2011年03月31日

The Sounds / Something To Die For(2011)

スウェーデンのNew-Waveバンドによる4thアルバム。

00年代前半を席巻したガレージロック・リバイバルブーム。70'sを髣髴するシンプルなR&Rが主流となり中でも"The -s"を名乗るバンドのまあ多かったこと。しかしその中核を担ったThe White Stripes、The Libertinesは既に無く、名前的にThe Soundsの競合だったThe Musicは休止状態(英語のwikiではもう解散したことになってる)、The Vinesはボーカルがやんちゃ過ぎて安定した活動ができず、The Hivesもなんだか影が薄い。現役感があるのはThe StrokesとThe Killsくらいか。

そんな現状を鑑みるに、ハイプ感丸出しでデビューしたThe Soundsが今なお現役である事にまず驚きを隠せない。スウェーデン国外では目立ったチャートアクションこそ無いものの作を重ねる毎にクオリティが増している。さらに、8年前のデビュー作Livin In America"の感想では他のクールなThe -s勢と比してとてつもなくダサいと書いたのですが、今やこのエレポップ感は超スタンダード。大して後進に影響を与えていない(と思う)がいつの間にか時代は彼ら色に染まっていた、そんな感じでしょうか。

2009年の前作"Crossing The Rubicon"でさらに磨きが掛かったポップ性は今作でも継続。最も耳を惹くのはガレージっぽさが減り、一気にエレクトロ度が増したことだ。これまで時代遅れ(結果的には一周廻って先取り)でちょっとずつズレた音楽を提示してきた彼らが初めて時代をキャッチアップした本作、吉と出るか凶と出るか。自分的には過去最高作です。

さて結論としては、彼らを最初にシーンに紹介したジェームズ・イハはネ申って話なんですが、彼の近況を調べたところ昨年A Perfect Circleに復帰していたらしい。スマパン復帰は・・・無いな。

【Favorite Number】 It's So Easy / The No No Song / Better Off Dead /



Something To Die ForSomething To Die For
The Sounds

曲名リスト
1. It's So Easy
2. Dance With The Devil
3. The No No Song
4. Better Off Dead
5. Diana
6. Something To Die For
7. Yeah Yeah Yeah
8. Won't Let Them Tears Us Apart
9. The Best Of Me
10. Wish You Were Here

Amazonで詳しく見る


The Sounds - Something To Die For
The Sounds - Living in America


Blood Pressures
The Kills
B004MSRDSS
Alkovi
Chisu
B001F770BO
Safari Disco Club
Yelle
B004DR0KHE
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

supercell / Today Is A Beautiful Day(2011)

日クリエイター集団による2ndアルバム。同じ3/16に発売されたアルバムの週間売上を並べてみると、ケツメイシ(1位)>superecell(3位)>タッキー&翼(6位)>LUNA SEA(7位)>スフィア(8位)、となる。スフィアはもっと上行くと思っていたけど、まあこれがJ-POPの現在地である。因みに先日書いたLIV MOONも同日リリースで40位でした(´・ω・`)

『メルト』をはじめ『恋は戦争』『ワールドイズマイン』『ブラック★ロックシューター』などニコ動で話題をさらった数々の楽曲が収められた前作。愚直なまでにセンチメンタルなryo氏の曲(特に歌詞)に自分も胸熱になった一人ですが、如何せんボカロ曲。この作風でリアルな女性Voが歌えばなあと思っていたので、全編バンド編成、nagi嬢によるVoの本作はまさに待望の一作です。

楽曲はどれもエヴァーグリーンなポップネスを携えた良曲ばかりだが、取り立てて特徴がないのもまた事実。Supercellの楽曲はやはり視覚的要素と合体して初めて魅力を放つ。『君を知らない物語』のイントロを聴けば『化物語』最終話の星空が目に浮かぶし、本作限定盤の"Perfect Day"アニメーションPVにしても否応無しに感傷を最大化してくれます。

そしてもうひとつの魅力はやはりnagi嬢のボーカル。地声とファルセットの境界が少ない、グラデーションがかった声は儚さと背中合わせで、どこか非現実的な佇まいを見せる。supercellの特徴でもある引っ張り過ぎな大サビ、展開の多さなど、ともすれば食傷気味になってしまうドラマティック性を、彼女のVoは程好く中和する作用を持っているようだ。そして『復讐』や『ロックンロールなんですの』、本作未収録だが『教えてあげる』で聴かせる「ツン」サイドもコケティッシュで大変宜しい。流石サブカルの申し子、リスナーが求める萌えポイントを的確に把握しておるな・・・!

OTAKUはじめ、かつてマイノリティだった層は確実にマジョリティ化しつつある。冒頭で述べたsupercellの躍進は、レーベルや事務所の政治力が幅を利かせてきた音楽シーンの喉元に突きつけられた言わば、ジャッジメントですの!

言っちゃったね。ジャッジメントって。

【Favorite Number】 君の知らない物語 / Perfect Day / ロックンロールなんですの / 星が瞬くこんな夜に / 私へ

Today Is A Beautiful Day(初回生産限定盤)Today Is A Beautiful Day(初回生産限定盤)
supercell

曲名リスト
1. 終わりへ向かう始まりの歌
2. 君の知らない物語
3. ヒーロー
4. Perfect Day
5. 復讐
6. ロックンロールなんですの
7. LOVE & ROLL
8. Feel so good
9. 星が瞬くこんな夜に
10. うたかた花火
11. 夜が明けるよ
12. さよならメモリーズ
13. 私へ

Amazonで詳しく見る


supercell - 君の知らない物語
supercell - さよならメモリーズ


愛迷エレジー(DVD付)
DECO*27
B0045WCDUE
LINKAGE
川田まみ
B0031246QS

eufonius meets マイの魔法と家庭の日
eufonius
B004KOE0A8
posted by kerkerian at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

Xe-NONE / Dancefloration(2011)

露サンクトペテルブルクのDance-Metal(笑)バンドによる3rdアルバム。

2004年に結成、欧州ではそれなりに名の通った彼ら。まずプロフィールを見て「ダンスメタル」って何なの?それってインダストリアルの事じゃないの?バカなの?死ぬの?・・・等々疑問符が渦巻いたのものです。しかし聴いてみて納得。これはダンスメタル以外の何物でもない・・・!ジャンピングスライディング焼き土下座です。このパターン多いな最近・・・!

ドラムス+ギターによる重低音アンサンブル、ここまではメタルなのですがまずリズムパターンが異様にダンサブル。そして大きな役割を担うのがSynth。トランシーで時に8-bitサウンドを盛り込んだ享楽的なそのサウンドは確かにDarkwaveやIndustrialというには陽性過ぎる・・・!どちらかというとElectroclashの方が近いな。 Mindless Self Indulgenceのメタルバンド版と言えるかもしれない。

歌唱はLexy Dance氏とLady EvilAnn嬢による2Vo体制で、男女比7:3なのが当ブログ的には惜しまれるところ。Lady嬢の伸びやかな声質は"Black Hole Time"などのミッドテンポ曲ではGothic的な佇まいで、まさにディーヴァたる資質をもっているだけに大部分で幅を利かせるヒキガエルボイスが残念だ。邪魔だッ・・・。しかしそれ以上に楽曲群が魅力的なのでプラマイゼロ。むしろプラ!Myspaceに上がっている"[Play]station"という曲が気になるんで、過去作にも遡ってみようと思う。因みに本作には"VHS"というハイテンション・トランスナンバーがある。そんな家電バンドXe-Noneから目を離すべからず。

【Favorite Number】 Summertime / I Seek You / Black Hole Time / VHS


DanceflorationDancefloration
Xe-NONE

曲名リスト
1. Heartcore
2. Summertime
3. Dreamcity
4. Dance Row
5. Faceless
6. I Seek You
7. Cyber Girl
8. Black Hole Time
9. VHS
10. Blood Fire Snow

オフィシャルで詳しく見る


Xe-NONE - Digital Fucker AD
Xe-None - Slave On Line


Seven Steps To Infinity
Autumn Rain Melancholy
B00499PVRA
If
Mindless Self Indulgence
B001RNR4BM
Take Cair Paramour
Ashbury Heights
B003PKUU70
posted by kerkerian at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

Carol Bui / Red Ship(2011)

USのAvant-Rockアーティストによる3rdアルバム。

どっかのサイトで「Liz Phairの"Exile in Guyville"とPJ Harveyの"Rid of Me"を融合したような・・・」という記述があって、どちらも激フェイバリット盤な私は直ぐに飛びついたのです。そして期待以上の、ぶっちゃけ前述の二つの名作をも凌駕しうる、衝撃に襲われている・・・!

中東と北アフリカのパーカッシヴなリズム(アフロ・ビート?)とAlternativeが融合した、エクスペリメンタルなRockを標榜する彼女。当ブログでもM.I.A.Ebony Bones!Pit Er Patなど幾つかそっち系の音楽を紹介してきたが、初速のインパクトで終わってしまった感がある。その点Carol Buiは基本ギターロック。ガレージーでありながらマス・ロック的で、31Knotsを髣髴するクレバーで怪しげなギターワークに心躍ります。そしてソウルフルでありながらソリッドな歌唱・・・。驚くべきことに、ドラム含めこれらをCarol嬢がほぼ一人でこなしているのである・・・!永く愛聴できそうなPost-Rockの名盤が誕生!・・・か?

【Favorite Number】 Mira: You're Free With Me / Baladi / Hafla/joy



Red ShipRed Ship
Carol Bui

曲名リスト
1. Mira: You’re Free With Me
2. Before We’re Vaporized
3. Baladi
4. ‘geisha’ Means ‘Open-minded’
5. Hafla/joy
6. Hayati Inta
7. Evy Reina
8. Xoxo
9. Highlights

Amazonで詳しく見る


Exile in Guyville
Liz Phair
B0000036RP
Fortune
Callers
B001E99I0O
Rid of Me
PJ Harvey
B000001DYD

posted by kerkerian at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

Inkubus Sukkubus / The Dark Goddess(2010)

UKゴシック・ロックの大御所が放つ、12枚目のフルレングスアルバム。

色々と難儀な世界で、できれば変わらないものを信じていたい。そんな不変の普遍性で活動21年目を迎えるInkubus Sukkubus。確かに結成当初のペイガニズム、悪魔崇拝的な精神性は薄れシンフォニアなど楽曲のクオリティは飛躍的に向上しましたが、ニューウェーヴ、ポジティヴパンクの流れを汲む純然たるGothic-Rockは今回もそのまま。

強いて前作のViva La Muerte"との相違点を挙げれば、前回みられたアコースティックやパーカッションを盛り込んだFolk-Rock的な味わいは今回はほぼ無し。メロディのポップ性はそのままだが、地味な作風がより一層地味になったと言えます(笑)。HHの16分刻みによる「いかにもドラムマシーン」的な疾走曲が"Lose Yourself At The Nymphaeum"と"Bacchanalia"くらいなのは残念だな・・・!でもこれといって盛り上がりのない平坦な構成なのは至っていつも通り、信頼のInkubus Sukkubus印。このご時世、とかく「不謹慎」とか謗られかねない世界観をもつ彼らが、変わらない安心感を与えてくれました。期せずして。

【Favorite Number】 Lose Yourself At The Nymphaeum / Night Angel



The Dark GoddessThe Dark Goddess
Inkubus Sukkubus

曲名リスト
1.The Dark Goddess
2.Lose Yourself At The Nymphaeum
3.Ferryman
4.Night Angel
5.She’s One Of The Dead Now
6.Bacchanalia
7.Lunacy (Mother Goddess Moon)
8.Hammer Of The Witches
9.Kissed By Eros
10.Karnayna

Amazonで詳しく見る


Inkubus sukkubus - Witches
Inkubus Sukkubus - Away With The Faeries


Heaven in Decline
Die Laughing
B000025TQD
Wenches, Witches & , Vampyres
Two Witches
B00004TXXQ
Haelfte Des Lebens
Bacio Di Tosca
B0033QEU7M
posted by kerkerian at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

Sellyy / Lethargie(2011)

音楽の都ウィーンから、底知れぬ才能を秘めた18歳の歌姫が登場。

フェイバリットにMarilyn Manson、La Rouxを挙げているだけに、まさに両者を混合させたような(融合までは至ってない)Electro-Gothを標榜するSellyy嬢。ボーカルエフェクトやトランシーなSynth、時にIndustrialな歪み感など随所にDarkwave的な音作りが施されているものの、楽曲は至ってポップでキャッチー。さらにボーカルスキルが完成しており、この若さにして既にGwen StefaniやP!NKに通ずるポップ・ディーバの雰囲気を纏っている。そのお蔭もあってこのジャンルにあって珍しいくらいのメジャー感を放っている。

特筆すべきは6曲目の"Ich Wein Nicht"。オペラ歌手のLuzia Nistlerによる全編歌唱、Sellyy嬢は全く登場せず。自分はシンガーである前に、ソングライターであるという矜持!デビュー作にしてここまで大胆な意思表明できるアーティストが居るだろうか…?驚きである。ビジュアルイメージや、楽曲の印象で「また新手のゴシックアイドルだろう?」とは安易に嵩をくくれない、看過できない何かを持っている。そんな気がしてならない・・・!

【Favorite Number】 Alles Schläft / Letzte Krieger / Zaubermaschine



LethargieLethargie
Sellyy

曲名リスト
1.Alles Schlaft
2.Alles Was Bleibt
3.Letzte Krieger
4.Todeskuss
5.Weisst Du Es Nicht?
6.Ich Wein Nicht [Ft. Luzia Nistler]
7.Easy Come
8.Deine Schwarze Augen
9.Zaubermaschine
10.Lethargie
11.Nur Mit Dir
12.Schatten Der Nacht

Amazonで詳しく見る


Sellyy - Alles Schläft
Sellyy - Lethargie


Abstracted Visions
Bella Lune
B001A2AATI
Very Best of
Soko Friedhof
B0037YKY9S
Holy
In Strict Confidence
B00018D4WW
posted by kerkerian at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

Kara Lin / Aura(2011)

ロシアのGothic-Metalバンドの1stアルバム。

重厚な王道Gothicに加え、オリエンタル・フュージョンやIndstrial的な味わいも感じさせる音楽性。正直これがデビュー作か?と疑いたくなる程楽曲クオリティ、ミキシング/マスタリングに至るまでの音クオリティとも完成されている。4か月弱にしてアルバムオブザイヤー2011候補が目白押しでm9(^Д^)プギャー

何より素晴らしいと思うのが、楽曲の大半がDoom感溢れるミッド〜スローテンポで構成されていること。個人的にGothic-Metalとは疾走感やシンフォニーを携えた華美なものではなく、シンガロングできるようなアンセム的なものでもなく、美しく妖しく重たい(音質ではなく空気感という意味で)ものなのです。正に本作は私が求めるGothic-Metalの必要十分条件を満たしています。

そして看板娘のKara Lin嬢もビジュアル、ステージパフォーマンス、歌唱に至るまで完成されている。何よりスレンダー!バイオグラフィは不明なのだが、相応のキャリアを積んでいると推察される。まだローカルバンドの域を出ないが、メジャー進出も近いのではないか…!要注目だ。

【Favorite Number】 Королева / Ведьма / Папа6

gothic lolita agitatorAura
Kara Lin

曲名リスト
1. Королева
2. Открой глаза
3. Ведьма
4. Припять
5. В сердце
6. Пустота
7. Не верю
8. Ворона
9. Когда рухнет небо
10. Oni
11. Папа6
12. Отрываясь от земли
13. За стеной
14. R.I.P.



Kara Lin - Папа6
Kara Lin - Открой глаза


Love Lines & Blood Ties
Orestea
B004CPRIOA
Thousand Sufferings
Manic Movement
B00003J6L7
Enoria
Enoria
B003HGKJAK
posted by kerkerian at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

LIV MOON / GOLDEN MOON(2011)

日本のSymphonic-MetalプロジェクトLIV MOONの2ndアルバム。

1st"DOUBLE MOON"、カバーEP"COVERS 〜Scream As A Woman〜"とあまり良い感想を書いてこなかった当ブログですが、正直スマンかったッッ!と焼き土下座する勢いです。凄い新作をぶちかましてくれました。

まずAKANE LIV嬢の変幻自在ボイスをフルに活かした、バラエティに富む楽曲構成が耳を惹く。中でもこんなボーイッシュ声の引き出しもあるのか!と驚かされる"BLACK RUBY"、地声と怪鳥ソプラノボイスが交互に押し寄せる"DANCE WITH A GHOST"は出色。さらに続く"よざくらん〜夜桜嵐〜"ではダンサブルなビートにコケテッィッシュな歌唱を披露。エレクトロ・オペラとも言うべき新境地を開拓しており、この3曲は本作のひとつのハイライトと言えます。

また、1stで特に不満だったギターワークですが今回は名うての様式美ギタリスト大村孝佳氏が参加。ワイド・ストレッチ、スウィーピングと惜しみなくテクニカルなフレーズで華やかさがグッとUP。さらにベース、ドラムともメンバーが一新され、"死の舞踏"はじめ随所でブラストを織り交ぜメタルへの「本気度」が窺える。才色兼備Voの萌え度、技巧派の演奏陣、楽曲とも総じて世界基準といって良い作品だ。正直Within Temptationの新作(まだ全曲試聴したに過ぎないけど)なんかより全然良いんじゃないか?撫子メタル界希望の星、いや月か…wここに降臨、そんな印象です。

あと限定盤はPVと昨年3月のファーストライブから6曲のDVD付き。エロいジャケも相俟ってお得感です。AKANE嬢はじめ演奏陣がレコーディングテイクをも凌駕するスキルを見せつけます。気を付けたいのは、ラスト"ESCAPE"。フィル等展開の度に画面が揺れるエフェクトがあるので「また余震か!?」といちいち身構えてしまいます。特に東日本にお住まいの方はご注意を。

【Favorite Number】 BLACK RUBY / DANCE WITH A GHOST / ドラクロワの女神 / バレリーナ・シンフォニー / アマラントスの翼



GOLDEN MOONGOLDEN MOON
LIV MOON

曲名リスト
[CD]
1. 死の舞踏〜ディエス イレ〜
2. SAY GOODBYE
3. NOT GAME!
4. BLACK RUBY
5. DANCE WITH A GHOST
6. よざくらん〜夜桜嵐〜
7. Interlude〜THE LOST FORTRESS
8. ドラクロワの女神
9. FLY
10. バレリーナ・シンフォニー
11. 静かな奇跡
12. 命の森
13. 溺れる人魚
14. アマラントスの翼
[DVD]
1. INTRO〜THE LOST FORTLESS
2.死の舞踏〜ディエス イレ〜(PV)
3.月架
4.A WISH
5.DOUBLE MOON
6.鮮やかに…
7.GOOD NIGHT
8.ESCAPE

Amazonで詳しく見る


LIV MOON - 死の舞踏〜ディエス イレ〜


Divanity
Murder Of My Sweet
B002XG8LOG
From the Ashes
Voices Of Destiny
B002VA25H8
The Unforgiving
Within Temptation
B004HETPRY
posted by kerkerian at 22:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

Sister Crayon / Bellow(2011)

東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

私の住む千葉県浦安市も水が出ないとか自宅前の道路がペコッたりモコッたりな状況ですが、言ってみればせいぜい日常トラブルの範囲内。未曾有の事態に瀕した東北地方は正しく非日常の世界で、TVでそれを見せつけられるたびに戦慄の思いです。

自分に出来ることとして家計の許す限り全力で寄付をするつもりなのですが、当ブログ的にも何か…と言いたいところ。しかしこのような規約があるっぽいので宣言はしません(というか紳士協定ですね)。だから私は不言実行したいと思います。いま通常の生活が送れる私達にできるのは、オンライン/オフライン問わずいつも通り消費をして経済を回すことです。そして私も何事もなかったかのようにアルバム雑記を続けます。一日も早く穏やかな日常の中で音楽が聴ける日が来ることを祈って。世界中のアーティストの皆様、シンディ・ローパーみたくじゃんじゃん来日してライブやって欲しい。

さて遅くなりましたが本作はUSのTrip-Hopユニット。Terra Lopez嬢のどこまでも澄み渡るVoに、たおやかに爪弾かれるギター。Blind DevineCompany of Thieves系のEthereal-Alternativeで今こそ心のデトックス。

【Favorite Number】 I'm Still the Same Person / And Glass… / Anti-Psalm / Souls of Gold



BellowBellow
Sister Crayon

曲名リスト
1.I'm Still The Same Person
2.Here We Never Die
3.And Glass...
4.(In) Reverse
5.Every Third Hour
6.Anti Psalm
7.Thief-Boxer, Asleep
8.Stem
9.Ixchel, The Lady Rainbow
10.Souls Of God

Amazonで詳しく見る


Sister Crayon - I'm Still The Same Person
Sister Crayon - Stem


Hearts on Hold
Tu Fawning
B0046BU004
Lupon
Y La Bamba
B003XYL770
Afton (Dig)
Anni Rossi
B001EN4652
posted by kerkerian at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

Individual Industry / Dreams Never End(2011)

伯剌西爾のエレクトロユニットによる新作。

プロフィールによると・・・Alex Twin氏とMaurizio Bonito氏によるユニットで、96年の" Ice-Water"以来実に14年振りとなるリリース。とはいえこの2人は別プロジェクト3 Cold Menや、Alex氏によるWintryなど近年も精力的に活動しており、彼らのキャリアを総括した内容と言えるのが本作。Wave Recordsのレーベルメイトから9人の歌姫をゲストに迎えた、全曲Voものになっています。

WintryのAnne Goldacker嬢が参加していないのは残念ですが、まさにGoth-Electronica、Trip-Hop、Darkwaveサウンドという点ではブレがない。強いて言うならそれらの要素に加えIndividual IndustryはSynth-Popの色合いが濃いことか。聴きどころ様々な魅力を備える歌姫たちの饗宴。甘く妖艶なCarine Grieg嬢、ノスタルジックで透明感のあるCatherine-Marie嬢、ロリティシズムなCarine Grieg嬢、クールで色香漂うDanyela Gato嬢などなど。楽曲面ではアルバムタイトルを冠するだけあって、このDanyela嬢による"Dreams Never End"が抜きん出て秀逸。

1,000枚限定の通常盤、さらにRemix11曲を収録した100枚限定のLimited盤とプレミアムな本作。女性VoものDarkwave愛好家(狭いな!)は是非とも手に入れておきたい逸品である。

【Favorite Number】 Amy / Les Innocents / Dreams Never End / The Key Of Dreams



Dying and FallingDying and Falling
Individual Industry

曲名リスト
1.Amy Feat. Carine Grieg
2.Les Innocents Feat. Catherine-Marie
3.Blessed Be Feat. Jayne Casey & Ra Cole
4.Spring Night Dreams Feat. Downward Path
5.Sleepy Travel Feat. Carine Grieg
6.Dreams Never End Feat. Danyela Gato
7.Damn Springs Dreams Feat. Bettina Koester
8.Dreamland Feat. Claudia
9.Free In The Universe Feat. Hatria
10.The Key Of Dreams Feat. Carla P.
11.Liemprise Feat. Carine Grieg
12.To Sir With Love Feat. Gayna
13.Blessed Be (REMIX BY CISCO NASA) Feat. Jayne Casey & Ra Cole

オフィシャルで詳しく見る


In the Garden of Ecstasy
Beata Beatrix
B003VSTB3K
Outlining States of Mind
Scarlet Leaves
B0027CHT1W
New Naked Technology
Pink Industry
B003VW3BUU
posted by kerkerian at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする