2007年01月17日

Luomo / Paper Tigers(2006)

これは耽美系ハウスですね。フィンランド人Vladislav Delayの本人名義がダブ的なアプローチをメインに据えたアンビエントな音響芸術作品であるのに対し、こちらのルオモは女性ボーカルをフィーチュアしたポップな色合いで比較的取っ付き易い作風です。

前作では割と王道ハウスというか、踊れる要素が多かったのですが、今回はミニマルで音数も少なく、エフェクトも最小限。ヴラディスラフ・ディレイに近づいたという見方もできるがやはりこちらの方が圧倒的に暖色。そしてそこはかとなくエロい。女性ボーカルだからという訳ではなく、音の色気とでも言いましょうか。清純の中のエロス、奥ゆかしさの中に秘める欲望。みたいな。和的な美なので日本でも評価高いのではないでしょうか。
前作でも何曲か登場したJohanna Ilvanainenが全編ボーカル。歌メロを主張するわけでもなく音に埋没するわけでもなく、微妙で絶妙な立ち位置で実に心地よいです。

Paper TigersPaper Tigers
Luomo

曲名リスト
1. Paper Tigers
2. Really Don't Mind
3. Let You Know
4. Tease Is Over
5. Cowgirls
6. Good to Be With
7. Dirt Me
8. Wanna Tell
9. Make Believe

Amazonで詳しく見る
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

Asobi Seksu / Citrus(2007)

日本人女性VoのYUKIを擁するNYの4人組アソビ・セクス。ギターノイズが溢れ出すいわゆるシューゲイザーの部類ではありますが4AD系の耽美性というより、もっと輪郭がはっきりしている印象。雰囲気としてはLUSHが一番近いだろうか?日本詩と英詩の混じり合った不思議ちゃんボーカルやキラキラしたギターはハイクオリティなドリーミー・ポップと言えるし、メロディのキャッチーさ、疾走感はエモに通ずるものがある。2007年、「シューゲーモ」が来るか?

と本ブログで「〜来るか」と言って来た試しは無いけどな!
(唯一2003年3月のエヴァネッセンスくらいか?)
とにかくバンド名の変さ加減でスルーするには勿体無い逸材です。アソビセクス。
店頭にあまり在庫は無さそうなので「遊びセクスお願いします」「遊びセクス(予約)したいんですけど」と元気良く店員さんに聞いてみましょう。警備員呼ばれっから。

CitrusCitrus
Asobi Seksu

曲名リスト
1. Everything Is On
2. Strawberries
3. New Years
4. Thursday
5. Strings
6. Pink Cloud Tracing Paper
7. Red Sea
8. Goodbye
9. Lions and Tigers
10. Nefi+Girly
11. Exotic Animal Paradise
12. Mizu Asobi

Amazonで詳しく見る
posted by kerkerian at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする