2019年05月06日

The Cranberries / In The End(2019)

アイルランドのAlternativeレジェンダリィによる8thにしてラストアルバム。

1989年に幕を開け2019年に幕を閉じた平成時代。活休を挟んでいるものの、奇しくもほぼ同一期間を駆け抜けたバンドがこのThe Cranberries。1989年に結成された彼らはこの最新作リリースの2019年4月26日をもってクランベリーズ時代に終止符を打つのである...その要因が不世出のボーカリストDolores O'Riordanの死去である故に、本作の感想も感傷的にならざるを得ない。2018年のドロレス嬢急逝の報に接し、D.A.R.K.が最後の声になるのかなと思っていただけに、6th"Roses"に続くフル新作11曲分も命が吹き込まれていたことに驚きと感謝の念を禁じ得ない。

一時代を築く、と言いますがThe Cranberriesの場合はフォロワー不在のまま過ぎた30年間だったなあと本作を聴いて改めて感じる。唯一無二ゆえシーンの象徴的存在では無かったが"Dreams"や"Zombie"には90年代の風景を連れてくる、時代を象徴する引力があったように思います。そして本作...相変わらず滋味なアルバムですが同じように将来、"All Over Now"や"Got It"を聴いてこの10'sの終わりを思い出すのだろう。神々しい歌声を携えたまま本当に神になったのだな...ありがとうクランベリーズ、おやすみなさいクランベリーズ。

【Favorite Number】All Over Now / Wake Me When It's Over / Got It / In The End

In the EndIn the End
The Cranberries

曲名リスト
1.All Over Now
2.Lost
3.Wake Me When It’s Over
4.A Place I Know
5.Catch Me If You Can
6.Got It
7.Illusion
8.Crazy Heart
9.Summer Song
10.The Pressure
11.In the End

Amazonで詳しく見る








Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?
The Cranberries
Everybody Else Is Doing It, So Why Can't We?
No Need To Argue
The Cranberries
No Need To Argue
To The Faithful Departed
The Cranberries
We Are Science
posted by kerkerian at 17:55 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

Lighthouse In Darkness / The Melancholy Movies(2019)

ジャケのビジュアルワークからも想起できますが、レトロな匂いが漂うElectro-Gothに大変弱い。Gothic-MetalバンドFlowing Tearsで名を馳せたVoのHelen嬢、同じくGothとRock/Metalのクロスオーバーを得意とするSacha氏のデュオはTrip-HopやElectroを主軸とした音楽性に持ち味の暗黒要素を加える事で極上のシネマチック・ソウルフル・ノスタルジック音楽を錬成してしまった。

過去アルバムオブザイヤー作のPromenade CinemaPhantogram好きは勿論のこと箱庭ゴシック系のDoujin好きにも刺さる、ある種のベタなポップネスを携えるLighthouse In Darkness。駄菓子菓子、オバ声もとい中性的なHelen嬢のヴォイにより決してゴス"ロリ"ではないのでそこら辺注意されたし。ドイツいやさヴァイマル共和政の音楽は質実剛健でなくてはならないのだ...!

【Favorite Number】The Melancholy Movies / Mother Of Creation

The Melancholy MoviesThe Melancholy Movies
Lighthouse In Darkness

曲名リスト
1.The Melancholy Movies
2.The Lights of the Skyline
3.Photography of a Ghost
4.Monochromatic Memories
5.The Soundtrack of Decline
6.Storm of Cries
7.Oceanbliss
8.Mother of Creation
9.A Nightly Odyssey
10.Some Magic

Amazonで詳しく見る








Razorbliss
Flowing Tears
Razorbliss
Eyelid Movies
Phantogram
Eyelid Movies
We Are Science
Dot Allison
We Are Science
posted by kerkerian at 18:22 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

KuuΔelta / Into The Darkness(2019)

フィンランドのAlternative-Metalバンドによる1stアルバム。

フィンランドでもロシア寄りの都市Kouvolaのバンドということで、北欧メタルのパブリックイメージとはやや異なる、WitchcraftKadebraを掛け合わせたようなロシア的雰囲気を湛えたメタルを鳴らすKuuΔelta(クーデルタ)。DeltaのDを"Δ"で表記する中二感もがまたロシア的で、キリルのДeltaにしなかったのはソ芬戦争の遺恨によるせめてもの抵抗なのか解りませんが。別に...ロシアの事など気にしていないわ...!(クーデレた)

加えて彼らをハイブリッドたらしめているのがFolk-Metal的トラッド感。女性ギタリストKata嬢はシタールの使い手でもあり、"Into The Darkness"での飾り気ないオブリから"Sleep Forever"での溜息が出るようなリードプレイまで、推し引き加減の「解り手」感が凄い。本職のギターも素晴らしい安定技巧でバンドのヘヴィネスとメロディアスの両面を支える。一方VoのSanni嬢もAmy Leeを思わせる神々しいGoth歌姫の存在感を放つ。この紅二点とリズム隊が織り成すトライアングル、いやさデルタフォース。こやつら練度高いわ...!

【Favorite Number】Into The Darkness / This Reality / Sleep Forever

Beautiful IllusionBeautiful Illusion
KuuΔelta

曲名リスト
1.Into The Darkness
2.Let It All Out
3.This Reality
4.Beautiful Illusion
5.Divided Lines
6.Decision
7.My Safe Place
8.Sleep Forever
9.My Cloud
10.Dissolve
11.Glass
12.Major Mistake

Amazonで詳しく見る








Искусство драм
Maleficium Arungquilta
Искусство драм
The Dark Side
Princess Miyu
W
Tuuliset Tienoot
Indica
Kill For Love
posted by kerkerian at 00:28 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

Witches Of London / Comeden Gothic(2019)

UKGothic-Rockバンドによる1stアルバム。

Post-PunkやNew-WaveをルーツとするGothic-Rockは80'sをピークに低空飛行を続け、10's終わりに差し掛かってなお一向に浮かび上がる気配がない...他の感想でも再三そう嘆いておりますが、不人気の要因は「@曲調が暗くて単調、非キャッチー」「A音が薄く現代的でない」「Bビジュアルが貧相」の3点に集約できるのではないか。そこへ来てこのWitches Of Londonの"Comeden Gothic"出自と世界観をスパっと言い切るタイトリング、悪くない...!そして上記3点のGothic-Metalが抱える構造的問題をもスパっと解決している大注目バンドだ。

まず曲調は、性急な8ビート一辺倒になりがちなジャンルに於いてGoth-Metal的な重いミッド曲、Electroを適度に塗ぶしたSynth/Darkwave調、禍々しいMedievalトラッドなどバラエティが豊富。しかも素晴らしくキャッチーだ。これで@とAの問題を一挙解決、それでいて根っこの怪しさ妖しさ後ろ暗さを保っているため紛れも無くGothic-Rockマナーに則った王道を奏でているのだから恐れ入る。そして最大の懸念事項Bは、全員解り易く黒で統一されたゾロリとした衣装...、今時珍しいベタなGothっ子なのですが何よりAlyx嬢の悪戯魔女っ子振りが太もも補正も込みであざと萌え。Keyの女性メンが敢えてのアニマル覆面というのもポイント高。遂に不人気ジャンルに現れた救世主...XX年振りXX回目って感じですが邪悪なセカオワ、雌版マンウィズ的ルックスで意外と日本で受けたり...?

【Favorite Number】Witchdance / Autumn Is Here

Camden GothicCamden Gothic
Witches of London

曲名リスト
1. Manifesto
2. Welcome to the Night
3. Witchdance
4. Summon the Black Light
5. Hollywound
6. March in the Dark
7. White Rabbit
8. Autumn Is Here
9. Stars
10. La nuit noir

Amazonで詳しく見る








Verdades
The Eden House
Verdades
The Fall
Se Delan
The Fall
Better Man
Birdeatsbaby
Better Man
タグ:UK Gothic Rock
posted by kerkerian at 15:48 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

Ladytron / Ladytron(2019)

UKエレクトロ・バンドによる6thアルバム。

5th"Gravity the Seducer"でレディトロ第2章が幕開け...と思ったら沈黙すること7年半...!そんな焦らしプレイを経ての待望新作である。まあにー、その間Marnie嬢が"Crystal World"、"Strange Words and Weird Wars"と順調に作を重ねていたため思い出のMarnieとならずに済んでいた訳ですが。

そんなバンド史上最長のハイエイタスも、本作を聴く限りMarnieソロ作がポジティブな影響を与えている模様。バンドサウンドに回帰しかつディープさを強く打ち出している作風で、特にギターのフィードバックに覆われたDream-Gazer色が印象的。それでいて持ち味のメロディックなSynth-Popも映える仕様に。控えめに言ってアルバムオブザイヤー2002に挙げた2nd"Light & Magic"と同等、いやさ最高傑作ではないかと目している。永きキャリアを有するアーティストがその名をアルバムタイトルに掲げる時は並々ならぬ覚悟と自信が漲るものですが、本作もそんな例に漏れない名作と言えよう...!

【Favorite Number】The Island / The Animals / Horrorscope

LadytronLadytron
Ladytron

曲名リスト
1. Until the Fire
2. The Island
3. Tower of Glass
4. Far from Home
5. Paper Highways
6. The Animals
7. Run
8. Deadzone
9. Figurine
10. You've Changed
11. Horrorscope
12. The Mountain
13. Tomorrow is Another Day

Amazonで詳しく見る








Dislocation EP
The Golden Filter
Dislocation EP
W
Planningtorock
W
Kill For Love
Chromatics
Kill For Love
posted by kerkerian at 22:40 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする