2018年02月10日

Chelsea Wolfe / Hiss Spun(2017)

米SSWによる5thアルバム。

Myrkurの項でサラっと触れましたが、作風をMetalに振ってきたChelsea Wolfe嬢。元々彼女を世に知らしめ3rdの白目アルバムではフォーキーかつダークなAlternative-Rockを標榜していましたが、4th"Pain Is Beauty"では一転、エレクトロも交えた幾分ポップな作風へ。白目を黒歴史にするのかと思いきや、回帰を通り越して更なる暗黒面…Doom-Metalへと足を踏み入れたのが今作。

ダウナーで鬱屈としたリズムを、歪み切ったギターとChelsea嬢の悪夢のような囁きがリヴァーヴィーに包み込む。特筆すべきはデスボも取り入れてきており"Vex"では「どすこーい!」という空耳を愉しむ事も出来ます(たぶんデストローイだからまあ似たようなもの)。しかし全編ノイジーという訳でもなく、従来のAlternative-Folkを織り混ぜることで緩急を付けている。聴き進めるとDoomというよりSludge-Metal寄りな気がしてきたな
…!女性ソロアーティストで敢えてこういった暗黒音楽を演るのはMyrkurくらいのもので、なるほど必然のコラボだったんだなあと。病みはどこまで深まるのか、慄きながら6thを待ちたい…!

【Favorite Number】Vex / Twin Fawn / Offering



Hiss SpunHiss Spun
Chelsea Wolfe

曲名リスト
1. Spun
2. 16 Psyche
3. Vex
4. Strain
5. The Culling
6. Particle Flux
7. Twin Fawn
8. Offering
9. Static Hum
10. Welt
11. Two Spirit
12. Scrape

Amazonで詳しく見る






Marked For Death
Emma Ruth Rundle
B01KOCXNT8
Ceremony
Anna Von Hausswolff
B0089M0DFS
Narrow
Soap & Skin
B006MO0MMY
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

UNDEAD CORPORATION / No Antidote(2017)

日メタルコアバンドによるオリジナル3rdアルバム。

2011年に"鬼伽草子"の感想を書いた頃は平野幸村氏によるあんきも、いくらの東方メタルアレンジシリーズのアナザープロジェクトで、ランコ嬢めらみぽっぷ嬢がVo参加していた「あんこう」。固定の男女Voを擁した5人体制になってからは、基盤の音楽性はそのままにオリジナル作のリリースを重ねている。

メロデスでありながらステイリッシュに聴こえるのがUNDEAD CORPORATIONの素敵なところで、松ケンスケ氏(社長)によるメランコリックなキャッチーネスを湛えた楽曲、道元氏のブルータルとバンドの顔となった朱美嬢の卓越した歌唱を擁するツインVo、仁耶氏のあんきもとは180度異なる多彩なリフで構成されるGt、森下フミヤ氏の後を継いだYU-TO氏のヘヴィロック然とした剛性とグルーヴネスを兼ね備えたDrのバランス感によるところが大きい。2ndで魅せたメロディックなエモい部分は若干抑えられ、より普遍的なラウドロックへ深化したあんこう(深海魚だけに)。しかしその存在感は既にシーンの海面にまで浮上しておる…!

【Favorite Number】Make Me Crazy / Get Em Up / Sirens / Another Me

No AntidoteNo Antidote
UNDEAD CORPORATION

曲名リスト
1. Make Me Crazy
2. No Antidote
3. Get Em Up
4. Sirens
5. The Sinner
6. No Filter
7. Get Lost
8. Another Me
9. One Second
10. Your Voices

Amazonで詳しく見る








REALIZE
HEAD PHONES PRESIDENT
B06XFZVCRT
トラウマレコーダー
豚乙女
B075YHLYLR
WICCAHOLIC+GROTESCA
SoundWitch
B00HWXKTCC
posted by kerkerian at 23:39 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

Damsel in the Dollhouse / Provocateur(2017)

USのdark-Electroプロジェクトによる5thアルバム。

デビュー作"Fairytales"でのGoth-Electroから2nd、3rdではロマンティカが映えるSynth-Pop路線へとシフト、4thでやや暗黒成分が戻ってきたかなと言う流れでの本作は、従来のSynth曲に数は多くないもののダークトランスに彩られたEBM曲も混ざり、バランス的には最良なラインナップとなっている。

とりわけ"Provocateur"や"Triggered"、"Vamp on the Dancefloor"などのアタック感が強い楽曲でNina Tucciarelli嬢のイケボが映え、低音で朗々と煽るスタイルが寧ろ合うのではと思ったり。ボンテージ姿のシンプルなジャケは、Synth姫から時折暗黒ディーヴァが顔を覗かせる方向性でいくという表明なのやもしれぬ…!

【Favorite Number】Fever Dream / Concubine



ProvocateurProvocateur
Damsel in the Dollhouse

曲名リスト
1. Provocateur
2. Fever Dream
3. Majesty
4. Tick Tock
5. Shroud
6. Black and Blue
7. Concubine
8. Triggered
9. Poison Water
10. Wicked Girl
11. Legion
12. Vamp on the Dancefloor
13. Evil Never Dies (Remix of Rob Robinson's theme to Amityville: Evil Never Dies)

Amazonで詳しく見る






Error EP
Spider Lilies
B01LXECE5D
Electropop Sickle
Miss Fd
B076C9XZH1
Waiting for Another Fall
Mercurine
B072ZLVPSL
posted by kerkerian at 21:25 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

Coronatus / Secrets of Nature(2017)

独Symphonic-Metalバンドによる8thアルバム。

体制変更が功を奏した前項のThe Breath Of Lifeと対照的なのがこのCotonatus。聴くのは5th"Recreatio Carminis"以来ですが、リリースをしては脱退加入という流れは今なお続いており、ボーカル3人+ドラムの4人が現時点の正式メンバーである。

入れ替わったとはいえ3人の歌姫が織り成す音楽性にメタル版Kalafinaを期待しているのは前作から変わらず、なんですがバイオリニスト、ギタリスト、ベーシストの不在は大きくシンフォ曲との2本柱を成していたトラッド曲が絶滅…!人が入れ替わっても不変の音楽性を維持してきたCoronatusが遂に終焉を迎えつつあるな、というのが残念ながら今作の感想となります。薄いMetal、薄いクワイアとシンフォニア、個性を感じない3人の歌(楽曲の作りの問題)、メンバー外の男Voが結構な頻度で登場する等、迷走振りは枚挙に暇なし。ただ絶え間ない変化を楽しむ稀有なバンドなので、引き続き見守っては行きたいと思う。

Secrets of NatureSecrets of Nature
Coronatus

曲名リスト
1. Howling Wind
2. Mountain Sky
3. The Hunter
4. Sleigh Ride To Asgard
5. Die See
6. The Little People Of Iceland
7. Dance Of The Satyr
8. Tränen Des Himmels
9. Herr Mannelig

Amazonで詳しく見る






Old Routes-new Waters-
Visions Of Atlantis
B01B6FG466
EPICA VS attack on titan songs
Epica
B0776NJJ3D
Skin & Bones
Lyriel
B00MJFQ0U8
posted by kerkerian at 01:46 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

The Breath Of Life / Under The Falling Stars(2017)

ベルギーGoth-Rockバンドによる9thアルバム。

結成33年目を迎えた大ベテランバンド。前作"Whispering Fields"から5年振りとなる本作ですがこの間にDrumが抜けGtがBaにパートチェンジ、Gt&Prgに初期メンが復帰するという大幅な人事異動があった。これに伴い楽曲の半数がエレクトロ化し、残りは従来のポジパン風味のGothic-Rockという構成となった。

KeyとPrgが前面に押し出された結果、Isabelle嬢の不安定Voによる儚げな主メロと美麗な裏メロが螺旋を描く極上曲が冒頭から炸裂。ミッド〜スローテンポ中心に乾いたGtカッティングと時にTrip-Hop気味なエレクトロは相性抜群で、完全リニューアルとエヴォリューションを同時達成してしまったかのよう。何処となく東洋的な雰囲気も中毒性が高い、アルバムオブザイヤーに推せる1枚となっておる…!

【Favorite Number】A Rainbow is fading / Crime Passionnel / The Right Place

Under The Falling StarsUnder The Falling Stars
The Breath Of Life

曲名リスト
1. A Rainbow Is Fading
2. Crime Passionnel
3. The Right Place
4. Stolen Dreams
5. The Magic of Dreams
6. Hide
7. A New Reality
8. Until the Day
9. Blackout
10. Higher
11. From the Storms

Amazonで詳しく見る








Madrigal
Sanguis et Cinis
B013Q0IDS6
A Savage Cabaret, She Said
Hatesex
B01BI4T5KW
As Darkness Falls EP
Solemn Novena
B07171MJKJ
posted by kerkerian at 01:08 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする