2018年04月26日

アーバンギャルド / 少女フィクション(2018)

日トラウマ・テクノポップバンドによる8thアルバム。

デビュー10周年記念アルバムと銘打たれた本作。2nd"少女都市計画"からフルアルバムは全て当ブログで取り上げており、言うまでもなくどれもフェイバリッ度が高いのですがここ数作...ガイガーカウンターカルチャー鬱くしい国昭和九十年は風刺色が強く、やや胃もたれ気味だったのが正直なところだ。そこへ来て今回の原点回帰、やはりアーバンのモチーフは少女でなくてはな...!

4周ほど聴いて、これは過去最高作ちゃうんかな?という感触を得ている。それは冒頭の3曲が神曲であるのに依るところが大きく、特に「あたしフィクション」をド頭にしたのはナイス采配...よこたん嬢の曲は歌謡曲要素が強く、しかし数が少ないレア要因も相俟って私の琴線に触れまくるのである…!あとは各メンバーが万遍なくソングライティングをするようになって来たことで多様性が生まれ、天馬氏のアクの強さ一辺倒でなくなったのもプラス傾向。総じてフェミニンで、ネガティブでニヒリズムで、ファンジスタの言葉で紡ぐどうしようもないリアリズム。実にアーバンギャルドらしい名作ってことです。

【Favorite Number】あたしフィクション / あくまで悪魔 / ふぁむふぁたファンタジー / 大破壊交響楽

少女フィクション少女フィクション
アーバンギャルド

曲名リスト
1.あたしフィクション
2.あくまで悪魔
3.ふぁむふぁたファンタジー
4.トーキョー・キッド
5.ビデオのように
6.大人病
7.インターネット葬
8.鉄屑鉄男
9.キスについて
10.少女にしやがれ
11.大破壊交響楽

Amazonで詳しく見る








ネオンと虎
パスピエ
B079ZX2M4P
ガラパゴス
水曜日のカンパネラ
B07BMSY3PR
Blue Forest
浜崎容子
B01DUVZURI
posted by kerkerian at 00:06 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

Leaves' Eyes / Sign of the Dragon Head(2018)

独メタルバンドによる7thアルバム。

これまで2年間隔でリリースを重ねて来た彼らだが、今作は3年振りとなった。というのも前作"King Of Kings"ツアー中にLiv Kristine嬢が脱退...Theatre Of Tragedy解雇後の、バンドの創始者でありアイコンがLeavesしちゃった事には衝撃が走った。KeyのAlexander氏とのパートナーシップ解消にまつわるエトセトラな訳だが、それでも存続を選び最短で新作発表に漕ぎ着けたAlex氏には拍手を、部外者を介入させたリヴィッチには中指をそれぞれ贈りたいと思う。

さて以前書いた通りAngel Nationの Elina Siirala嬢を新Voに迎え、彼女に合わせて書き下ろした本作。ヴァイキング伝承をベースとした作風は引き続きだが音楽性は必ずしもFolk Metalではなく、比較的Power Metalの要素が強い。ソプラノで歌うElina嬢はAngel Nationを聴く限りでは前任者に寄せている印象のため、違和感は全く無く、ステージパフォーマンスも含め早くもLeave's Eyesの看板としてフィットした感じ。少なくともヴィジュアル面は遥かに強化されたと言える…!特筆すべきは"Riders On The Wind"で、アイリッシュ・フォークメタル的なタッチはこれまでありそうで無かった新機軸。底抜けにドリンク・オア・ダイな感じの明るさは新生Leaves'の象徴...となるか?Angel Nationと併せて、今後の動向を見てみよう...!

【Favorite Number】Sign of the Dragon Head / Riders on the Wind / Waves of Euphoria

Sign of the Dragon HeadSign of the Dragon Head
Leaves' Eyes

曲名リスト
1. Sign of the Dragonhead
2. Across the Sea
3. Like a Mountain
4. Jomsborg
5. Völva
6. Riders on the Wind
7. Fairer Than the Sun
8. Shadows in the Night
9. Rulers of Wind and Waves
10. Fires in the North
11. Waves of Euphoria
12. Beowulf
13. Winter Nights

Amazonで詳しく見る








Argia
Diabulus in Musica
B00I32F39A
Det Vilde Kor
Lumsk
B000NDDSTO
The First Chapters
Lyriel
B002J91ABS
posted by kerkerian at 02:24 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

Unwoman / War Stories(2018)

米Neo-Classical SSWによる9thアルバム。

チェリストErica Mulkey嬢によるソロプロジェクトUnwoman。Neo-Classicalを主軸としコンスタントに作を重ねながらも、7thではIndustrialを取り入れたヘヴィ路線、8thではElectroを交えたフォーキーな作風と少しずつ様相を変えながらの本作は6thの"Casualties"に近い、原点回帰ともいえるSteampunk的な印象に。

弦楽とピアノによるアトモスフェリックな楽曲が多く前2作と比較すると地味な印象だが、Erica嬢の朗々としたボーカリゼーションが堪能できる。何よりチェロプレイの比率が過去最大級に高く、改めてNeo-Classical界のメインヒロインたる矜持を見せつける。荘厳で壮大な音の奥行き、Chanber-Popのファンタジーアに酔いしれること必至な一枚である...!

【Favorite Number】As You Wish / Saviors / Waxing Gibbous

War StoriesWar Stories
Unwoman

曲名リスト
1. As You Wish
2. War Stories
3. Saviors
4. Before the Flood
5. The Surrender
6. Bad Man
7. We Love Longest
8. The Same Stream
9. Flies
10. Waxing Gibbous
11. Almost
12. Breathe Out

Amazonで詳しく見る








Thanks for the Ether
Rasputina
B000002BG4
The Mongrel Mixes
Johnny Hollow
B0777BMQ6R
Diabolical Streak
Jill Tracy
B00000K0N5
posted by kerkerian at 00:12 | Comment(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

Vision Of Atlantis / The Deep & The Dark(2018)

オーストリアのシンフォ・メタルバンドによる6thアルバム。

意外にも感想を書くのは初めてなんですが、18年のキャリアを誇り界隈では実力派として知られるVisions Of Atlantis。そしてメンバーチェンジが引っ切り無しなのも知られるところで、2018年時点で女性Voは5人目、男性Voは3人目、ギターとベースは4人目、Keyは3人居たが現在空席。唯一不動のドラマーによる専制君主制という点は、Coronatusと酷似している。

毎作メンバーが異なるため、Symphonic-Metal、男女混成Voである点は一貫しているもののVoの個性により聴こえ方が全く違うのが彼らの特徴。1stから4thまではソプラノによるオペラ的印象だったが5thより声域が下がったことでハードロック的作風になった。6thもそれを踏襲しており、今作から加入のClémentine Delauney嬢によるメゾソプラノVoが優美かつ勇壮で素晴らしい安定感を誇る。遂にVOA史上最高の歌姫が現れたという印象だ。さらにメインコンポーザーだったキーボード氏が抜けた事で、誰が書いているか不明だがクサメロ全開のシンパシックなメタルに様変わり。それに心を打ち抜かれ、今回初のレビューとなったことは言うまでも無き...!

【Favorite Number】Return To Lemuria / The Grand Illusion / Prayer To The Lost

The Deep & The DarkThe Deep & The Dark
Visions Of Atlantis

曲名リスト
1. The Deep & The Dark
2. Return To Lemuria
3. Ritual Night
4. The Silent Mutiny
5. Book Of Nature
6. The Last Home
7. The Grand Illusion
8. Dead Reckoning
9. Words Of War
10. Prayer To The Lost

Amazonで詳しく見る








War of Ages
Serenity
B00BG474ZI
5 Original Albums in 1 Box
Edenbridge
B0777BMQ6R
Darkness Of Eternity
Amberian Dawn
B076QLPZMR
posted by kerkerian at 02:00 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

燃えオブザイヤー2017

Lydia Ainsworth


Peps(Rainbowlicker)


Maria Mar(Omnimar)


Elina Siirala(Angel Nation)


lena Alice Fossi(SPECTRA*paris)


Amalie Bruun(Myrkur)


Federica Faith Sciamanna(The Shiver)


Alexandra Savior


Furniteur


Belinda Kordic(Fazerdaze)
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 00:16 | Comment(0) | オブザイヤー2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする