2009年09月29日

Diablo Swing Orchestra / Sing-Along Songs for the Damned & Delirious(2009)

スウェーデンのゴシック・メタルバンド2ndアルバム。
個人的に今年最も期待していた新作のひとつです。

本作は同郷の、今をトキメくIn FlamesのプロデューサーRoberto Laghiを迎えて制作された訳ですが、結論からいうと「よくも余計な事してくれたなメロデス厨のクソ野郎」ということになります。

1曲目から期待通りのスウィング、デスジャズ的空気感で幕を開けますが、まず朗々としたバリトンボイスにお茶吹いた。つーかDSOって女性の無駄に荘厳なオペラボーカルのバンドじゃなかったっけ?と思ったら合いの手程度のフィーチャリングぶり。男女Vo比が前作1:9から今作7:3くらいに逆転している。これはいけません!

ボーカルギターのDanielによるバリトン声も笑えるから悪くはないんだけどねー
System Of A Downが"Mezmarize"で急にGtのダロンがボーカルを取り出した時のことを思い出した。1人で十分だった変態Voに新たな変態が投入された衝撃。変態B(ダロン)の変声も悪くはないけど、俺は変態A(サージ)の良い声が聴きたいんだ、シャシャんなよと。

曲構成とか、サウンドプロダクション的にはDSOのエキゾチック感、誇大感が引き出されていてとても良い具合なだけに非常に残念…と多少は褒めようとしたんですが途中からなんかもう「ちょwwwなにこのバイキングメタルwwww」みたいなgdgd展開になったので、やっぱ全体的にダメ評価になりました。

以前レビューしたPure Reason Revolutionと同様、もはや『オルタナティヴ弦奏』の対象アーティストでは無くなってしまうのだろうか。そんなもの悲しさが漂う、秋の夕暮れでございます。

Sing-Along Songs for the Damned & DeliriousSing-Along Songs for the Damned & Delirious
Diablo Swing Orchestra

曲名リスト
1. Tap Dancer's Dilemma
2. Rancid Romance
3. Lucy Fears the Morning Star
4. Bedlam Sticks
5. New World Widows
6. Siberian Love Affaris
7. Vodka Inferno
8. Memoirs of a Roadkill
9. Ricerca Dell'Anima
10. Stratosphere Serenade

Amazonで詳しく見る


Embrace the Storm
Stream of Passion
B000AQBARQ
Autumntales
Lyriel
B000I8OFVE
Delusions
To-Mera
B0011GGOTI
posted by kerkerian at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

Omega Lithium / Dreams In Formaline(2009)

インダストリアルものでもう1枚、
クロアチアからのブランニューアーティスト、Omega Lithiumデビュー作。

旧東欧ということで、私の中で勝手に括っていた「背徳感に満ちたダークウェーヴ」カテゴリですが、彼らに関してはとても陽性なゴシック・インダストリアルロックを展開しています。Nemeseaと同様、各セクションの生音を基調にトランシーなウワモノを被せて電子音楽感を出す手法です。

例によって私的には男性デスボは要らない子なんですが、まあ気にはならないアクセント程度。ボーカルのMya嬢はさすが東欧!と思わせる美女ぶり。歌唱のほうは低音域の旋律が多いせいか、本領を発揮できていないもどかしさが漂う。時折高音で見せる凛とした中世的な声がとても魅力的なので、突き抜けたメロディを次作では期待したい。

Dreams In FormalineDreams In Formaline
Omega Lithium

曲名リスト
1. Infest
2. Stigmata
3. My Haunted Self
4. Dreams In Formaline
5. Andromeda
6. Nebula
7. Snow Red
8. Hollow March
9. Factor:Misery
10. Angel's Holocaust
11. Point Blank

See details at Amazon


The Universe Expands
Dol Theeta
B001SZ28YW
Violet
The Birthday Massacre
B000A2H7YA
Hadel
Velcra
Hadel

posted by kerkerian at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

Nemesea / Pure live @ P3(2009)

へヴィ系ではかなりフェイバリッ度の高い、蘭のNemeseaがライブ盤をドロップ。

彼らの最新オリジナルアルバムである"in Control"は私も参加した音楽ファンドSell A Bandによって制作された作品なので、思い入れは人一倍なのですが、当時はEpicaやAfter Foreverのフォロワー的なシンフォニック・ロックで正直そんなに面白味はない印象でした。ただゴス系女性Voバンドだったのと、ライブパフォーマンスのタイトさで気に入った覚えがあります。

そんな彼らが5000人の支持を得てリリースした"In Control"は嬉しい誤算、シンフォロックから脱却し、インダストリアル要素の加わったアグレッションの高い作風に変化しました。それを受けて今回リリースとなった本ライブアルバムもエレクトロパートは忠実に再現され、生パートはよりスリリングになりインダストリアル特有のザラついた音とともに素晴らしいクオリティです。さらに特筆すべきは、もはや無かったことにされている1stアルバムから唯一披露されている"Lucifer"。只のモダンへヴィネスだったオリジナル曲が見事に「今の」Nemesea色にリアレンジ。トランス風に生まれ変わったことでオシャレさとディープさを獲得している。

これを聴いて今頃、出資した5000人(俺含む)は
「ネメシーはワシが育てた」と星野ってるに違いない。

Manda嬢も色んな意味で貫禄が出てきて、益々3rdアルバムに期待が掛かります。
個人的には"Assembly"期のTheatre Of Tragedyくらいにまで上り詰めて欲しい。

Pure live @ P3Pure live @ P3
Nemesea

曲名リスト
1.Intro
2.In Control
3.No More
4.Lost Inside
5.Home
6.2012
7.Never
8.Frozen Crystals - improvisation
9.Bass solo
10.The Way I Feel
11.Believe - guitar solo
12.Lucifer
13.Drum solo
14.Broken
15.Angel in the dark
16.Like the Air
17.No Good (start the dance)

オフィシャルショップで詳しく見る


Assembly
Theatre of Tragedy
B002EIJ94E
Strain
Flesh Field
B00065GI64
In Control
Nemesea
B000V7KJ6C

posted by kerkerian at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

Wildpath / Non Omnis Moriar(2009)

仏シンフォニックメタルバンドの2ndアルバム。

素晴らしいタイミングで出会った一枚です。
前のエントリーのEchoes Of Eternityでは結局「おっぱい」という感想しか出てこなかったダメな私。そんな心の隙間を埋めるかのようなこのバンド。
疾走感、重量感というメロディックメタルの必要条件を踏まえつつ、
壮大なオーケストレーションとオペラティックなボーカルワークによる叙情性。
さらには起伏の烈しいプログレッシブ性もある。

詰め込み過多でも、彼等独自のフェアリーテイリングな世界を築き上げることに成功している。今の所ゴシックメタル系では今年一番のフェイバリッ度。

楽曲単位に掘り下げた秀逸なレビューがこちらにありますのでご参考まで。

因みに、おっぱい的にはこちらのMarjolaine嬢より、
Echoes Of〜のFrancine嬢に軍配が上がります。

NON OMNIS MORIARNon Omnis Moriar
Wildpath

曲名リスト
1. Two Broken Candles (Introduction)
2. Unforgotten
3. Ballroom Doors (Interlude)
4. Shadows Dance
5. Grinin Sanity
6. Facing Fears (Interlude)
7. Ghost Memories
8. Desire part I - Lust
9. Desire part II – Forsaken
10. Light Heart
11. Secret’s Case
12. Cimetear (Interlude)
13. Non Omnis Moriar
14. Hall Stairway (Interlude)
15. Sanctuary part I – The Cathedral
16. Sanctuary part II – Death
17. Sanctuary part III – Acceptation
18. Norse Legends Come To Life
19. Secret’s Case [Bonus Video]

Amazonで詳しく見る


Of Wars in Osyrhia
Fairyland
B000JUB9ZG
Lost Horizons
Luca Turilli Dreamquest
B000FIM2K8
Symphony of Enchanted Lands
Rhapsody
B00005668B
posted by kerkerian at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

Echoes Of Eternity / As Shadows Burn(2009)

USのGothic Metal / Power Metalバンドの2ndアルバム。

彼らの持ち味は、女性Voを擁するバンドにあってトップクラスのスピード感。あと爆乳。
メロスピと言って良いかもしれない。前作ではその前のめり感ゆえに、逆に平坦な印象もあったのですが、今回はさらに強度を増す事でバリエーションの創出に成功している模様。ハイライトは有無を言わせぬブラストで強引に押し切る6〜9曲目。特に足数が多いことで定評があるドラム。テンポに関係なく必ず3連、4連のバスドラを絡めてくる様は爽快の一言。

いっぽうギターとボーカルは相変わらずで、荒々しくシャープなマシンガンリフと、ソプラノもデスも無いフラットで伸びやかな声が適度な彩りを添える。この「適度」さはGothicを標榜するバンドとしては若干物足りない。そこら辺はやはりUS。欧州勢のメロドラマティック性を求めるのは酷というものだろうか。

それにしても爆乳。

As Shadows BurnAs Shadows Burn
Echoes of Eternity

曲名リスト
1. Ten of Swords
2. Veiled Horizon
3. Memories of Blood and Gold
4. Scarlet Embrace
5. Descent of a Blackened Soul
6. Twilight Fires
7. Buried Beneath a Thousand Dreams
8. Letalis Deus
9. Funeral in the Sky [Instrumental]

Amazonで詳しく見る


The Clouds Of North Thunder
Amberian Dawn
B001TGU6TE
Rising
Seraphim
B001TK8WJ6
Reflections
MinstreliX
B001QL366W
タグ:Power Metal US
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

Claire Voyant / Lustre(2009)

カリフォルニアのDream-Pop/Darkwaveバンド、クレア・ボヤンが帰ってきましたよ!

実に7年振りとなる新作は、デビュー15年目にして漕ぎ付けた4thアルバム。
USのバンドでありながらドイツを中心にヨーロッパで高い支持を得ている彼ら、2002年の3rdアルバムでようやくフィラデルフィアの独立レーベルからのリリースが叶い、併せて旧作も米国市場で再リリースされるなど地道な活動をここ数年していた模様。

長いブランクに一抹の不安も覚えたのですが、もう最初の音から変わらぬクレア節。
EtherealとDarkwaveの狭間をいく絶妙なアトモスフィア。
生音、バンド感を軸に据えながらもコズミカルな電子の粒が溢れ、
希望と浮遊感に満ちた陽性Trip-Hopのグルーヴ感。

全く色褪せない、タイムレスな魅力満載の音楽がここにはあります。

LustreLustre
Claire Voyant

曲名リスト
1.Lustre
2.Shine
3.Int.Oblivion
4.Anothe.Da.(Th.Subtl.Thie.o.Youth)
5.Mercurial
6.Painte.Gold
7.Lost
8.Flicker
9.Broadcast
10.Washaway

Amazonで詳しく見る


Two Headed Monster
Collide
B001EKTAWO
Messages
Blue Stone
B002CPMB6M
To Kill a King
Hungry Lucy
B0006866CC
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

Flunk / This Is What You Get(2009)

ノルウェーのエレクトロユニット6thアルバム。

ご丁寧に「Flunk 落第」と書いてあるオフィシャルサイトが微笑ましい彼ら。
まあ失敗とか落第とか退学とか、そんな意味を冠しているバンドなのですが、音楽的には極めて偏差値が高く寧ろ飛び級な勢いです。

既に00年代初めから北欧、英国を中心に安定した評価を受けている彼ら、当初のオーガニック・ポップ寄りの作風からダークで実験的なエレクトロニクスへ軸足を移したのが前作"Personal Stereo"。今作はその路線を推し進めた感じの仕上がりです。全体を覆うフォークトロニカに、"Stain”、"Shoreline"で見せるダブステップ要素、"Common Sence"のハウス要素、"Ride"のキッチュなR&Rなどが散りばめられています。そしてアンニュイさと崇高さを併せ持つボーカリストのアーニャ嬢が、いちインストゥルメントとして楽曲に溶け合っているのがまた良い。

という訳で秋の夜長にはフォークトロニカを。いつもチョイスに本文の数倍時間が掛かっている(笑)、ページ下部の関連レコメンド3枚。今回は特にElsiane、Weekend Players、Hooverphonic全てをマストな勢いでプッシュしたい。

This Is What You GetThis Is What You Get
Flunk

曲名リスト
1.Dying To See You
2.Common Sense
3.Cigarette Burns
4.Ride
5.Love Hearts
6.Speedskating
7.Stain
8.Cardboard Rebel
9.Shoreline
10.Down
11.Karma Police

Amazonで詳しく見る


Hybrid
Elsiane
B001BTZKOK
Pursuit of Happiness
Weekend Players
B00008DKDC
The Magnificent Tree
Hooverphonic
B0012GMZCC

posted by kerkerian at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

Boat Beam / Puzzle Shapes(2009)

スペインの女性3人組ポップユニットのデビュー作。

3人組ポップグループという事で欧州ではAu Revoir SimoneやEphamera、日本でもmiu mauあたりが想起されます。清涼感溢れるオーガニック・ポップで各メンバーが奏でるピアノやアコースティックギター、チェロ、ビオラがアーシーさとスペーシーさという両極へ私達を誘います。

そして単なる60's〜70'sソフトロックの消化のみならず、各々の音楽偏差値の高さに裏付けられたエクスペリメンタルで刺激的な楽曲が魅力的。特に牧歌的なワルツから4拍子に転回しスピードアップしてブラストに雪崩れ込む"lgloo"に代表される、どこか一筋縄ではいかないサイケデリックな匂いも感じさせる。アー写の清楚な感じからかけ離れた、The Dresden Dollsにも通ずる危うさがほんのりと(全体の約3%くらい)感じられ、それがまたギャップ萌えだったり。そんなソフトヤンデレ(?)をご賞味あれ。

 Puzzle ShapesPuzzle Shapes
Beat

曲名リスト
1.The Rain Pauly
2.Session Cats
3.Igloo
4.Falling Over
5.Lion Hunt
6.Ocean As Second Skin
7.Sleepwalker
8.One Becomes Two
9.Colours
10.Puzzle Shapes

iTMSで詳しく見る


Still Night, Still Light
Au Revoir Simone
B001XJNZ9A
Design
miu mau
B0014D6MIG
The Dresden Dolls
The Dresden Dolls
B0001XARKE

posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

angela / Land Ho!(2009)

アニメ・ゲーム音楽界隈では着実に支持を広げつつあるユニット、
angelaの4hオリジナルアルバム。

先行で発表された『アスラクライン』主題歌の"Spiral"、『屍姫』のOP曲"Beautiful fighter"、ED曲"光、探せなくとも"はいずれもハードエッジィでダーク、或いはゴシックな世界観を纏っていたため、深い闇に誘われるようなテイストの新作を予想していたのですが、それを覆されるような陽気なエレポップで幕を開ける。

その後、前述の3曲でずずーんと沈み込んだ後に待っているのは80'sアイドル歌謡を思わせる"満月オールナイト"。アニソン界屈指の歌唱力を誇るAtsuko嬢だけに、チープ感は微塵も感じられない。だからこそ逆に可笑しい。広瀬香美とか大黒摩季を彷彿とする感じ。

たぶんバランスを取るために敢えて陽性な曲を散りばめたんだろうけど、何年か前の企画盤『新宿狂詩曲』みたいなカオスな世界観で統一されたものをまた1枚作って欲しいなあと思う。

全体としては彼らの実力が遺憾なく発揮され、バリエーションも豊富な1枚に仕上がっています。ファフナーの『Shangli-La』でangelaを知った初心者さんにも満足できる作品ではないでしょうか。

Land Ho!Land Ho!
angela

曲名リスト
1. Galactic material
2. Spiral
3. Beautiful fighter
4. 光、探せなくとも
5. 満月オールナイト
6. SONGS
7. Fine!
8. 此処に居るよ
9. innocence
10. Beginning
11. My story
12. パノラマ

Amazonで詳しく見る


僕はまだ何も知らない。
石川智晶
B000STC9E8
メイン☆ストリート
May’n
B001LGCTSS
here I am
美郷あき
B001BXTOK2
posted by kerkerian at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

Blue Stone / Messages(2009)

濃いレビューの後なので、ジャンルも感想も思いっきり薄味でいきますw

USのTrip-Hop/Electronicaユニットの3rdアルバム。曲毎に3人の女性ボーカルが唄う極上のエーテル・ミュージックです。トリップホッパーの他、Opus III とか一昔前の女性Voエレクトロサウンドの空気感が好きな方にもおススメしたい。

一点の澱みなき、蒼き静謐に包まれた電子の海へダイブ!

MessagesMessages
Blue Stone

曲名リスト
1. Midnight Tides
2. Open Your Eyes
3. Déjà Vu
4. Hang On
5. Wait for the Sun
6. Open Sky
7. Lotus Bloom [Instrumental]
8. Come Alive
9. Moving Forward
10. Ancient Echoes
11. Set Me in the Sun
12. Bridges
13. Silence
14. Hypnotized
15. Messages

Amazonで詳しく見る


Mind Fruit
Opus III
B000002JPG
The Dark Side of Life
Prospective
B0017YXXZC
Nuages du Monde
Delerium
B000I0QKBU
posted by kerkerian at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Downtempo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする