2012年01月09日

Diffuzion / Winter Cities(2011)

ベラルーシのDarkwaveユニットによる2ndアルバム。

前作"Body Code"から3年振りとなる本作。一通り聴いた印象は2つ、EBM曲一辺倒だった楽曲に格段にバリエーションが増したことと、「歌もの」がほぼ消え失せた点である。全体として深化を遂げ地味ながらも「クラブサウンドトラック集」となった本作。作業用BGMとしても機能するんじゃないでしょうか(あまり褒めてない)

Trip-Hopテイストの"Lace Of Veins"、Synth-Popの"The One"などのDowntempo系はメランコリアに満ちた良曲だけに、Xev嬢のVo(声もメロディラインも含め)がもっと前面に出てくれば、ポストCollide的暗黒エレクトロニカを期待できるのだが…各処で言及されているキラー曲の無さも、この辺に要因があるのかも…これはもう、ベラルーシはAzidaに期待するしかないのか?

【Favorite Number】 Lace Of Veins / CY-27



Winter CitiesWinter Cities
Diffuzion

曲名リスト
1. Winter Cities
2. Dbd (While You Can)
3. Lace Of Veins
4. C.S.
5. Pure Venom
6. Dust2dust
7. Voguetm
8. For The Prey
9. What Will You Do For Love
10. She's Machine
11. Playing God
12. The One
13. Blind
14. CY-27
15. C.S. (Autodafeh Mix)
16. C.S. (Acylum Mix)

Amazonで詳しく見る


Diffuzion - Wired Tunes
Diffuzion - One Way


Audio Blender
Implant
B000HWXTFY
Karzinom
Acylum
B005LF870E
Place No Reliance
Virgins O.R. Pigeons
B000O7852E
タグ:Belarus darkwave EBM
posted by kerkerian at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

Suicidal Romance / Memories Behind Closed Curtains(2011)

エストニアのDark-Electroユニットによる3rdアルバム。

暴虐Harsh-Voiceに煽情的なダークトランスが奏でるディストピア・マーチ…イントロナンバー"Love Will Have Her Revenge"の掛け合いが象徴するように、ライブを意識した作りになっている。Suicidal Romanceにそんなストロングなイメージを持っていなかったけど?という貴方は正しい。デビュー当初のSynth-Popから前作でEBMテイストを徐々に強めた彼ら。"Shattered Heart Reflections"の感想で「聴かせる」よりも「躍らせる」方向へ軸足を移していくんだろう…書いていたので自分的には想定内。

がしかし。女性Vo:男性Voの比率が8:2から少なくとも3:7くらいに逆転している。メロディアスパートはもう数える程で、最新のLive映像を見ると最早Viktoria嬢はダンサーと化している…Dmitry氏はFreakangelというサイドプロジェクトで存分に歌唱しているが、まさかこの本体プロジェクトまでも同じ方向に塗り潰そうとは…これはもうViktoria嬢にもソロ活動を期待するしかなのだろうか。Suicidal RomanceもFemale-Vocalブログ卒業組となってしまいそうな寂しさが漂う…まあ入学した覚えも無いって言われちゃそれまでだが笑

【Favorite Number】 Whisper Goodbye / Hold Me / Forever as One



Memories Behind Closed CurtainsMemories Behind Closed Curtains
Suicidal Romance

曲目リスト
1.Love Will Have Her Revenge
2.Whisper Goodbye
3.Slave/Slave (featuring Pete Crane Of SHIV-R)
4.Hold Me
5.Don’t Go
6.Ecstatic (featuing Felix Marc Of DIORAMA)
7.One Love
8.Forever As One
9.Amour Amor (featuring VVA)
10.Behind Closed Curtains

Amazonで詳しく見る


Suicidal Romance - Always
Suicidal Romance - Whisper Goodbye


Heart Whose Love Is Innocent
Tristesse De La Lune
B0000UN24G
Manifesto
Technoir
B000GY73G4
Darkness Prevails
Pulcher Femina
B0030GHAQ8
タグ:Estonia darkwave EBM
posted by kerkerian at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

オーラルヴァンパイア / ケルゲレンボルテックス(2011)

日Goth-Electroユニットの2.5枚目となるEP。

「ミニアルバムじゃなくてジャンボシングル」の通り、1500円と財布に優しい料金設定。前作"ZOLTANK"がインディー時代を総括するベストの内容だったため、これが久々の真っ新な書き下ろし作品となります。

インダストリアル歌謡とか、ダークウェーヴ・サーファーとか(これは曲名だけど)、様々な代名詞を持つ彼らですが自分は今作を聴いて「日本唯一の広義のElectroclash」と思いました。飛び交うトランシーノイズや歌ものとしてのフォーマットを崩さないキャッチー感はそのままに、攻撃的で挑発的な側面に磨きが掛かったように感じる。

DJセットとバンドセットを併用する近頃のライブ活動を反映してか、楽曲構成もその2軸を器用に行ったり来ている。カリスマ然としたアジテーターであるエキゾチカ嬢、トラックメーカーのレイブマン氏のキャラクター性、センスが核であるユニットであることは言うまでもないが、今後は「バンド感」にも注目していきたい。

【Favorite Number】 ケルゲレンボルテックス / 空中線はフェノミナン / 末期のBody Checkmate



ケルゲレンボルテックスケルゲレンボルテックス
オーラルヴァンパイア

曲名リスト
1. ケルゲレンボルテックス
2. 空中線はフェノミナン
3. HUMAN NOISE
4. 末期のBODY CHECKMATE
5. THE REPOMAN
6. レイジングシティ
7. GENOM

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Aural Vampire - Freeeeze!!
Aural Vampire - 湘南族 -cannibal coast-


Spiral Connector
Bespa Kumamero
B0047XP8DA
This Somber Eve
Ashes of Erin
B0035ZTNUA
レコンキスタ
HANGRY & ANGRY-f
B005AV91RW
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

Infected Rain / Asylum(2011)

モルドバのNu-Metalバンドによる1stフルレングス。

耳慣れない国ですが、飲ま飲まイェイの人達を輩出した国なんですな。このInfected Rainは対照的で全編英詩でモダンへヴィネスを鳴らします。00's的なミクスチャー感覚がありつつも単なる爆音ロックに留まらずエレクトロや変拍子などエクスペリメンタル要素が満載の素晴らしい楽曲群です。

看板娘のLena嬢はメロウなクリーントーンをグロウリングを器用に司り、そのどちらも非常に高いスキルを誇ります。Female-VocalのScreamは只の濁声になる残念なケースが多いからね…これはポイント高い。

16曲とお腹一杯の本作、聴きどころはほぼ全て…と言って良い位だが強いて挙げればドラマティックな起伏が楽しめる"Butterfly"、へヴィネスとDrum'n Bassが劇的融合を果たした"Judgemental Trap"を推しておく。Alternative-Metalファン、Progressiveリスナーとも満足させられる完成度の高い一枚です。

【Favorite Number】 Butterfly / Judgemental Trap / With Me / No Idols



AsylumAsylum
Infected Rain

曲目リスト
1. What You Whisper
2. The Life Game
3. Butterfly
4. Dead Mannequin
5. Voices
6. Me Against You
7. At The Bottom Of The Bottle
8. Judgemental Trap
9. My Morphine
10. Routine
11. With Me
12. Unwritten Letter
13. No Idols
14. Homeless
15. Outro
16. Me Agains You (ft. Octav Casian)

Amazonで詳しく見る


Infected Rain - Judgemental Trap
Infected Rain - Butterfly


Identity
My Own Sin
B001CISE0C
This Somber Eve
Ashes of Erin
B0035ZTNUA
New Perspective
Saved By Ruin
B003VW3BG4
posted by kerkerian at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

Kidstreet / Fuh Yeah(2011)

あけましておめでとうございます。
2012年もFemale-Vocalのマイノリティ音楽を中心にお届けして参りますm(__)m
因みに恒例の●●オブザイヤーは1月下旬を予定していますよ。

Kidstreetはカナダのエレクトロバンドによる1stフルレングス。
新年一発目に相応しい新食感の音楽です。冒頭の"X"はNew Wave色の強い洗練されたSynth-Popを聴かせたと思えば次の"Birthday Boy"は生々しいリズムエレメンツを使ったEbony Bones!的エレクトロクラッシュ。3曲目"Penny Candy"ではまた一転して高速ラップ+Electroclash的なハウスミュージックと、目くるめくジャンク・ディスコミュージックを見せつけられます。

VoのEdna嬢、そしてバックトラックを担当するCliff氏とKarl氏のSnyder三兄妹は見てくれこそ宅録ヲタクみたいな感じだが、トラディショナルな電子音楽へのリスペクトと同時に野心的なExperimental-Musicをも標榜する。9曲全て(ラストの"X"Remixは除いて)が普遍的なポップネスと肉感的なダンスミュージックの機能を持ちつつも、時にFuture-Pop的であり時にクラシカル。インストナンバー"Song"が象徴的で、唄わなくとも曲自体がSongなんだというアティチュードが透ける好感好盤。暫くヘヴィロテ決定です。

【Favorite Number】 X / Penny Candy / Fuh Yeah



Fuh YeahFuh Yeah
Kidstreet

曲名リスト
1. X
2. Birthday Boy
3. Penny Candy
4. Out Loud
5. Fuh Yeah
6. Nineteen Ninety Three
7. Song
8. The Future Is A Fever
9. Never Coming Back
10. X (Rampue Remix)

Amazonで詳しく見る


Kidstreet - Birthday Boy
Kidstreet - Penny Candy


Inventions
Ash Koley
B0042EIT8U
Valery Gore
Valery Gore
B0009G0YS8
Rise of the Giddy08/11cc
Rubicks
B005BBJLIU
posted by kerkerian at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする