2010年02月27日

Morphologue / Closed Eyes(2010)

瑞西のエレクトロニカ・ユニットMorphologueの3rdアルバム。

ジャズやクラシック、ポップス、ドラムンベース等の要素から成るエレクトロ・ミュージック ―そうMyspaceに書いてある通り、電子音楽であることを忘れてしまうような、有機的な空気感に包まれたスタイルです。美しくアトモスフェリックなサウンドスケープながら、時折挿し込まれるドラムンベースが刺激となって、程良い覚醒感を与えます。こちらから無料で過去2作の中から数曲試聴とダウンロードができます(要会員登録)のでレッツ体験。

VoのMyriam嬢は、優しさと芯の強さを併せ持つようなボーカリゼーションで魅了。Roisin Murphyからアクの強さを抜いたような、いかにもエレクトロ・ディーバに相応しい声の持ち主です。ルックスがまたミステリアスで、大人びた声相応の妖艶なショットもあれば、うら若き少女の如きショットもある…要は年齢不詳なのですが、萌えに歳は関係ないのです!ないのです!



Closed EyesClosed Eyes
Morphologue

曲名リスト
1. fixed for everyone
2. i have a ride
3. sweeties
4. compared to you
5. closed eyes
6. rain
7. leave things how they are
8. mortimer
9. full circle
10. welcome
11. moon says

iTMSで詳しく見る


Sleeping Patterns
Anomie Belle
B001O54NV2
Looking Up from Underwater
Celeste Lear
B000FFL4L4
Overpowered
Roisin Murphy
B000W03O8I

posted by kerkerian at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

Imaginary ENOZ featuring HARUHI / Imaginary ENOZ & 涼宮ハルヒ(CV:平野綾)(2010)

アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の劇中バンド「ENOZ」に涼宮ハルヒと長門有希が参加してアルバムを作った、という態の本作。

そんなアニメ的視点を抜きにするとこれは実質、声優・平野綾のEPといったところか。キャラソンとしてもいちシンガーとしても、どちらで捉えても充分楽しめる良質なロックアルバムといえる。が…名曲『God knows..』はじめ既発の3曲と、新曲3曲のクオリティに差があり過ぎて愕然とする。

最大のポイントは西川進氏のギターワーク。彼もまた長門有希というキャラのギタープレイを演じているわけですが、「瞬時にギターという物体を理解して演奏できてしまう」というキャラ特性と、「それでも初めてなのでどこかぎこちない」という現象を見事に再現し、かつ西川氏自身のジャジーなスタイルも融合させていた。そうしたバックボーンを踏まえて改めて聴くと、ソロフレーズの粒の揃わなさとか強引な速弾きとかがより深みを増して聴こえる。

しかしそれらは全て既発曲の話。

新曲は普通に西川氏の巧いギターだった。そして曲自体も及第点以下の凡々たる出来。これに2700円出せるのは、熱心な平野綾、あるいはハルヒファンくらいだろう。俺のように11話「ライブアライブ」に魅せられラノベ全巻揃えて「エンドレスエイト」に失望しながらも第2期を最後まで見て、争奪戦を制して映画の舞台挨拶を見に行ったそんな程度のライトユーザはレンタルで充分でした。本当にありがとうございました。

あ、映画『涼宮ハルヒの消失』は普通に名作でしたよ!

TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』 Imaginary ENOZ featuring HARUHITVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』 Imaginary ENOZ featuring HARUHI
ENOZ featuring 涼宮ハルヒ(平野綾)

曲名リスト
1. Star way to heaven
2. Secret of sensation
3. When I was in love
4. God knows...
5. Lost my music
6. First Good-Bye

Amazonで詳しく見る


スピード☆スター
平野綾
B002LE49G4
涼宮ハルヒの詰合
涼宮ハルヒ(平野綾), 朝比奈みくる(後藤邑子)
B000FFL4L4
涼宮ハルヒの憂鬱 ドラマCD サウンドアラウンド
B000K0YF6U

タグ:Japanese Anime
posted by kerkerian at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

Cindergarden / Grim Confections(2010)

USのDarkwaveユニットCindergardenから2/14、素敵なSt. Valentine's DayプレゼントがiTunes Storeで配信開始。2年おきにキッチリ新作を出してくる彼らの3rdアルバムです。歌姫の名はJaymie Valentine嬢。粋なことをやりおる。

Collideよろしく「たおやかな狂気」とも言うべき1stアルバム"Underground Light Machine"、「邪悪なEthereal感」を放ちつつもメジャー感のあるDarkwaveに変貌を遂げ、さらにまるっとFree Download展開した2nd"The Clandestine Experiment"を経ての今作。雰囲気的には1stと2ndの間に位置するような印象です。解り易くなった部分の揺り戻しと、メジャー感のある音作りが50/50くらいで、全体的にはCindergardenのダークメルヘン(メンヘル)ワールドがverアップを果たしています。前進というより漸進。

おススメはThe Birthday Massacreを病ませたような"The Beat Inside"、不穏さ、気怠さ、妖艶さ、気高さとJaymie嬢の様々な表情(声色)が楽しめる"Playthings"。



Grim ConfectionsTomorrow in a Year

曲名リスト
01.Has Arrived
02.Candles On A Cake
03.Hex
04.Shee
05.The Beat Inside
06.Gingerbread
07.Pop Up
08.Playthings
09.Mesmerize
10.One More Drop
11.Rainbow's End

iTMSで詳しく見る


Disseminate
Cylab
B00125WC9E
Out of the Mists
Machine in the Garden
B000056III
Dirty Hands
Johnny Hollow
B0011JYE0Q

タグ:darkwave US
posted by kerkerian at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

Hungry Lucy / Pulse of the Earth(2010)

USのDowntempo/ElectroデュオHungry Lucyの、
オリジナルとしては4枚目のアルバム。

彼らの音楽の変遷を改めて振り返ってみると、1stの"Apparitions"はTrip-Hop色の強い、リズムを前面に打ち出したスタイルでしたが2ndの"Glō"から徐々にエレクトロニカ路線にシフトし、前作"To Kill A King"で確立したという流れ。

今作もその路線の延長線上にあり、柔らかなエレクトロと薄っすらDarkwaveのオブラートに包まれた極上のアトモスフェリックなサウンドはより磨きがかかっている印象。さらに顕著なのはChrista嬢のボーカルがよりメロディアスに深化を遂げ、歌ものとしての要素もプラスされた点か。哀愁漂うエレクトロワルツな"Balloon Girl"が象徴的。

寒々しい季節、マントルピースに薪を焼べて暖をとるようなほっこり感を味わえます。



A Sign of SublimeA Sign of Sublime
Sarah Jezebel Deva

曲名リスト
1.Just Imagine
2.Pulse of the Earth
3.Balloon Girl
4.Bumble
5.Hill
6.Simone
7.Voyeur
8.The Standing Ones
9.Sunday Smiled
10.Wandering

iTMSで詳しく見る


Love Is Blind
Claire Voyant
B00006JCG6
Teenage Poetry
Chandeen
B0012S56V2
Innerside
Lunascape
B0012X6F4Y
posted by kerkerian at 12:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | Downtempo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Sarah Jezebel Deva / A Sign of Sublime(2010)

Gothic MetalバンドAngtoriaのVo、Sarah Jezebel Devaのソロデビュー作品。

サラ嬢は自身のバンド以外にもCradle Of FilthをはじめTherionThe KovenantMortiisGravewormなど錚々たる暗黒系アーティストへのゲスト参加で名を馳せる実力者。4オクターヴのオペラボイスと巨躯を誇ります。まあこの時点で当ブログの評価はアレってことになりますが、それに関してはMyspaceに以下のような力強い声明を出されています。
I don't want to be skinny, i don't want to conform to fit in to what people think i should be part of, i don't want to be beautiful or sexy, i just want to be me! I want to be happy! I won't change for anyone.
さて、と音楽の話をしようか。
Angtoriaはトラッド感のあるシンフォニック・メタルだったのですが、このソロ作はギターの不穏なリフを主体としたパワーメタル風味が強くなっています。いよいよルックスに見合った音楽性にシフトしてきたと言えますが、メロや楽曲構成が詰めきれていないのが垣間見えたり、mixの甘さとか、幾つか残念な点があります。声が良いだけに勿体無い。本当声だけは。



A Sign of SublimeA Sign of Sublime
Sarah Jezebel Deva

曲名リスト
1.Genesis (Intro)
2.A Sign Of Sublime
3.She Stands Like Stone
4.The Devils Opera
5.They Called Her Lady Tyranny
6.The Road To Nowhere
7.Your Woeful Chair
8.A Newborn Failure
9.Daddys Not Coming Home

Amazonで詳しく見る


God Has a Plan for Us All
Angtoria
B000F5GOLO
Dawn of the New Athens
Aesma Daeva
B000P37NDE
Grace Submerged
Octavia Sperati
B000P6R74Q
posted by kerkerian at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ALI PROJECT / La Vita Romantica(2010)

アニソン界、そしてゴシックシーンを長年牽引する重鎮中の重鎮ALI PROJECTのベストアルバム。当然全てが既発曲ですが、私のようなコードギアスの曲くらいしか知らない新参リスナーは新鮮なエクスペリエンスを享受できる内容。

基本彼らのシングル曲はベストにしか収録しないようですが、今回はランティスからリリースのシングル及びC/W曲に限定されるため件の『わが臈たし悪の華』や『勇侠青春謳』は含まれず。

先入観なしで聴くと、アリプロお家芸の壮大な歌劇インダストリアルからシャンソン風味、ストリングスものまで多種多様。これが本当にアニメの主題歌なのかと驚く事しきりです。目まぐるしいコード展開が織りなすプログレッシヴな楽曲は、現代音楽シーンの尺度からすれば世界でも類を見ない「変態」にカテゴライズされて可笑しくない訳ですが、ALI PROJECTの場合は不思議と全く奇を衒った感が無い。まるで呼吸をするかの如く、あの歌劇風でメガロマニアックな旋律が飛び出すようです。

変態どころか「気高さ」「気品」といった印象は、ひとえにコンポーザー片倉氏の才覚と、宝野アリカ様の浮世離れした存在感。そして完璧に構築された様式美の成せる業。何故数多の同人音楽、ゴシックユニットがアリプロの強い影響下にあるのか。その理由の一端を今更ながら垣間見た気がします。

La Vita RomanticaLa Vita Romantica
ALI PROJECT

曲名リスト
1. 逢魔ヶ恋
2. 跪いて足をお嘗め
3. 裸々イヴ新世紀
4. 桃色天国
5. 最愛なる魔王さま
6. 王的血族
7. 暗黒天国
8. 戦慄の子供たち
9. コヒブミ
10. 吾君想う故に吾在り生き霊となりて
11. 輪廻闇妖散華
12. コトダマ
13. 地獄の門

Amazonで詳しく見る


箱庭ノート
kukui
B000UJAOWU
Seventh Heaven
Kalafina
B001O771IM
月のひかり
片倉三起也
B0001ZX466
posted by kerkerian at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

Sins In Vain / Enemy Within(2010)

スウェーデンのGothic Metalバンドデビュー作。
これが今年一発目の購入アルバム。

ギターとリズム隊の息のあったタイトさが魅力の、オーソドックスなFemale Vocal Metalです。手数の多さの割には、疾走感に頼っていないところがいい。溜めて溜めて、最後まで走らずに終わるってのは個人的に好きな展開。ではカタルシスを得られないのかというと、否。Linnea嬢の唄は非常にメロディアスで。楽曲的にもフック満載。なんならシンガロングできそうなくらい。だけど有りがちなキャッチーさや、クサメタル具合とは無縁な丁度良いバランス具合です。

2009年はエントリーの多さの割に、突き抜けたMetal作品が少なかったように思います、個人的には。Sins In Vainのクオリティとポテンシャルには、「今年こそFemale Gothic Metal豊作の年になるんじゃないか…」と期待を抱かされます。



Enemy WithinEnemy Within
SIns In Vain

曲名リスト
1.Frozen
2.(To Be) Judas
3.Borderline
4.Feel My Indifference
5.Obsession
6.Apollon
7.Sleep
8.Catharsis
9.Remission
10.Bid Farewell

iTMSで詳しく見る


Inner Verse
Enter Twilight
B000ZQARGQ
Apocalypse
Holyhell
B0028RFBVG
A New Beginning
La-Ventura
B0012OVFXE
posted by kerkerian at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

Chew Lips / Unicorn(2010)

暫く2009年リリースものでお茶を濁してきましたが、
漸く2010年新作ものが出揃ってきましたので遅まきながら今年のエントリー一発目。

UKのエレクトロ・ユニットChew Lipsの2ndアルバム。Synth-Popをベースとしながらも、音数の豊富なHouse、アグレッションの高いエレクトロ・クラッシュやチル的なエレクトロニカなどここ30年間の電子音楽シーンを総括したような素敵な作品です。"Slick"のLive From The Living Roomと銘打った動画がYoutubeに上がっていますが、まさに自宅のリビング(もしくはプライベートスタジオ)で撮ったと思しき映像ながら、音源と遜色ないクオリティ。クラブサウンドから宅録、さらにはヘッドフォンで聴くMP3データと環境を選ばずに鳴らすことのできるエレクトロミュージックの「今」の象徴な気がしたので2010年ものエントリーの一発目とさせて頂きました。完全に後付けだけどね。

コーヒー中毒の私ですが、昨年ネスプレッソを買ってから殆どスタバとかタリーズに行かなくなりました。カフェと遜色ない、いやそれ以上の味を家で楽しめるのだから無理もないというもの。かつてもて囃された「ユビキタス」が、今や普遍的すぎて誰も言及しなくなったようにエレクトロ音楽も同じ途を辿るのかもしれません。



UnicornUnicorn
Chew Lips

曲名リスト
1. Eight
2. Play Together
3. Slick
4. Karen
5. Too Much Talking
6. Toro
7. Two Years
8. Seven
9. Two Hands
10. Gold Key

Amazonで詳しく見る


I AM AMWE
AMWE
B002KJG8BY
Lights
Ellie Goulding
B0034AAGIY
Coin for the Well
Fan Death
B0033AX21I
タグ:Synth-Pop UK
posted by kerkerian at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

Plum / Different Skin(2009)

UKのシンガーソングライターShona Maguireのプロジェクト、それがPlum。

2枚のEPに続く1stフルアルバムとなる本作。アコースティックギターをはじめとするオーガニックサウンドを基調としながらも、エレクトロニカを効果的に織り交ぜた「清涼感のあるエクスペリメンタル・フォークトロニカ」といったところか。

Shona嬢の、KT TunstallやBat For Lashesを彷彿するどこか孤高というか寂寥を感じる声が出色。ノスタルジアとフューチャリズムを同時体験できる不思議な世界。



Different SkinDifferent Skin
Plum

曲名リスト
1.Goosebumps
2.Lullaby
3.You
4.Different Skin
5.Oceans
6.The Eagle and the Penguin
7.The Dragon
8.As Trains Pass By
9.Connor
10.Sparkled.with.Rain
Amazonで詳しく見る


Eye to the Telescope
KT Tunstall
B000EMH9TE
Two Suns
Bat for Lashes
B001RQ0SJO
Speak for Yourself
Imogen Heap
B000B7BZM4
posted by kerkerian at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

The Nuri / Masquerade (2009)

今回は正真正銘1枚まるっとフリー配信中、ドイツのオルタナティヴロックThe Nuri。

驚愕しました。遅ればせながら11枚目のアルバムオブザイヤー2009に決定です。
1曲目の"Masquarade"から持っていかれる。メタル風味な疾走感を湛えたリズム隊に、KeyとGtが織りなすコズミックなリフ。そしてSandra嬢のエモーショナルながらどこか激情を押し殺したようなボーカリゼーションと完璧なアンサンブルを見せつけられます。

基本的にはリズムの重たさに相反して浮遊感のあるフロント陣という関係。クリーントーンの煌びやかなギターワークが出色で、DredgMake Good Your Escapeなどの名前が思い浮かびますがFemale Vocalものでは類を見ないハイレベルなアートロックです。

何よりこのクオリティでFree Downloadというのが凄い。依然オープン化されず、規制と違法行為のいたちごっこという構造不況の音楽シーンにおいて、The Nuriの提示するプロモーションはそんな図式を根底からNuri変える可能性を秘めていると言えます。



HuntressMasquerade
The Nuri

曲名リスト
1. Masquerade
2. Ladder To The Stars
3. Chocolate Bar's Aftermath
4. Unshackled Waters
5. Left Back In A Box
6. The Morning
7. A Natural Differance
8. Midsummer
9. Time Is Now
10. Unfortunate Lovestory
11. Reality Circus



The Invalid
Clandestine
B002WO0JDU
Letters from Fire
Crest
B0000658V8
Sign of Devotion
Sengir
B000FFL072
posted by kerkerian at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする