2017年10月22日

Svetla V. / Mattias(2017)

露Electro-SSWによる1stアルバム。

如何にも宅録女子然とした眼鏡っ子のSvetla V.嬢。キラキラSynth-Popを鳴らすComputer Magicみたいのを想像すると手痛い目に遭う…冒頭の"IV"から不穏なアナログSynthのフレーズ、感情の乗らない無機質なVoによるアンビエント・ポップが本作の深淵を予見させる。以降アヴァンなDark-Electro"Beauty"、ミニマルColdwave"Волна"と、聴き進むにしたがって闇が深まる仕様に。

以降もトイポップ風味やDream-Popテイストなどバリエーションを見せつつも(音的な統一感にはやや欠ける)、まあとにかく美しき闇(病み)に覆われたエレクトロだ。何よりSvetla嬢のボーカルが可憐にメロディックな旋律を歌い上げる場面と魘されるように呟く場面の躁鬱っぷりが凄い。このロシアのレーベルPerfect Aesthetics、未だ設立3年目ながら尖ったExperimental音楽をラインナップしており、フィメこれ的にも要チェックな存在…!

【Favorite Number】Beauty / Золото / Kjøkkenbenkdrama



MattiasMattias
Svetla V.

曲名リスト
1. IV
2. Beauty
3. Волна
4. Золото
5. Где Ты Теперь?
6. Game
7. Нарвалы
8. Kjøkkenbenkdrama
9. Maelstrom

Amazonで詳しく見る






Demons, the Angel and Dark Thoughts
Sobranie 8 18
B00ERYHAQW
Tristar
Celebrine
B01LP5FFUS
Lesser Man
Boy Harsher
B0719RH3WK
posted by kerkerian at 23:38 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

The Murde Of My Sweet / Echoes of the Aftermath(2017)

スウェーデンGothic-Metalバンドによる4thアルバム。

Female-frontedメタル界隈は国内のほうが面白い昨今…対照的に海外では信頼のおけるアーティストが少ない現状ですが、The Murder of My Sweetは安定して良質の作品を供給できる数少ない存在である…!

全編に渡りミッドテンポの楽曲で固められ、ギターも含め剛性の高いリズム隊に諄くない程度のシンフォニアが楽曲を華麗に彩り、Angelica嬢のVoもクサくない程度の程好いキャッチーネスなメロ。伊達に(何でか知らんが)土屋アンナとか今井翼に楽曲提供してないな…!特に歌唱面はソロ作"Thrive"以降、メゾソプラノヴォイが冴えと切れを増している印象。総てにおいて、派手さは無いもののバランスの良さが際立つのがThe Murder of My Sweetの真骨頂だ。この王道Gothic-Metalを携えて永く活動していてほしいバンドだ。

【Favorite Number】Personal Hell / Racing Heart / Go On / Inside, Outside



Echoes of the AftermathEchoes of the Aftermath
The Murder of My Sweet

曲名リスト
1. Sleeping Giant
2. Personal Hell
3. Racing Heart
4. Cry Wolf
5. Echoes of the Aftermath
6. Flatline
7. Loud as a Whisper
8. Shining After Dark
9. Ode to Everyone
10. Go On
11. In Risk of Rain
12. Inside, Outside

Amazonで詳しく見る






Thrive
Angelica
B00ERYHAQW
Dirge ForR The Archons
Diabulus In Musica
B01LP5FFUS
Until You Break
End of the Dream
B0719RH3WK
posted by kerkerian at 01:07 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

Sireirom / Delirium(2017)

チェコのIndustrialプロジェクトによる1stアルバム。

Female-frontedなら尚のこと稀少種であるIndustrial-Metal、Sireiromの"Delirium"です。Sirenia、あるいはDeleriumの新作と空目して凹みましたが、失望させない出来なのでまぁ聴いてってくださいよ。

重々しいリフとトランシーを始めとしてたElectroを前面に押し出したマシーナリーなIndustrial。Rakshaza嬢のVoは曲によりナチュラル(リーディングも込み)とHarshで使い分けられ、比率は半々くらい。前者は呪わしげなGoth-Metal、後者はブルータルなEBM-Metal的な雰囲気を漂わす。全体的に歌ものでは無いため、ドロドロしい暴虐ヘヴィサウンドと終末的アグロテックを楽しむのが正しい聴き方か。久しぶりに東欧の背徳感…業を背負った音楽を堪能した。そんな出自と、Rakshaza嬢のソロプロジェクトという点は特異だが、音楽的にはRave The Reqviemみたいな脳筋フィジカルインダストリアルだと思えば大体、それ以上でもそれ以下でもない。うわっ...結果的に、失望してる...?

【Favorite Number】Demon of the Past / Synthetic Dreams



ShineDelirium
Sireirom

曲名リスト
1. Wound
2. Demon of the Past
3. Nightmares
4. Grave
5. Pleasure Palace
6. Synthetic Dreams
7. DPDR
8. Dysphoria
9. Passion and Pain
10. The True Value of Life
11. Thorns
12. Faster. Harder

bandcampで詳しく見る




The Day Before
Pzychobitch
B0759VCBQ4
Obscura
00tz 00tz
B06XQ6PDZX
Ether EP
Lady Laudanum
B01758NEFC
posted by kerkerian at 01:35 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

Zola Jesus / Okovi(2017)

米Electro-SSWによる6thアルバム。

信じられないことにまだ続く2017本命盤…これは知名度、期待度というより単純に私の好みの問題で、女性SSWで5指に入るフェイバリッ度のNika Roza Danilova嬢、aka.ゾラジーザス。この厨二っぽいアー名がまた良い。Experimental-Electro名作の3rd"Conatus"(最高)、過去曲をNeo-Classicalにリメイクした4th"Versions"(オーガニック)、ストリングスを前面に押し出した回帰作の5th"Taiga"(キャッチー)という流れを経て到達した本作です。

取りあえずの差分としては、あれ程打ち出していたソロバイオリンは除去され、粒立ちよりも全体のシンフォニア重視のストリングスに置き換わった。あとは濃密でドープなEletroとコーラスワークで隙間なく埋め尽くしたと思ったら、アカペラのみになったりと情報量の起伏があってこれまで引き合いに出されてきたKate BushやJoy Divisionよりも、何だかんだ目指すところはVolta期辺りのBjorkなのかなと思わせる作風だ。Ambient曲が続いた後にキャッチーな"Remains"を配置する手法も何だか似ている。変わらずのアルトなイケボは言わずもがな、コンポーザー・Zola嬢の進化と深化と真価が垣間見える会心作と言えるだろう。

【Favorite Number】Exhumed / Wiseblood / Remains



OkoviOkovi
Zola Jesus

曲名リスト
1. Doma
2. Exhumed
3. Soak
4. Ash to Bone
5. Witness
6. Siphon
7. Veka
8. Wiseblood
9. NMO
10. Remains
11. Half Life

Amazonで詳しく見る






Alice Glass
Alice Glass
B0108L88IQ
Real High
Nite Jewel
B06VVBWMDX
M3LL155X
FKA twigs
B014EISPGY
posted by kerkerian at 17:02 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

Falling you / Shine(2017)

米Electroプロジェクトによる7thアルバム。

The Eden Houseで思い出したので。直近でMonica Richards嬢が参加したプロジェクトがもう一つここに。あとはUnwomanのErica Mulkey嬢なんかも参加するFalling youのShine…曾てのスピッツロビンソン問題が再燃しそうなアーティスト&タイトル名ですが、こちらも20世紀のころ(と言っても19年前)から続く、女性Voゲスト方式の老舗プロジェクトです。

Ethereal、Dream-Popを軸としたAmbientな作風でリズムは生、上物はエレクトロで構成。前作まではもう少し明瞭なAlternative Rockだったが、今回はドリポに寄せてきておりアトモスフェリア増し。エレクトロもフィードバックノイズもコーラスも、音重ね過ぎで良くも悪くも暈けた作風…ちょっとアルバムオブザイヤー候補には推し難いけど、曲調に合わせたウィスパリング系歌姫達の歌声をララバイにして浮き草宜しく水面に揺蕩いたいな…もう夏終わったけどな!

【Favorite Number】Shine / Let It Go



ShineShine
Falling You

曲名リスト
1. Wildfire (feat. Courtney Grace)
2. Shine (feat. Dru Allen & Mercury's Antennae)
3. World On Fire (feat. Anji Lum & Love Spirals)
4. Until The Stars Align (feat. Suzanne Perry & Love Spirals Downwards)
5. Shine II (feat. Summer Bowman & Mirabilis)
6. Breathe (feat. Courtney Grace)
7. Brooklyn Holiday (feat. Erica Mulkey & Unwoman)
8. Eternal Return (feat. Danielle Colbeck)
9. Home With You (feat. Denesa Chan)
10. Let It Go (feat. Monica Richards & Faith and the muse)
11. Live In the Light (feat. Courtney Grace)

Amazonで詳しく見る






First Snow
Courtney Grace
B0759VCBQ4
Beneath The Serene
Mercury's Antennae
B06XQ6PDZX
Here and the Hereafter
Mirabilis
B01758NEFC
posted by kerkerian at 16:09 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする