at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

Ellie Goulding / Halcyon(2012)

英SSWによる2ndアルバム。

Electroの歌姫といえば日本ではアイドル的売り出し方が多いが、世界的にはSSWがメインストリーム。Lady GagaやAdeleは言うに及ばず…そしてこのEllie Gouldingもデビュー作"Lights"でBrit Awardsはじめ各賞を受賞あるいはノミネートされ、一躍トップアーティストの仲間入りした注目の存在。

R&BやElectronicaに留まらず、HM/HRやFolkと幅広いルーツを公言するだけあって、単なるエレクトロ・ディーヴァに留まらない雑食性、マニアックな一面を見せる彼女…Voスタイル的にはBjorkやJoni Mitchell、Lauryn Hill辺りの影響が窺える。そしてどの楽曲も極めて普遍的なポップを主張し、Ellie嬢が優れたメロディメーカーでもあることを証明。

前作のヒットにより「Ellie Goulding=売れっ子シンガー」のくらいの認識を持っている向きには、驚くべき才能を秘めたアーティストとして衝撃を与えること必至な本作。当ブログ的にもアルバムオブザイヤー候補であることは言うまでもない。

【Favorite Number】 Don't Say A Word / Tightly



HalcyonHalcyon
Ellie Goulding

曲名リスト
1.Don’t Say A Word
2.My Blood
3.Anything Could Happen
4.Only You
5.Halcyon
6.Figure 8
7.Joy
8.Hanging On
9.Explosions
10.I Know You Care
11.Atlantis
12.Dead In The Water
13.I Need Your Love (Feat. Calvin Harris)
14.Lights (Single Version)

Amazonで詳しく見る


Ellie Goulding - Anything Could Happen
Ellie Goulding - Lights


Ora
Rita Ora
B008LV05EG
Born to Die
Lana Del Rey
B005QJZ5FA
Empathy
Mandalay
B000024YN7
posted by kerkerian at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

Kosheen / Independence(2012)

UKエレクトロバンドによる4thアルバム。

日本では歯痒い程に知名度がサッパリな彼らだが、個人的にはFemale-Electro界ではGoldfrappLadytronに匹敵するクオリティを携えたアーティストと目している…そんなKosheenのデビュー作"Resist"からのKosheenリスナーとしては、物凄く思い切ったバージョンアップを遂げたなという印象だ…勿論ポジティブな意味でだ。

2nd"Kokopelli"まではBristol出身らしくオーガニックなTrip-Hopの印象が強かったが、3rd"Damage"では一転Electronicaに。そして今回は煌びやかなSynthサウンドを軸にMinimal-House的な楽曲からDowntempo系まで幅広く揃えた、例うるなら以前はAlphaやSneaker Pimpsフォロワーと思っていたのが本作ではMolokoの後継者を襲名したと。Sian嬢の歌唱も一際存在感を増し、正にポストRoisin Murphyと言って良い程だ…!

Dubstep等アップトゥデイトなElectroのトレンドを抑えつつもどこか懐かしい…その名の由来通り古くて新しい=古(Ko)新(Shin)を体現する本作、バンドの起源といえるわが国で支持されて然るべき音楽なのである。

【Favorite Number】 Get A New One / Tightly



IndependenceIndependence
Kosheen

曲名リスト
1. Addict
2. Get A New One
3. Tightly
4. Bella Donna
5. Dependency
6. Manic
7. Zone 8
8. Mannequin
9. Something New (Visionz Mix)
10. Out There
11. Enter
12. You Don`t Own Me (Dungeon Mix)
13. Waste
14. Spies

Amazonで詳しく見る


Kosheen - Get A New One
Kosheen - Catch


Big Calm
Morcheeba
B0000065JZ
The Dance
Faithless
B003F8LSBY
Empathy
Mandalay
B000024YN7
posted by kerkerian at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

The Birthday Massacre / Hide And Seek(2012)

カナダのSynth-Rockバンドによる5thアルバム。

ヴァイオレットのアートワーク、Goth/Darkwaveを纏いつつも煌びやかなSynth-Rockとデビュー以来一切ブレることのないTBM様式美は今作も健在。一聴して彼らと解る無二の音は益々研磨された…そんな印象だ。

しかしながら…疾走曲"Leaving Tonight"は"Falling Down"の胸打つロマンティシズムには及ばず、数少ないヘヴィナンバー"Down"も"Red Stars"程の昂揚感は得られず…前作"Pins And Needles"から気になっていた「曲の弱さ」がより露わになっていて残念ながらヘヴィロテには至らない現状だ。3rdの"Walking With Strangers"があまりに神過ぎたのか、未だに私のTBMプレイリストはWalking〜か同時期のライブ盤"Show And Tell"ばかりが連なる。

Chibi嬢が濁声にチャレンジしたり、リズムパターンにダブやドラムン要素を入れたりと進化の萌芽は見えるだけに、あとは一発で掴まれるフックとメロを備えた楽曲さえあればといったところか。もう一度捲土重来を期待したいところだ。

【Favorite Number】 One Promise / In This Moment / The Long Way Home



Hide & SeekHide & Seek
Birthday Massacre

曲名リスト
1. Leaving Tonight
2. Down
3. Play With Fire
4. Need
5. Calling
6. Alibis
7. One Promise
8. In This Moment
9. Cover My Eyes
10. The Long Way Home

Amazonで詳しく見る


The Birthday Massacre - Down
The Birthday Massacre - One Promise


From a Bleeding Heart
Beseech
B0000060ZP
7 Benedictions/7 Maledici
Bloodflowerz
B00008VAJ6
Suck Me Dry
Die So Fluid
B000063IS1
posted by kerkerian at 14:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

8mm / Between The Devil and Two Black Hearts(2012)

US Alternative-Rockデュオによる2ndフル作。EP含めると5枚目くらい。

2012年面食らったで賞最有力候補かもしれない…8mmを聴くのは前回のフルアルバム、2006年"Songs to Love and Die By"な訳だが、内省的なTrip-Hopをオーガニック/エレクトロを50/50くらいの配分で鳴らすアトモスフェリックなバンドだった筈だった…少なくとも俺の好きな8mmは。

それからどう紆余曲折を経たのか存じ上げないが、6年振りの本作はまずジャケがセレブってる、つーかエロい。畑違いの煌びやかさにグラムロックにでも転向か?と逆に興味津々で音源を取り寄せたところ、ブルージーなロックだったと。何とも中途半端なガッカリ感だ。

冒頭表題曲の「90'sの"Loser"や00'sの"Seven Nation Army"テイストを狙ってみました的なところとか、全編骨太ブルースロックとかJuliette嬢のVoと夫のSean氏とのダブルボーカルに様変わりした点とか色々と失望ポイントはあるが、やはりもうTrip-Hopバンド8mmは居ないのかという喪失感が全てである。



Between the Devil and Two Black HeartsBetween the Devil and Two Black Hearts
8mm

曲目リスト
1.Between The Devil and Two Black Hearts
2.Kin
3.Around The Sun
4.You Brought The Fire
5.The Weight of You
6.The One
7.Everybody Says
8.Glimmering

Amazonで詳しく見る


8mm - Around the Sun
8mm- Give It Up


Welcome to the Afternoon
Lisa Mitchell
B001953P0C
Breathe in
Beauty's Confusion
B0007WSLHK
Come from Heaven
Alpha
B000024U2S
posted by kerkerian at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする