2011年01月06日

アクセスオブザイヤー2010

あけましておめでとうGod's Eye Mask!
うっかり年を跨いでしまいましたが、恒例のオブザイヤー。
第1弾は2010年の記事154エントリーからアクセスTOP10を発表。



10位:Unlucky Morpheus / Hypothetical Box ACT2(2010)
東方系メタルユニット「あんきも」のリメイク盤。ぶっちゃけその後の『猫吟鬼嘯』のインパクトが巨大すぎてあまり記憶にないが…同人音楽の注目度が俄然上がってきた今年を象徴。

9位:Unsun / Clinic for Dolls(2010)
Gothic-Metal勢でも今年の目玉リリースの1つだったUnsun。1stに比べると微妙な感じもするが、スルメ盤な予感も。結婚してもAya嬢の変わらぬ美貌と併せて貫禄のランクイン。

8位:放課後ティータイム / 放課後ティータイムU
社会現象を巻き起こしたガールズロック日本代表。これは2次元の勝利だ。全てがキラートラック、全てが彼女達と過ごした桜高の青春。そう、けいおん!は生きがい。

7位:Yendri / Destination Oblivion(2010)
地道ながらコンスタントに作品を発表するDarkwave界のディーヴァ。こういうのが注目集めるとブログやってて良かったなーと思えます。

6位:We Are The Fallen / Tear The World Down(2010)
1年前から話題になっていたFemale Gothic-Metaの救世主が遂にヴェールを脱ぐ。流石のクオリティと話題性で早くもこの界隈では一歩抜きん出た存在になりつつあるか。

5位:オーラルヴァンパイア / ZOLTANK(2010)
おそらく最も待望度が高かった本作。6年待った甲斐があった充実の内容。B級感はそのままにちゃんとメジャーの音になっている辺り、上手くネクストステージに乗っかったようで嬉しい。

4位:少女病 / 告解エピグラム(2010)
この注目度と同様、個人的にも今年の同人音楽で一番のお気に入りの本作。検索キーワードでも圧倒的に多かったのは「少女病」と「告解エピグラム」だった。

3位:Lucky Soul / A Coming Of Age(2010)
正直なんでこれ書いたのか謎。感想も極めて適当、このブログには場違いすぎる爽やかポップス。でも…すごく…イイです。

2位:Hypnotica / Electronic Black Holes(2010)
8月に書いたにも関わらず、そしてかなり渋めなアーティストにも関わらず堂々の2位。「アーティスト名 楽曲名」でググると公式の次にこの記事が来るからか。なんか…サーセンwww

1位:Chew Lips / Unicorn(2010)
2010年もの1発目のエントリーが1位。2月12日だから時期が早かったのも要因か?珍しくまともな事を書いている記事が1位で本当に、良かったッ…w

2010年に約15万アクセスを刻んで頂いた皆さん!
(ユニークは3人くらいと思いますが!)
ありがとうございました。今年も宜しくお願いします!!


タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。