2009年04月28日

Kish Mauve / Black Heart(2009)

英国のElectro-Popユニット、Kish Mauve待望の1stアルバム。
2005年の"Kish Mauve EP"から1年1回のペースでシングルをドロップしつつ、Kylie Minogueの"2 Hearts"をremixしたりとコンスタントな活動をおこなってきた彼らの集大成ともいえる、正に1枚目にしてベスト盤なアルバム。"Modern Love""Lose Control""Come On"などキラー曲目白押し。さらにこれら既存曲に加えて、多彩なギターワークが光る"Black Heart"などはサイケデリック路線で新たな一面も見せ4年間の上積みを感じさせる充実の内容。Doragonette、El Perdidenteなどと並んで「これぞ00年代のニューウェーブ」と呼ぶに相応しい、極上のエレポップです。

あとこの手のユニットで思うのは、
フロントの女性ボーカルが揃いも揃ってレベル高けー、という事w
Gothic界隈(特にメタル系)のPVを観て、若干胃もたれした後にはエレポップ系を観ると良いです。ステーキ食べた後の黒烏龍茶、たぶんそんな感じで一服の清涼剤。

Black HeartBlack Heart
Kish Mauve

Album Tracks
1. Lose Control
2. Matthew
3. I Don't Care
4. In My Kitchen
5. Black Heart
6. Come On
7. Morphine
8. You Make me Feel
9. Modern Love
10. Farenheit
11. I'm In Love With Your Rock And Roll

See details at Amazon


Kish Mauve - Modern Love
Kish Mauve - Come On


Galore
Dragonette
B001F7XITM
El Presidente
El Presidente
B000CFWP5G
The Fame
Lady GaGa
B001GM28HO
posted by kerkerian at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

Sara Noxx / Intoxxication(2009)

ドイツの誇るソロ・エレクトロアーティストSara Noxxの5枚目のアルバム。本格的に表舞台に帰ってきた昨年に3枚組の大ボリュームでベスト盤"XX-ray"をリリース。Kirlian CameraMona Murなど本ブログでもお馴染みの(?)アーティストとコラボレーションをした意欲作で、いちアーティストというよりプロデューサー、オーガナイザー的立ち位置だったのが印象的でした。

フルレングスのオリジナルという事では6年振りになる今作では、原点回帰しシンガーソングライターとしてどこを切ってもSara Noxx色の、神秘性に満ちたエレクトロ/ダークウェーブサウンド。Saraのボーカルにメロディラインは無く、あくまで「音」の一部としての「声」、あるいはモノローグというスタンスは不変ながら、こうもドラマティックに聴かせるのはスペーシーさとミニマルさが同居するメリハリの利いた楽曲構成の妙に他ならない。電子音楽をここまで生々しい表現ができるのは、今を代表するエレクトロ・マイスタリン匠の技ならでは。

IntoxxicationIntoxxication
Sara Noxx

曲名リスト
1. Flight 257
2. Deeper
3. Your Song
4. Heart In The Snow
5. So Much More
6. Superior Love
7. Was It
8. Prepossessing
9. Hymn
10. Prelude
11. Russian Dream
12. In Flame
13. Spuren
14. Just A Life
15. In Formar Times
16. Berlin At Night

Amazonで詳しく見る


Torment-Digi
Mechanical Moth
B0007W22BG
Into Your Eye
Mona Mur
B000F0UZKK
Schuldig
Letzte Instanz
B001P0AYXM

タグ:germany darkwave
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

marino / lollipop+(2009)

新鋭エレクトロリータの1stアルバム。

正直、あの中田ヤスタカ氏が手がけたとは思えないバラエティ豊かな上質エレクトロだなあ。と思ったのですが、そもそもオリジナル作が「マッドサイエンティスト」の異名をとるPlus-Tech Squeeze Boxのハヤシベトモノリ氏とのWプロデュース。超局地的に話題沸騰、廃盤となった結果、さらにSucretteの奥田英貴氏、エイプリルズのイマイケンタロウ氏が新規追加で楽曲提供して再リリースとなったのが本作。だから+(プラス)なのか。

なるほど、"tic tac"や"strawberry"なんかはかつての渋谷系を彷彿する、いかにもエイプリルズっぽい素敵メロディーだし、"lolipop"は心躍るギターポップフレイバー。奥田氏によるインスト2曲と、"てんとう虫とチューリップ"はレトロポップとフューチャーポップを自在に行き来する出色の名曲。

たぶんこの2人がいい仕事しているのは、まだmarinoというキャラクターが固まっていないゆえに与えられた自由の為せる業なのだろう。ここに「未来」とか「ロボット」とか「ディスコ」といった記号性が付いてしまうと…結果はアレな感じで。是非ともこのまま、ギタポありハッピーハードコアありの縦横無尽エレクトロ路線で行って欲しい。

lollipop+lollipop+
marino

曲名リスト
1. clear beats
2. フレイバー
3. tic tac
4. strawberry
5. ララリル
6. lollipop
7. Pot marjoram
8. パン・ダ marinopp
9. てんとう虫とチューリップ

Amazonで詳しく見る


Marino - フレイバー


パン・ダ+1
エイプリルズ
B00061I1T0

C’est si bon
Sucrette
B000NDFLI0
cartooom!
Plus-Tech Squeeze Box
B000GPIKAQ
posted by kerkerian at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

Tapping The Vein / Another Day Down(2009)

アメリカのロックバンド、Tapping The Vein久々の新作。8年振りか…

変わらぬキャッチーさ。正しくアメリカン・ロックです。一応便宜的にGothic Rockにカテゴっていますが、恐らく普段、欧州のゴリゴリした暗黒メタル、あるいは何かに憑かれたようなシンフォニックメタルを聴く方々にはゴシックとは認識しずらいかもしれません。普通に良質なポップロックともいえます。

そう印象付けられる最大の要因はやはり音のドライ感。そして女性Voものに限った話でいえば声ガーリーさ、である。

とはいえベタな評論誌的言い回しをすれば「ヨーロピアン・ゴシックへの米国からの回答」みたいな感じでライトに楽しみたい方には良いんじゃないでしょうか。

【こんな人にオススメ!】
・Avril LagvineとかAna Johnssonとかアメリカン好き
・もしくはLullacry、Paramoreとかキャッチーでライトなメタル好き
・もしくはJ-ROCK好きとか

Another Day DownAnother Day Down
Tapping the Vein

曲名リスト
1. Burn
2. Complicate It
3. Party Favors
4. Clean
5. Bury Me
6. I Don't Feel
7. Razor Blues
8. Time
9. All My Heart
10. Another Day Down
11. Inclined

Amazonで詳しく見る


Tapping The Vein - The Saint


Eurameric
Solna
B001TLGYKY
Crucify My Heart
Lullacry
B00008OM38
Riot!
Paramore
B000PTYPAC
タグ:US Gothic Rock
posted by kerkerian at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

Flux / Safe+Sound(2009)

フィンランドの3人組テクノポップユニットFluxデビューアルバム。

クラシカルでメロディアス、良質なSynth-Popが大変心地よい。今時珍しいくらいにアナログ感、ローファイ感全開で、良く言えばミニマル。悪く言えば単調で広がりに欠ける、といったところか。ライブはおろか、フロアで鳴っているところすら全然想像できない(笑)

とはいえ女性ボーカルを含めて耳触りが本当に気持ち良いので、ヘッドフォン・ミュージック持ってこいといえる。デスクワークのお供に、お休み前のBGMに、生活のサウンドトラックに・・・北欧からの一服の清涼剤をお試しあれ。

Safe+SoundSafe+Sound
Flux

曲名リスト
1. Revelation
2. Second Unit
3. Protected
4. No More Than Alive
5. Here We Go Again
6. Stop, Stop
7. Sugar Child
8. Turn Back Time
9. Heaven Of Our Own
10. Electric Woman

詳しく見る


Goes Petshopping
West End Girls
B000EF7W52
Future Future Future Perfect
Freezepop
B000UPCD9Q
ANNIEMAL
アニー
B000AHQG4W
タグ:Finland Synth-Pop
posted by kerkerian at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

Rekevin / Nulukatuk(2009)

ロシアのDowntempo、Trip-Hopバンド、Rekevinの2ndアルバム。

気怠く、ジャジーなサウンドに、これまたメランコリックな女性ボーカルが乗る叙情的な音楽性。中でも旋律に優しく寄り添うようなハモンドオルガンが出色。ロシアの現代音楽が醸し出す「背徳感」を踏まえつつ、ダークではなくライトにベクトルが向いているのが特徴的か。

神々しさよりも、身近な「ピアノを弾きながら気ままに歌う隣の家の女の子」的佇まいが素敵。そうこれはまさに、ロシア版ガルネクと言えよう。いや言えねー。

ブリストル直系のTrip-Hopだった1st"A Peacock"から、よりリズムが強固でニュージャズ的展開も垣間見せるようになった本作。勿論テルミン、ミニモーグなどで演出される妖しくアナログ的な質感も満載。何はなくともロリータボイスにやられたい人には激プッシュしたい一作です。

【こんな人におススメ!】
・浮遊したい
・弛緩したい
・「ロシア」「美女」「ロリータボイス」のKWに反応

NulukatukNulukatuk
Rekevin

曲名リスト
1. Intro
2. Don't shoot my girl
3. The street is full of water
4. Edward
5. Two
6. You are my destiny
7. Stop fading out
8. Bitter love
9. Be kind be mine
10. Galaxies полный трек

オフィシャルショップで詳しく見る


Rekevin - Edward
Rekevin - The Street Is Full Of Water


Some People Have Real Problems
Sia
B0010DJ1VA
A Peacock
A Peacock
B0010DJ1VA
Drama
Bitter:Sweet
B0017R1E5U
posted by kerkerian at 15:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Downtempo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

Katzenjammer Kabarett / Grand Guignol & Varietes(2009)

フランスのゴシック/ダークエレクトロバンド、Katzenjammer Kabarettの2作目。
バンド名に"Kabarett"と冠する通りカテゴリ的にはDark Cabaretに属する、デカダンな雰囲気を持った世界観。チェロなど弦楽器をフィーチュアしたクラシカルな響きは、まさに紫煙くゆらす場末のキャバレーにも似た異次元への扉を開きます。

、、、かと思えば所謂Gothic Chamber一辺倒でもなく、Siouxsie and the Bansheesを彷彿するポジパン的、ニューウェーブ風なダンサブル曲もあったりと引き出しは意外に多い。Mary Komplikated嬢のボーカルにも、ゴシックっぽさよりもポストパンク的な攻撃性が垣間見える。踊れて、聴かせて、惑わせて、艶やかさも見せつける、何ともサービス満点なキャバレー。ロックファンにもエレクトロファンにも全力でお薦めしたい、そんな快作。

【こんな人におススメ!】
・キャバレー(モンマルトル的なほう)萌え
・80年代的なゴシック萌え
・モヒカン女性萌え

Grand Guignol & VarietesGrand Guignol & Varietes
Katzenjammer Kabarett

曲名リスト
1. Jack's Parade
2. Hidden & Sick
3. 10 Years
4. Percy Has Returned
5. Nothing But His
6. Sunlight Sanatorium
7. Real Gentleman or the Mad Lover
8. Once Eliot Turned Ugly in His Lover's Bed
9. Wondered Colonel Killed Couple
10. Collage
11. Romance
12. 45

Amazonで詳しく見る


Through the Gash
Hannah Fury
B000QYO2LI
The Bittersweet Constrain
Jill Tracy
B0016OM2JG
The Scream
Siouxsie and the Banshees
B000K2Q804

posted by kerkerian at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

Fragma / Memory(2009)

前回のClientとは反対に、ドイツ発のダンス/エレクトロユニットながらUKでの活動を主とするアーティストが今回のFragma。なるほど、メジャー感のあるトランシーなエレクトロハウスに、可憐な女性ボーカルのキャッチー曲が目白押し。退廃感が好まれるドイツよりもメインストリーム市場でヒット連発しているわけです。

といいつつヒット連発、というのはもしかしたら語弊があるかもしれない。。
2001年にUKチャート1位を獲得した"Toca's Miracle"以来、何曲かはスマッシュヒットをしているもののアルバムは1st"Toca"、2nd"Embrace"以来オリジナル版のリリースは無し。近年は2007年、2008年に"Toca's Miracle"のリミックス(というよりリ・リリース?)と過去の遺産のみで活動している印象。これを浜省戦略といいます(いわない)。

そこで久々に届けられた新曲。8曲全てが「なんちゃらリミックス」で、a●exのシングルみたいだなあとか、どれがオリジナルやらとか、色々ありますがまずはようやく始まるFragmaの第3章に期待せずには居られない、そんなキラーチューンです。疑いなく名曲。

MemoryMemory
Fragma

曲名リスト
1. Memory (Klaas Vocal Club Mix)
2. Memory (Club Mix)
3. Memory (Cahill Club Mix)
4. Memory (Rob Mayth Remix)
5. Memory (Bass Force Bounce Mix)
6. Memory (B Rich Remix)
7. Memory (Klaas Radio Mix)
8. Memory (Radio Mix)

Amazonで詳しく見る


Fragma - Everytime You Need Me
Fragma - Toca's Miracle


Catalogue
Moloko
B000FTW9L4
Sirens of the Sea
Oceanlab
B001B92DZE
Silence & Motion
Note Native
B001GLXHU2
posted by kerkerian at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

Client / Command(2009)

イングランドのPerfumeこと(誰も言ってない)、Clientの4thアルバム。
女性3人組のテクノポップユニット、共通点と言えばそれだけなのですが、こちらは彼我のようなキラキラしたトランシーなやつではなく、元々はDepeche Modeのフレッチがプロデュースを手掛けただけあって、色々な意味で大人のSynth-Popといった態。他にErasureやPet Shop Boysの影響を受けているといえば、何となく想像付くかと思います。ニューウェービーな感じです。

根っこの音楽性はいかにも英国風味。しかしスカンジナビア航空のCAのコスでアイドル的な佇まいながらも、楽曲は硬派でハーシーなエレクトロもあるため、テクノ大国ドイツで大ウケ。以降活動の拠点はそちらに置いているようです。私、ドイツ人とはとても気が合いそうです!

本アルバムのポイントは、何と言っても"Client C"こと元AshのCharlotte Hatherleyの本格参加。個人的には過去、ソロライブ@Liquid Roomでそのキューティーさにやられた一ファンとして期待大だったのですが、聴いた感じでは・・・あんまり今までと変わらず(笑)、まあそりゃあギターを弾く訳は無いとは思っていましたが普通にコーラスの1人として居るって感じ。PVも今まで通りClient BことSarah Blackwood嬢がセンターで唄いClient A、Cはなんか、ソファに悠然と座っているのみ。

まあシャーロッたんの真価はライヴにあり、と言うことでジャパンツアーを切に希望したい。その際の前座はもちろん・・・

えーと、Cutie Paiか可憐Girl’sでお願いします!

【こんな人におススメ!】
・黒髪よりブロンドだ
・可愛さよりエロさだ
・ポリリズムよりフェティシズムだ

CommandCommand
Client

曲名リスト
1. Your Love is like Petrol
2. Can You Feel
3. Don't Run Away
4. Make Me Believe In You
5. Lullaby
6. Ghosts
7. Satisfaction
8. Son Of A Gun
9. Blackheart
10. In My Mind

See details at Amazon


Client - Can You Feel
Client - Drive


Sounds Of The Universe
Depeche Mode
B001STY9VI
Gray Will Fade
Charlotte Hatherley
B0007WZXMQ
Tendrils of Pretty
The Synthetic Dream Foundation
B000E5MIGK
タグ:UK Synth-Pop
posted by kerkerian at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

V.A. / パンコレ〜voice actresses’legendary punk songs collection〜(2009)

超弩級の闇アルバムが産み落とされてしまったのでご紹介。

現代のアニメ界を代表する「萌え声優」達による、オールドスクールパンクのカバーという珍盤中の珍盤です。確かに昨今のアニソン、キャラソンはロック色やパンク色が強いものも多数あり、音楽アーティストによる一般のJ-POP(或いはJ-ROCK)との垣根は無くなってきている。それにしたって名曲の数々を萌え声で歌いかつアルバムにまでしてしまうのはおそらく業界初ではないだろうか。

案の定、Amazonレビューなどでは非難轟々。整理すると大体以下の通り。
・原曲レイプ
・音楽に力を入れろ
・パンクスと声優オタの両方を馬鹿にしている

パンク好きで、かつ声優好きの私からすると、
声優オタが失望する気持ちは多少解る。彼らは少なからず声優に演じているキャラクターを投影しており、あのキャラクター(の声)にパンクは違う、とかそういうのがあっても可笑しくは無い。

しかしパンクスは狭量でよくない。
私の周辺のパンク好きもそうだが、どうにも彼らは疾走感がないとダメとか五月蝿くないと物足りないとか、「こうあるべき」論で語りたがり、他ジャンルに対して排他的な姿勢をとる。その時点で既にパンク精神などないのだ。

そもそもパンクは型に嵌らない、反骨精神から生まれたものだ。
それはルールを作る側への反抗であり、既成概念を覆す武器である。
つまりこうあるべき、というのはパンクスの敵対勢力なのだ。
解ったかこのファッションパンク野郎が!(愛読書です)

、、、さて取り乱しましたが。
このアルバムは精神性という意味で真にパンクだと思います。挑戦的、挑発的にして脱力感満載のどこにも属さない音楽。フリーウィルが手掛けたという楽曲アレンジ/制作もハイレベルにチープで脱線している。
最後のゴットゥーザ様による"Smells Like Teen Spirit"なんて、まさに朝比奈みくるによる子守唄の如き様相。総じて過去と現代のサブカルチャーが産み落とした混沌(ケイオス)という、マクロ視点を内包した迷盤といえます。オススメは、しない!

パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~
オムニバス

曲名リスト
1. 桃井はるこ 「Sex and Violence」 (The Exploited)
2. 池澤春菜 「Basket Case」 (Green Day)
3. 清水香里 「White Riot」 (The Clash)
4. 門脇舞以 「Pretty Fly (For A White Guy) 」(The Offspring)
5. 田中理恵 「Anarchy In The UK」 (Sex Pistols)
6. 後藤邑子 「London’s Burning」 (The Clash)
7. 桃井はるこ 「Call Me」 (Blondie)
8. 池澤春菜 「God Save The Queen」 (Sex Pistols)
9. 清水香里 「Blitzkrieg Bop」 (Ramones)
10. 門脇舞以 「Search and Destroy」 (Iggy & The Stooges)
11. 田中理恵 「Ruby Soho」 (Rancid)
12. 後藤邑子 「Smells Like Teen Spirit」 (Nirvana)

Amazonで詳しく見る


Guilty PleasuresII
Scott Murphy
B0019N1QIC
アニパンク新録音盤:序
アニパンク
B0020NEK2O
GO TO SONG 2
後藤邑子
B001IVU7DK
posted by kerkerian at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする