2011年10月31日

Kirlian Camera / Nightglory(2011)

イタリア繋がりで、ベテランDarkwaveユニットの最新作。

歌姫Elena Fossi嬢のソロプロジェクトSpectra Parisばかり("License To Kill"、"Christmas Ghouls")取り上げていた近年ですが、キリアン・カメラの方もコンスタントにリリースを重ねており"Shadow Mission HELD V"から2年のスパンでリリースの本作。特筆すべきは主宰のAngelo氏がSpectra Parisの方向性を尊重しているかのようなスタンスが垣間見え、前作で見せた煌びやかなElectro-Pop路線はソロプロジェクトに譲り、こちらでは従来のSynth-Pop、Electronicaに回帰した模様。音的には2005年リリース作の"Invisible Front"辺りを髣髴させるアンビエントな楽曲が目立つ。相変わらずギター、ピアノなどアナログ要素の絡め方が絶妙で、一層妖艶さを増したFossi嬢のボーカリゼーションと共に地味ながらもドラマティック性を演出する佳曲が居並ぶ印象。とりわけ"I Gave You Wings - I Gave You Death"での歌唱は威厳すら感じます。

ひとつ残念なことにFossi嬢のエロエロなビジュアルワークもSpectra Parisに譲ったらしく今回のパッケージの写真は露出が控えめなこと。しかし眼鏡っ子という新たな属性が付加されたことで最低限の期待には応えている…流石のサービス精神だ…!そんな最新フォトグラフ集はこちらでどうぞ

【Favorite Number】 Nightglory / I Gave You Wings - I Gave You Death / Gethsemane



NightgloryNightglory
Kirlian Camera

曲目リスト
1.I'm Not Sorry
2.Nightglory
3.Hymn
4.Save Me Lord
5.Winged Child
6.I Killed Judas
7.Immortal
8.I Gave You Wings - I Gave You Death
9.Black Tiger Rising
10.Gethsemane

Amazonで詳しく見る


Kirlian Camera - Nightglory
Kirlian Camera - K-PAX


Make Love & War
Ordo Rosarius Equilibrio
B000050ISM
Magic
November Novelet
B004L3VAQK
Elfensex
Mila Mar
B0000507LQ
posted by kerkerian at 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

Crysalys / The Awakening Of Gaia(2011)

壮大な世界観繋がりで、イタリアの新鋭Metalバンドによる1st。

スペクタクル・オブザイヤーと言って良いかもしれない。アルバムタイトル通り、地球誕生をテーマにしており元素をモチーフとした各楽曲によって構成される…フロイドとか、70'sのプログレを想起させる大風呂敷…それだけで諸手を挙げて称賛したい気持ちだ。形から入る壮大さって大事。

そして彼らの場合音もそれに見合った豪奢なシンフォメタルを標榜。兎に角、分厚い。主役を担うのはElectro/Synthと縦横無尽に彩りを与えるKeyと、畳み掛ける重爆バスドラ。そして地味にエグいリフを奏でるギターも見逃せない。音的には前面に出ず、左右チャンネルの端で他の音にスペースを与える動きは、サッカーに例えると自ら囮となって他のプレイヤーの攻め上がりを促す熟練のサイドバックといったところか。無論これは素晴らしいMIXの賜物で、流石はThe AgonistやをCryptopsyを手掛けるChris Donaldson氏である。

そしてFWたるボーカルのChiara嬢である。はっきり言ってGothic-Metal界トップクラスの力量だ。冒頭"The Awakening Of Gaia"では全編ソプラノボイスで神々しさを見せつけたかと思えば、次の"Butterfly Effect"は地声でクールな印象を与える。Tarja Turunen、Sharon den Adelに続く次代のディーヴァ誕生の予感である…と言いたいところだが、ルックスで大きく見劣る点が返す返すも残念だ…!

【Favorite Number】 The Awakening Of Gaia / Butterfly Effect / Lilium



The Awakening Of GaiaThe Awakening Of Gaia
Crysalys

曲目リスト
1. The Awakening Of Gaia
2. Butterfly Effect
3. Angelica
4. Scarlet Crusade
5. By Stars Revealed
6. My Will Be Done
7. When Sirens Sing
8. Time For Vultures
9. Lilium
10. ...And Let The Innocent Dream

Amazonで詳しく見る


Crysalys - The Awakening of Gaia
NíCrysalys - Butterfly Effect


Lend Me Your Wings
Velvetseal
B00261E0NO
Truth Behind the Mask
Tular
B0016GLZX8
Oxygen
Aghonya
B001LX4C5Y
posted by kerkerian at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

Niobeth / Silvery Moonbeams(2011)

スペイン繋がりで、同国Gothic-Metalシーンを代表するNiobethの2ndアルバム。

分厚いSymphonic/Power-Metalサウンドにイテア嬢のソプラノボイスが乗っかるスタイルで、音楽性のみならず世界観のスケールの壮大さが特徴です。シンフォ・メタルはこうでなくてはな!(Goth中心なら内向的な方が説得力あるけど)因みに1st"The Shining Harmony Of Universe"は母国以外で唯一、日本盤が出ているようで「〜輝ける宇宙の調和〜」なる副題が付いておる。ニオベスを象徴した良い表現だ。今作も出るとしたら「〜白銀(しろがね)に輝く月光のトルバドゥール〜」といったところか…少し盛り過ぎか…!

ツーバスの鼓動が心地よいパワーメタルを軸に、エキゾチックな旋律の"Sons Of The Earth"、リリカルなクラシック・バラード"Campeon"などファンタジア溢れる12篇。ハイライトは前作でも"Kowasani Furuete"で聴かせた、Niobeth版「広島モナムール」とも云うべき"Sadako's Wings Of Hope"。15分半にも及ぶこの楽曲は佐々木禎子、そして千羽鶴の物語。日本への尽きない愛情と、平和への希求に共に耳を傾けましょう。

―これは、僕らの叫びです。これは私たちの祈りです。世界に平和を築くために―

【Favorite Number】 Eclipse / Sadako's Wings Of Hope



Silvery MoonbeamsSilvery Moonbeams
Niobeth

曲目リスト
1. The Banished Princess
2. Eclipse
3. Withered Lullabies
4. Sons Of The Earth
5. Campeón
6. Stolen Innocence
7. My Dead Angel
8. I Know That I Know Nothing
9. I Need You To Need Me
10. Sadako’s Wings Of Hope
11. Polovtsian Dances
12. Solitude

Amazonで詳しく見る


Níobeth - Eclipse
Níobeth - Dreaming


In Good & Evil
Godyva
B000HIVMXE
Entrance
Tears of Martyr
B003GT8UYA
Close to Eternity
Magion
9490614076
posted by kerkerian at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

La Oreja de Van Gogh / Cometas por el Cielo(2011)

スペインPopバンドによる6thアルバム。

何と大それた名前を冠するのか!と驚きますが、日本でいうOKAMOTO'Sみたいなもんですかね。活動15年に及ぶキャリアバンドだが、日本におけるチメイドは高くは無い…まあ当ブログのアーティスト全般そうだが…しかしwikiや個人サイトの情報が充実しているあたり、熱心なファンが存在するようで、本作を聴くとそれも納得。

熟成された大人のPower-Popを軸に、1曲目のデペッシュ風味な"La niña que llora en tus fiestas"、4曲目の"Cometas por el cielo"などSynth-Popを織り交ぜる構成。あとはアコースティックによるバラードナンバーも要所に配置され、Leire嬢(前作から加入の2代目らしい)の伸びやかなボーカリゼーションが堪能できます。英語圏なら確実にメジャーな存在となっていそうな彼ら。ラテン歌謡などで有りがちな垢抜けなさを感じさせない、ウェットでモダンなAlternative-RockがLOVGの魅力です。

【Favorite Number】 La niña que llora en tus fiestas / Paloma blanca / Las noches qué no mueren



Cometas Por El CieloCometas Por El Cielo
Oreja De Van Gogh La

曲名リスト
1. La Niña Que Llora En Tus Fiestas
2. Día Cero
3. Paloma Blanca
4. Cometas Por El Cielo
5. Las Noches Que No Mueren
6. El Tiempo A Solas
7. Promesa de Primavera
8. Un Minuto Más
9. Mi Calle Es Nueva York
10. Mientras Quede Por Decir Una Palabra
11. Esta Vez No Digas Nada

Amazonで詳しく見る


La Oreja de Van Gogh - La Niña Que LLora En Tus Fiestas
La Oreja de Van Gogh - Rosas


Amaia Montero
Amaia Montero
B001OBBQTS
Pajaros En La Cabeza
Amaral
B00097DX8K
Retales De Carnaval
Nena Daconte
B001G9F496
posted by kerkerian at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

Collide / Counting To Zero(2011)

USエレクトロデュオによる6thアルバム。

遂に2011年Darkwaveシーンの最重要アーティストが登場です。前作"These Eyes Before"はカバーアルバムだったためオリジナルは4th"Two Headed Monster"以来となる…といっても2008年なので然程ブランクは感じさせないが、内容はCollide第2期の始まりともいうべき意欲的なものになっている。

本作では、これまで彼らが常に身に纏っていたElectro-Industrial色はCollideが内包する一要素に留まっており、アッパー曲も"Further From Anything"のみ。代わりに台頭してきたのがEthereal、Ambient、Trip-Hopといった穏やかさを感じる要素である。

さりとて弛緩してしまった訳ではなく、奥行きのある音像から醸し出される妖艶さというCollideの核、一本の糸はデビュー当時から張りつめたままだ。それは決して太くはないが、触れたら血を流てしまうような危うさがある。それが彼らを唯一無比、孤高たらしめる所以なのだ…!

【Favorite Number】 Lucky 13 / Mind Games / Further From Anything



Counting to ZeroCounting to Zero
Collide

曲名リスト
1. Bending & Floating
2. Lucky 13
3. Mind Games
4. In the Frequency
5. Clearer
6. Counting to Zero
7. Human
8. Tears Like Rain
9. Further From Anything
10. Slow Down
11. Letting Go

Amazonで詳しく見る


Collide - Mind Games
Collide - Like You Want To Believe


Re: Initiation
Rhea's Obsession
B00005BC5A
Shooting Laser Beams
Secret Meeting
B0012UFD90
Trickster
Kidney Thieves
B000009HR8
posted by kerkerian at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

White Willow / Terminal Twilight(2011)

ノルウェーProg-Rockの重鎮による6thアルバム。

その名前から、愛知県人の私などは白ういろ(青柳総本家)を想起してしまうのですが結成16年目となる老舗バンドです。因みに俺はこし餡入りの大須ないろ派だけどな!

当ブログお馴染みの滋味ロックでもうJimi-Rock、略してJ-Rockのカテゴリを作ろうかって勢いですが、幾分ヘヴィ路線に寄っていた4th"Storm Season"、5th"Signal to Noise"からガラッと変わって本作では初期のFolk色+サイケデリックなプログレに回帰。ポップネスは失われたが本来の「薄暗い華」みたいな感触で個人的には過去最高作だ。

楽曲の起伏に頼らず、Sylvia嬢のボーカルをはじめ流麗なツインギター、メロトロンとハモンドを操るKey、押し引きのツボを押さえたドラム全てが「唄っている」のが印象的。70'sプログロックを基調としながらも、この鳥肌が立つようなアンサンブルがもたらすアンビエント感によって、旧臭さを感じさせない、洗練されたアートロックに仕上がっています。

北欧ロックのトラッド感、疾走感を求める向きには大人し過ぎるかもしれませんが、White Willowが放つ緩急のカタルシスはスリリング極まりない…!

【Favorite Number】 Hawks Circle The Mountain / Red Leaves / Floor 67



Terminal TwilightTerminal Twilight
White Willow

曲名リスト
1. Hawks Circle The Mountain
2. Snowswept
3. Kansas Regrets
4. Red Leaves
5. Floor 67
6. Natasha Of The Burning Woods
7. Searise
8. A Rumour Of Twilight

Amazonで詳しく見る


White Willow - Hawks Circle the Mountain
White Willow - Signal To Noise


Turbulence-Live in Poland
Landmarq
B000F4PDBC
Mysticae Visiones
Kotebel
B00005UEBU
Coming Up for Air
Breathing Space
B000ZL8QCI
posted by kerkerian at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

Zola Jesus / Conatus(2011)

Zola JesusことエレクトロSSW、Nika Roza Danilovaの3rdアルバム。

エクスペリメンタルなエレクトロニカに、民族音楽を思わせるメロディを乗せるスタイルを標榜する彼女。本作はスローでアンビエントな前半部と、律動感のあるDarkwave(トランシーとディストーションギターの無い)の中盤、ロックとSynth-Pop的な手触りの後半部で構成されます。最初から最後まで耳が離せない、味わいの深いアルバムだ。自宅警備員を情景描写したかのような"Hikikomori"は身につまされますな…!

幼少の頃からオペラを学んだというNika嬢はいつしかロック的アプローチに傾倒し、今では朗々としたアルトボーカルをクールに響かせる。この22歳と思えない大人びたボーカリゼーションひとつで、作風がクラシカルにもゴシックにもインダストリアルにも聴こえるから不思議だ…もちろん楽曲全体の緻密な音作りも見逃せないが。エレクトロニカを軸に据えながら「ジョイ・ディビジョンを想起させるようなケイト・ブッシュ」と評されるのも納得です。

という訳でボイスオブザイヤー最有力の彼女。自身がツアーサポートを務めたFever Rayと共通項を多くする、フォークロア・ダークトロニカを見逃してはならない。

【Favorite Number】 Avalanche / Vessel / Seekir / Lick The Palm Of The Burning Handshake



ConatusConatus
Zola Jesus

曲名リスト
1.Swords
2.Avalanche
3.Vessel
4.Hikikomori
5.Ixode
6.Seekir
7.In Your Nature
8.Lick The Palm Of The Burning Handshake
9.Shivers
10.Skin
11.Collapse

Amazonで詳しく見る


Zola Jesus - Vassel
Zola Jesus - Night


New Love
Former Ghosts
B003U4T45A
Tearist
Tearist
B0049XMGCE
Geidi Primes
Grimes
B005CV96CU
posted by kerkerian at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

Anabantha / Hermanos De Sangre El Ritual(2011)

メキシコのFolk-Metalバンドによる8thアルバム。

当ブログではお馴染みの彼ら。本作は前々作"Hermanos De Sangre La Iniciacion"の第2章という位置付けで、コテコテのラテン歌謡が戻ってきましたよ!逆に前作"El Pozo De Los Deseos"で見せたパワーメタル路線を好まれる方には残念なお知らせかもしれません。

冒頭の"El Santo Grial"のムーディーなコーラス、そしてAメロから既にメランコリア全開で狂喜乱舞。やっぱりAnabanthaのこっちサイドが好きだなあ俺。モダンなGothicテイストと時代錯誤感が織りなす不可思議な美しさは病み付きになる。

ところで今回のなぎら健壱さんことドラマー兼男性Voヴラド氏ですが早くも6曲目"El Espejo"で登場。低音で渋みのある歌い方に芸風を変えたようで、若干改善が施された模様…相変わらず要らない子なのは言うまでもないが…!
と安心していたら10曲目"Frio Encuentro"で大暴発。気の抜けたオルガンのフレーズと共に、締まりのない濁声が炸裂。やっぱり歌唱力向上してないし…!そしてこんなチープな曲がラストを飾って良いのか?作を重ねる毎に太ましくなって、もはや手が付けられないレベルに達したDuan嬢など、相変わらず突っ込みどころ満載で飽きさせないAnabanthaでした。

【Favorite Number】 El Santo Grial / El Presagio / Fragmento de Soledad



Hermanos De Sangre El RitualHermanos De Sangre El Ritual
Anabantha

曲目リスト
1. El Santo Grial
2. La Sombra
3. Melancolico
4. El Presagio
5. Ixquic Imago
6. El Espejo
7. Fragmento de la Soledad
8. Amada Espera de un Suicidio
9. Agonia
10. Frio Encuentro
11. El Ritual

Amazonで詳しく見る


Anabantha - S.O.S.
Anabantha - Vampiro


Vox Corvus
El Cuervo De Poe
B0016GLZJC
Un Cuento Antes De Morir
Nostra Morte
B003FGX166
Earth Magick
Unshine
B0009IW8VC
posted by kerkerian at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

THE_AIU / MINORITY(2011)

日本発Electro-RockユニットによるデビューEP。

Barksとかで謎の多国籍ロックバンドと書いてあるがオフィシャルではちゃんとプロフィールが公開されており、インドネシア人の歌姫Aiu Ratna嬢と元THE JETZEJOHNSONのGt.壮一氏によるプロジェクト。つまり読み方はジ・アユなんだな笑。あともう一人Noise&Treatment担当ということで本当に謎設定の人が居るようだが取り敢えず放っておこうか。

サウンドはジェッジを彷彿させるデジタル風味のクロスオーバーロックを基調とするが、アユ嬢の唄を中心に聴かせる楽曲も多く、総じてElectro Alternative-Rockの体裁をとっている。日本版Love Is Allってところか…例えが解りづらいな!

アユ嬢はカリスマ性、歌唱力とも十分で、英語の他ラストのパンキッシュな"Musnah"では流暢な日本語も披露。外国人シンガーと日本ギタリストの組合せ、今年初めにデビューEPをリリースしたOh Sunshine("Beautiful"は超絶名曲)と構成が似ているな。国籍、ジャンルを超えたハイブリッドミュージックのスタンダード化を予感させる彼ら。フルレングスへの期待高まる一枚だ。

【Favorite Number】 Loser / CPU / Musnah



MINORITYMINORITY
The AIU

曲名リスト
1. loser
2. misery
3. CPU
4. gothictro
5. pain
6. imagination
7. musnah

Amazonで詳しく見る


THE_AIU - CPU
THE_AIU - Loser


GRATEFUL PASSPORT
AiU RATNA
B003AIZDT2
oh sunshine
oh sunshine
B0048HKYFM
Two Thousand & Ten Injuries
Love Is All
B0036BDQ9W
posted by kerkerian at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

Evanescence / Evanescence(2011)

Gothファンの皆様に置かれましてはエヴァ祭り、楽しんでおられますでしょうか?
ちゅーこってUSゴシック・メタルの3rdアルバム。

思えば2003年3月。当ブログ2番目の記事が1st"Fallen"でした。未だ無名も無名、輸入盤しか存在しなかった当時からブレイクして現在に至ったのは周知の通りで、エヴァはワシが育てた(`・ω・´)キリッと勝手にのたもうている私です。

タイトル通り「原点回帰」をテーマに掲げた本作。エイミー嬢とギタリスト以外のメンバーを入れ替え相変わらず落ち着かない人事を見せつつも手堅いバンドサウンドに仕上がった印象。まずはプロデューサーNick Raskulineczの手腕に依るところが大きく、Alice In Chainsの復活作"Black Gives Way To Blue"を聴いて起用を決めたというチョイスは拍手を送りたい。

とはいえ鳴っている音は2nd"The Open Door"から劇的に変貌している訳でもなく、雛形は正統Gothic-Metalだ。決定的に異なるのは楽曲個々の魅力が格段に増したこと。先行の"What You Want"こそアメリカン・ハードロックテイストで、正直ダサっ!と腰砕けになったが、アンセム然とした"The Change"は新たな看板曲になりそうな存在感を示し、ピアノとギター(珍しく仕事してる!)のユニゾンが疾走する"Erase This"は美しいの一言。エイミー嬢のVoにも更に磨きがかかりファスト曲では昂揚感を、バラードでは溜息を誘います。

因みに今回入手した限定盤はDVDのほかボーナストラックが5曲。まあこの5曲はボートラだな程度の出来なのでコレクター向きという事で良いかと。前評判通り、紛れもなく今年のGothic-Metalを代表する1枚といえる会心作だ…!

【Favorite Number】 The Change / The Other Side / Erase This



エヴァネッセンス(デラックス・エディション)(DVD付)Evanescence(Delux Edition)
Evanescence

曲名リスト
1.What You Want
2.Made of Stone
3.The Change
4.My Heart Is Broken
5.The Other Side
6.Erase This
7.Lost in Paradise
8.Sick
9.End of the Dream
10.Oceans
11.Never Go Back
12.Swimming Home
13.New Way to Bleed
14.Say You Will
15.Disappear
16.Secret Door
17.The Last Song I'm Wasting On You

1. レコーディングやフォト・セッションの舞台裏
2. エイミー・リーによる楽曲解説
3. ホワット・ユー・ウォント (ミュージック・ビデオ)
4. ホワット・ユー・ウォント (メイキング)

Amazonで詳しく見る


Evanescence - The Change
Evanescence - Bring Me To Life


Admirável Chip Novo
Pitty
B000P0I9VM
Light Me Up
The Pretty Reckless
B004HHARS2
Night of Hunters
Tori Amos
B0051ZH8RW
タグ:US Gothic Metal
posted by kerkerian at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする