2017年08月12日

Seraphic / Journey to Illumination(2017)

豪Power-Metalバンドによる1stアルバム。

Shepotに続き、滾るメタルオブザイヤーの最有力…良い加減、豪メタル=AC/DCの計算式に変化があっても良い時期なのですが、ましてフィメタルのまあ不毛な事。Seraphicはそんなイメージを覆す。攻撃的なスラッシーリフがありつつメロはどうしようもなくクサメロ度が高く泣きのギターフレーズに加えてピアノが大きな役割を果たす。VoのSam嬢がピアノ兼任というのは、このジャンルにおいて在りそうで無い編成である…!

ピアノはソロパートだけでなくVoのオブリ、或いはギターのオブリ等八面六臂で、バラード曲での存在感は一際。Voが兼ねているとアコースティック編成で出来るのも強み。Vo自体は突出したものは無いが、メゾソプラノとアルト音域を演じ分け、楽曲のドラマティックさを演出、いや寧ろ良く弾きながら歌ってるわ…!プログレ曲でのトラッド・フォークメタルな側面、パワーメタル曲でのギターの激弾きなど聴きどころが多くも音が纏まっている良作。

【Favorite Number】The Silent Apocalypse / Fire And Ice / Emancipation of the Lost



Journey to IlluminationJourney to Illumination
Seraphic

曲名リスト
1. The Reckoning
2. The Silent Apocalypse
3. The Tide of Life
4. Child of the Water
5. The Road Less Travelled
6. Fire and Ice
7. Emancipation of the Lost
8. After the Night
9. The Final Act

Amazonで詳しく見る






Fool
Darkyra Black
B0108L88IQ
Wine of Heaven
Mastercastle
B06VVBWMDX
Raben Im Herz
Coronatus
B0145YQELU
posted by kerkerian at 21:54 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

The Golden Filter / Still // Alone(2017)

USエレクトロ・デュオによる2ndアルバム。

NMEはじめ各方面から高評価を得たデビュー作"Voluspa"から既に7年。ここからすんなりスターダムへの軌道を描けないのが昨今の音楽市場の厳しいところで。#CDが売れないこんな世の中じゃとは良く言ったもんじゃて…それはBomberのほうか…!それでも彼らは歩みを止めていた訳では無く、ショートフィルムのコラボレーション制作をしたりシングルをちょこちょこ切ったり。2014年には"Unselected Works Vol I〜Vとして公式海賊版をフリーで配信したりと地道な活動を経て遂に「公式に」2ndに漕ぎ着けた訳である。

タイトル通り前半4曲がStillサイド、真ん中の"//"をインタールードとして後半4曲がAlneサイドとなっている模様…意味はよく解りませんが数学的な立て付けは各楽曲にも表れており、The Knifeを髣髴するディープトロニカな作風にかなり面食らう。Penelope嬢のウィスパリング、リーディングが主で旋律すら無い…そんな芸風だっけと"Voluspa"を聴き返した程。あの頃は確かにSynth-Popだったが。後半になると幾何学文様の呪縛が解け、エモーショナルな歌唱のNu-Discoが聴けるがそれでもかなりExperimental性が高い。このドープな二面性、最低限のポップネスを残して攻め攻めの姿勢を打ち出すGolden Filterは前作以上に評価されるべきではないだろうか…!

【Favorite Number】Now We Get Lost / Questions / Dust



Still // AloneStill // Alone
The Golden Filter

曲名リスト
1. We Are The Music
2. Vibrational
3. Now We Get Lost
4. Nine
5. //
6. Questions
7. Dust
8. There Is No Love Between Us
9. Rivers

Amazonで詳しく見る






Dance Mother
Telepathe
B001NY448G
Innerworld
Electric Youth
B00L5VZN6O
Feed Me Diamonds
Mndr
B009MO5GWW
posted by kerkerian at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

けものフレンズ ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Café」(2017)

2017年覇権アニメの呼び声高い(個人的にはメイドラゴンなんだけどな…!)のキャラソン集。エイプリルフールに託けて差し替えてそのまま放置のけもフレ風サイトバナーをいい加減下げる時が来たな…!

本作品のポイントは「当初計画に無かった」ことだと思うんですよね。原作となるアプリがアニメ放映前に終了していた点、低予算で制作された点からも期待を背負った作品でなかったことは明らかで望外の熱狂的支持を受けてのキャラソン制作だったと見られます。勿論アニメの評価は度外視しても『ようこそジャパリパークへ』は国歌レベルの名作で『残酷な天使のテーゼ』や『Butter-Fly』級に後世に残るアニソンな訳だが…!

さて、アニメのみならずけものフレンズRADIO!!、けものフレンズアワー、ミュ〜コミ+プラスから東武動物公園のアライさんガイドまで聴けるものは聴きまくったお蔭でミュージカル風の"けものパレード"やかばんちゃんfeatのジャパリパークは声だけで誰がどのパートを歌っているのかを瞬時判別出来る位にはなりましたよっと。この謎の中毒性がもたらす世界観への没入…恐ろしいコンテンツやで…!

歌以外でもドラマパートではジェーンやフルルがキャラ立ちしそうな気配を見せていたり、トキの怪音波トラックやスナネコはんのスキャットなどボリューミーな一枚である。

【Favorite Number】けものパレード / ようこそジャパリパークへ(withかばん) / きみのままで / 大空ドリーマー

TVアニメ「けものフレンズ」ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Cafe」けものフレンズ ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Café」
曲名リスト
1. けものパレード ~ジャパリパークメモリアル~
2. ようこそジャパリパークへ (with かばん)
3. ホップステップフレンズ
4. きみのままで
5. 大空ドリーマー
6. オリジナルドラマ「じゃぱりまんがり」
7. トキのうた~なかま~ (アカペラ) (ろーぷうぇいのりばver.) (BONUS TRACK)
8. トキのうた~なかま~ (アカペラ) (じゃぱりかふぇver.) (BONUS TRACK)
9. トキのうた~はしらとじゃぱりまん~ (アカペラ) (BONUS TRACK)
10. かばんのうた~はしらとじゃぱりまん~ (アカペラ) (BONUS TRACK)
11. スナネコのはなうた (ろんぐばーじょん) (BONUS TRACK)

Amazonで詳しく見る






TVアニメ「けものフレンズ」オリジナルサウンドトラック
B06XBBT8XK
追憶カレイドスコープ
SPRiNGS
B072KCDTDC
Re:birthday
Roselia
B072HLJ4FF
タグ:pop Anime Japanese
posted by kerkerian at 01:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

Lydia Ainsworth / Darling Of The Afterglow(2017)

カナダのElectro-SSWによる2ndアルバム。

丁寧に構築された電子とアナログのエレメンツによるミニマルなElectronicaである…!透度の高いLydia嬢の歌唱は適度にエモーショナルでメロディアス。その隙間を埋めるピアノはじめストリングスとElectroの律動は呼吸をしているかのようで、一言でいうと極めてグレイトフルなアルバムだ…!

曲調的にはラウンジィかつExperimental性を帯びたTrip-Hopが多く、LoolacomaPhantogramの歴代アルバムオブザイヤーに匹敵するクオリティ。何とこのアルバムがFull Album Streamで無造作に公式配信されておるのだ…!しかしFreeに甘んじてはいけない。この、音楽家とデザイナーを両親に持つサラブレッドにして、学生時代に映画音楽を手掛けた程の才能を埋もれさせないために買うのです、買うのです…!

【Favorite Number】The Road / Into the Blue



Darling Of The AfterglowDarling Of The Afterglow
Lydia Ainsworth

曲名リスト
1. The Road
2. What Is It?
3. Ricochet
4. Afterglow
5. Open Doors
6. Spinning
7. Into the Blue
8. Wicked Game
9. I Can’t Feel It All
10. WLCM
11. Nighttime Watching

Amazonで詳しく見る






Crawl Space
Tei Shi
B01MRDLUNK
Caught In Still Life
Vaults
B01N0518CI
Me
Empress Of
B010GJTZPK
posted by kerkerian at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

Bestial Mouths / (Still) Heartless(2017)

USエレクトロユニットによる3rdアルバムのRemix盤。

タイトルからお察しの通り3rdアルバム"Heartless"のリミックス作品…いや察せないか。冒頭の"Witchdance"とラストの"High Walls"のみが新曲でLynette嬢のヒステリックな叫びがご堪能頂けます。どうやらフォークロア、Medieval要素を打ち出したElectro-Goth彼らの特長のようで、オリジナル作の"Heartless"は2016年内に出会えていればアルバムオブザイヤー候補だったかもしれぬな…

因みに本作にピックアップされたのは3rdの10曲中4曲のみという偏り、重複っぷりである。"Worn Skin"に至ってはver違いが4曲も入っており、こういう構成はRemixされる側は素材の乏しさを、Remixする側は料理スキルの乏しさを露呈していてLose-Loseな気がするのだが。尤も、全部同じ曲のBomb A Head!20周年盤Get Wild30周年盤くらい突き抜けていたら話は別…!

【Favorite Number】Worn Skin (Ludovico Technique Remix) / Down to the Bones (Bestial Mouths No Longer See Mix)



(Still) Heartless(Still) Heartless
Bestial Mouths

曲名リスト
1. Witchdance
2. Worn Skin (Ludovico Technique Remix)
3. Greyed (Danny Saber Mix)
4. Down to the Bones (CX KIDTRONIK KraK attacK Remix)
5. Heartless (The Horrorist Remix)
6. Worn Skin (Die Krupps Remix)
7. Heartless (Zanias Remix)
8. Worn Skin (Shredder Remix)
9. Greyness (FORCES Iridescent Mix)
10. Worn Skin (GYS Version)
11. Down to the Bones (Bestial Mouths No Longer See Mix)
12. High Walls

Amazonで詳しく見る






My Bloody Seraph
Stillborn Diz
B00ARWWNOC
Fleshed Out
Gazelle Twin
B01HDGB25K
Okovi
Zola Jesus
B072JWXKLB
タグ:US darkwave EBM
posted by kerkerian at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする