2009年05月31日

Chicks on Speed / Cutting The Edge(2009)

音楽のみならず、ファッションブランドとしても活躍のフィールドを広げる独エレポップ・グループの最新作。

話題性という意味ではエレクトロ・クラッシュシーンの先駆者として名を馳せた2000年の1stアルバム"Chicks On Speed Will Save Us All"が確かにピークだったかもしれないが、猥雑さ、下世話さが際立っていた当時から随分音楽的に洗練され私としては作を重ねる毎に好印象になっています。

基本はハイテンションでおバカ全開のやりたい放題なエレクトロですが、そこに垣間見えるクレバーさやアイロニカルなアイディア。New WaveやSynth-Popへの憧憬を隠そうともせず、しかしそれらのパロディに成り下がらずにキャラクター性の強さを押し出して独自の「個」を構築する、見事なセルフプロデュース振りに拍手。

尤もそんな小難しい事は考えず、Junior Seniour、Andrew W.K.から羞恥心、Paboに至るまでおバカ(系)のパーティノリな音楽の集大成的な感じで楽しんだもん勝ち。そう、楽しいが正義!

Cutting the EdgeCutting the Edge
Chicks on Speed

曲名リスト
1. Intro
2. Girl Monster
3. Art Rules
4. Art Speaks Out
5. Vibrator
6. Airport Connection
7. Buzz
8. Extended Paintbrush
9. Globocop
10. Sex In Der Stadt
11. Strip Song

Amazonで詳しく見る


God's Money
Gang Gang Dance
B0007UDCL2
This Island
Le Tigre
B0002X9NWQ
Two
Miss Kittin
B001PPGK9Y
posted by kerkerian at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

Autumn / Altitude(2009)

和蘭のゴシックメタルAutumnの4thアルバム。

シューゲイザーAutumn's Grey Solace、Gochic RockのAutumn Tears、クラシカル・ゴシックキャバレーSSWのEmilie Autumnと、奇しくも全部USなんですがGothic系FemaleVoアーティストは兎に角"Autumn"がお好きな様子。英語圏でも秋を寂寥感とか、哀愁めいたものの記号性として認識してるんでしょうかね。

今回のそのものズバリなAutumnは上に列挙したものの中では最も正統派なゴシック音楽。どちらかというとモダンへヴィネス性よりも旧き良きハードロックのフレイバーを感じます。今作から新加入の女性ボーカリストMarjan Welmanは、中音域を淡々と歌い上げるスタイルで、カタルシスには欠けるものの安心して聴ける。逆にいえばGothicに不穏さやメランコリーを求める向きには物足りないか。

van der Valk兄弟が奏でる壮麗なギターアンサンブル(但しこちらもリフやオブリがちょっとHR的というか、旧い)に耳が行きがちですが、地味にkeyがいい仕事してる。クラシカルなピアノだけでなく、トランシーなエレクトロ的アプローチで空間の広がりを演出。ここがもっと前面に出てくれば面白い存在になるんだけど。

結論:フックが少ないので、着うた向きではないと思います(笑)

AltitudeAltitude
Autumn

曲名リスト
1. Paradise Nox
2. Liquid Under Film Noir
3. Skydancer
4. Synchro-Minds
5. Heart Demands
6. Minor Dance
7. Cascade (For a Day)
8. Horizon Line
9. Sulphur Rodents
10. Answers Never Questioned
11. Altitude

Amazonで詳しく見る


Dialectique
CATAFALQUE
B000Y2JIIY
Second Rose
Domina Noctis
B001SZ28X8
The Angel & the Rain
Love Crave
B000I6AGCS
posted by kerkerian at 20:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

64Revolt / What a horrible night to have a curse(2009)

当ブログ2回目の登場となる、瑞典のエレクトロユニット64Revolt。
2008年の"Aim For The Flat Top"から連続リリースとなる4thアルバムです。

縦横無尽のHarsh Voiceでデジタル・ハードコアの装いだった1st、
何故か男性Voが前面に出てきて邪魔だなあ。と思った2nd、
女性Voに戻ってメロディアスさを増し、8bitサウンドが完成をみた3rd。

こういった進化を経た今作は、女性Voが主役なのはそのままに初期の荒々しさが戻ってきたような攻撃的でエッジの立ったサウンドが印象的です。ただバンドの理念でもあるピコピコ音はどーしたの?という前半部分。しかしそんな杞憂を吹き飛ばす後半、6曲目の"Blue baby"からの目くるめく8ビット・ディスコサウンド。ノスタルジックさは勿論、なんでしょうこの...中田某氏プロデュースを思わせる、あざといオサレ感(褒めてます因みに)

ともあれ今回も、オフィシャルで全曲フリーDLの大盤振る舞い。
この機会をお見逃しなく!

What a horrible night to have a curseWhat a horrible night to have a curse
64 Revolt

曲名リスト
1. Scrub me mama with a boogie beat
2. Garden party
3. Fireworks
4. My precious friends
5. Bite the bullet
6. Blue baby
7. Search and destroy
8. Fun with a gun
9. The best of all my days
10. Adore me

オフィシャルサイトで詳しく見る


Atmosphere Around Us
Wintry
B001GOKGCQ
phantasmagoria
THE ROYAL DEAD
B001A846K6
Infidelity Park
Popvert
B001TD6WAO
posted by kerkerian at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

The Birthday Massacre / Show And Tell(2009)

カナダのGothic / PopバンドThe Birthday Massacreの最新作は、当ブログ初のライブアルバム。2007年の最新作"Walking with Strangers"プロモーションツアーで訪れたハンブルグでのギグの模様を収録。何故今になって?という疑問は拭えませんが、メジャーデビュー後3枚のアルバムから代表曲を網羅した、グレイテスト・ヒッツ盤ともいえる充実の内容です。

THe Bithday Massacreに関するキーワードを列挙すると、「ゴシック」「エレクトロ・ロック」「ニューウェーブ」「ダークメルヘン」「ボーカルがChibi(チビ)嬢」「ゴスロリだが実は妙齢」「だがそれがいい」など。

一言でいうと、色んな要素を持ちながらどの楽曲も「ポップ」に昇華されていること。それがTBMの素晴らしさ。このアルバムでは演奏面、アレンジ面ほぼ完全再現。とかく、こうしたバンドで不安視されがちな演奏力のみならず、ライブ独特のダイナミズムも見せつける。特に『Falling Down』の胸締め付けられるような80'sニューロマンティックや、『Red Stars』の畳みかける重爆リフから可憐でメロディアスな歌パートへのカタルシスはオリジナルを凌ぐ勢い。

「ゴシック」というところではファッション的な部分、所謂ゴスロリの要素が強く、ルックス的にも及第点(少なくとも肉々しいということはない)なため、我が国でも受け入れられ易いスタイルだとは思います。曲毎にMCで「だんけしぇーん。ウフフフ」とはにかむチビ嬢に萌えろ!

Show and TellShow and Tell
The Birthday Massacre

曲名リスト
1. Before Dark
2. Video Kid
3. Lovers End
4. Goodnight
5. Falling Down
6. Violet
7. Red Stars
8. Looking Glass
9. Remember Me
10. Unfamiliar
11. Walking with Strangers
12. Weekend
13. Horror Show
14. Kill the Lights
15. Blue
16. Happy Birthday

Amazonで詳しく見る


The Birthday Massacre - Horror Show
The Birthday Massacre - Lovers End


A Kiss Could Be Deadly
A Kiss Could Be Deadly
B0012IWHIW
Chasing the Ghost
Collide
B000050YAK
Dreams
Jakalope
B0009RJEZ6
posted by kerkerian at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

Vic Anselmo / Trapped In A Dream(2008)

良質アーティストを輩出し続ける現代音楽のダークホース、ラトビアの新鋭ゴシック・シンガー「ヴィク・アンセルモ」嬢の1stアルバム。因みに元PANTERAのフィル・アンセルモとは関係ないです念のため。

ぬいぐるみを抱え、夢遊病者の如くヒラヒラと舞うステージングを見せる彼女ですが、只のスタイル先行型ゴシックかと思いきやそうでもない。M-AUDIOを自在に操り、しっとりとした美メロ曲からゴシックロックものまで幅広く歌いこなす、高いアーティスト性を持っています。丁寧に練られたメロディ、真摯な音作りは非常に好感が持てます。
中でも先行してEPリリースされていた"Beverly"は素敵な佳曲。

総じていえば、ヘヴィさに頼らないリリカルなゴシック音楽。Dolores O'RiordanやEmilie Autumnあたりのシンガーソングライターもの好きなら要チェックです。

Trapped in a DreamTrapped in a Dream
Vic Anselmo

曲名リスト
1. Who?
2. Beverly
3. The Flight
4. World From Here
5. Put Your Spell On Me
6. Underwater
7. Before I Could Breathe
8. I Cried (Tribute To Dimebag Darrell)
9. Deadman Walks
10. Bus Stop
Amazonで詳しく見る


Vic Anselmo - Love You to Death
Vic Anselmo - Beverly


Are You Listening
Dolores O'Riordan
B000O170YY
Enter My Religion
Liv Kristine
B000INAXB0
Air
Agua de Annique
B000W04RXO
posted by kerkerian at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

Zeitgeist Zero / Dead To The World(2009)

UKのインダストリアル・ユニットの2ndアルバム。
VoのTeresa "Dead"嬢をはじめ、Corin "Zero"、Kerry Von "Null"とメンバーがいずれも「ゼロ」「無」を名乗るコンセプチュアルなバンド。その名の通りピアノを主体とする耽美的でメランコリックな楽曲を軸としながらも、エッジの利いたポジティヴ・パンク的な攻撃性、あるいは肉太な…もとい、骨太なインダストリアルナンバーを聞かせたりと様々な表情を見せる、一枚で3度くらい美味しいそんな作品です。

そしてそんなスタイリッシュさ、刹那的な世界観を一瞬にして覆す残念なビジュアル。否、これもまた「創造と破壊」を体現するコンセプチュアルな戦略なのかどうなのか。つくづく思うのは、あっちの人たちの「この体型でそんな際どいコスそしてポーズをするか!」という驚き。色々含めて欧州ゴシックシーンを象徴しています。詳しくはMyspaceで!

Dead To The WorldDead To The World
Zeitgeist Zero

曲名リスト
1. Heart to Black
2. Party for One
3. It's Not Easy Being Strange
4. My Heart (Has Left the Building)
5. The Broken
6. Grudge
7. Big Bad Wolf
8. Caress
9. Dance of the Fallen
10. Unlucky 13
11. Blood

オフィシャルショップで詳しく見る


<Devour, Rise and Take Flight
Android Lust
B000E1XOB2
You Cannot Feel This
Trauma Pet
B000E1XOB2

Metamorphine
Leandra
B0012L2KDG
posted by kerkerian at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Gothic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

Narcotic Fields / Erase(2009)

チェコのサイケデリック集団、Narcotic Fields。
デビュー作とは思えない比類なき完成度とオリジナリティを誇ります。これだから東欧からは目が離せない。

音源以外の周辺情報が全く得られないので経歴等よく分かりませんが、MyspaceによるとElectronica、Trip-Hopを標榜している模様。一聴した感じではそれらをベースに00年代っぽい、陽性で生々しいAlternative Rockの味付けを施したような音楽性。至る所に散りばめられるエレクトロニクスやプログレに近い構成の妙などサイケデリック要素が強く、粗削りながらも不思議な中毒性があります。

あとジャケのVo.テレサ嬢は男前な感じですが(Bjorkの『Debut』意識してる?)、ライブ映像見る感じ普通のお姉様風情です。病院の受付とかでいる感じの。

取り敢えず・・・『Post』期のBjork、Kelli Ali在籍時のSneker Pimps辺り、最近だとCoalやREDЯUMが好みなら確実に刺さるかと。センスで集めた素材を、理詰めで組み立てたような幾何学文様の美しき倒錯の世界に誘われます。

EraseErase
Narcotic Fields

曲名リスト
1. Sol
2. Never Let Me Down
3. Absorb
4. Eternal Dreams
5. Colorize
6. Erase
7. Inside
8. Game
9. Vampires
10. Walk On Stars Of Faith 2009
11. Now I Feel
12. Walk On Stars Of Faith (Steve Morell Kraut Hop Remix)

オフィシャルショップで詳しく見る


Narcotic Fields - Inside - Dobre rano
Narcotic Fields - Colorize


Becoming X
Sneaker Pimps
B000006ZTB
Masquerade
Coal
B001CSQIH8

CINEMATIC SOUND FOUNDATION
REDЯUM
B001JYLXPC
posted by kerkerian at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

69 Chambers / War on the inside(2009)

意外と今まで紹介していなかったタイプのバンド、
スイスからの悩殺へヴィロック69 Chambersの1stです。

ミッドテンポ中心の楽曲、ゴリゴリというよりザクザクとしたギターリフの質感、煮え切らない不穏なメロディなど、モダンへヴィネスというよりこれは90年代オルタナ、ポストグランジの系譜を継ぐ音楽性と見て間違いないだろう。ギターを持ったVoの女の子を看板に据えたアー写なども、どこかL7やHole(Courtney Love)、Juliana Hatfieldあたりを彷彿とする佇まい。

そして何と言っても挑発的極まりない、けしからんジャケット!
何はなくともこれだけで買いの一枚である!!

【こんな人におススメ!】
・偶にはゴシック以外の女性Voロックが聴きたい
・ブロンドぱっつん萌え
・ジャケに(;´Д`)ハァハァ

War on the InsideWar on the Inside
69 Chambers

曲名リスト
1. The Day Of The Locust
2. Bloodaxe
3. Dead Letter Office
4. Thinking About You
5. On The Inside
6. Ex Nihilo
7. Return Of The Repressed
8. Judas Goat
9. The Collapse Of Time and Space
10. Wind Feeds Fire
11. Final Memento
12. Automatic Automata

Amazonで詳しく見る


69 Chambers - The Day of the Locust
69 Chambers - Alright


Hungry for Stink
L7
B000002MRL
Flyleaf
Flyleaf
B000W7Y1M4
Passion
Ela
B001932N1G
posted by kerkerian at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

Amberian Dawn / The Clouds of Northland Thunder(2009)

フィンランドの気鋭バンドAmberian Dawnの2ndアルバム。

ここ数年、HR/HMリスナーの方々の「何か女性Voもので良いのある?」という問いに一番多く挙げさせて頂いたのがAmberian Dawnの1st『River of Tuoni』でした。
Nightwish + Sonata Arcticaと評されるように「美声」「美メロ」「スピード感」と、日本人の琴線に触れる要素が満載の彼ら。美声と美メロを売りにするシンフォニック・メタルは数多く居るし、美メロとスピード感を押し出すメロデスも近年勢いを増している。しかし3つの要素を高次元で備えたバンドはなかなか居ない。そんな理由で私がメタル系女性Voバンドをリコメンドする際のファーストチョイスになっていた訳です。

今作も期待に違わぬオペラティック・スピードメタル振り。"Amberian Dawn The Clouds of Northland Thunder"で検索すると、4月終りの発売ながら耳の早いリスナーのレビューが多数ヒットしますがその多くは日本サイト。人気が窺えます。

今回の目玉は3〜4曲目の"Kokko - Eagle of Fire"と"Willow of Tears"。Amberian流の悲哀に満ちたバラードが確立されたことで、その後の怒涛のメロスピ曲で得られるカタルシスも倍増、個人的にはSkylarkのラストアルバムを思わせるメロドラマティック性を感じました。

The Clouds of Northland ThunderThe Clouds of Northland Thunder
Amberian Dawn

曲名リスト
1.He Sleeps in a Grove
2.Incubus
3.Kokko- Eagle of Fire
4.Willow of Tears
5.Shallow Waters
6.Lost Soul
7.Sons of Seven Stars
8.Saga
9.Snowmaiden
10.Lionheart
11.Morning Star
12.Birth of the Harp
13. Omen (Bonus Track)

Amazonで詳しく見る


Amberian Dawn - River Of Tuoni


The Gates Of Oblivion
Dark Moor
B000060NNL
Nordlys
Midnattsol
B0013NBBTC
Divine Gate Part3 The Last Gate
Skylark
B000O5B0KU
posted by kerkerian at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

Peaches / I Feel Cream(2009)

いまやエレクトロクラッシュのアイコン的存在となったPeachesの5th。
今年のフジロック出演も決定し、Summer Sonic04で見せた破廉恥パフォーマンスの再来も期待されます。しかしその5年前のショウで、私がノックアウトされたのはあくまでパフォーマンス面の話。

正直、"The Teaches of Peaches"、"Fatherfucker"の初期2作を聴いた印象はあまり良くなかった。エレクトロクラッシュの何たるか理解が不十分だったのもありますが、アングラっぽさを標榜する割にはAtari Teenage Riotのような激烈な攻撃性がある訳でもなく、Lesbians On Extacyのようなフックがある訳でもなく、ただエレクトロビートに乗っかって「Fワード」満載の下世話な言葉でクダを巻いている、、そんな中途半端な感触でした。これを激プッシュするsnoo●er誌は何なんだろう、と(笑)

そんなこんなで2006年の4th"Impeach My Bush"をすっ飛ばして久々聴いた今作。相変わらず趣味の悪さが持ち味、みたいなところはありますが
、先行シングル"Talk To Me"に代表されるように憑き物が落ちたかのようなキャッチーさ。FuckではなくHook満載のダンスフロア仕様に様変わり。新世代のマドンナとか言い過ぎ?言い過ぎか。がなるだけのPeachesから脱皮、色々な表情が楽しめます。

I Feel CreamI Feel Cream
Peaches

曲名リスト
1. Serpentine (I Don't Give A..Part 2)
2. Talk To Me
3. Lose You
4. More
5. Billionaire
6. I Feel Cream
7. Trick Or Treat
8. Show Stopper
9. Mommy Complex
10. Mud
11. Relax
12. Take You On
Amazonで詳しく見る


Peaches - Talk to Me
Peaches - Boys Wanna Be Her


We Know You Know
Lesbians on Ecstasy
B000O3C574
Crystal Castles
Crystal Castles
B00114T9P6
Pop Up
Yelle
B0014465KK
タグ:US Electroclash
posted by kerkerian at 10:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする