2019年08月31日

Unlucky Morpheus Hypothetical Box Act3(2019)

日メロスピ同人バンドによるリ・リメイクアルバム。

記念碑的1stアルバム"Hypothetical Box"のバージョン3である。近年はオリジナル作の合間に"Rebirth Revisited"、"Saireco Jealousy"とリメイク作を出してきた彼らだが、まさかの2回目のリメイク...現体制がシンフォメタルの完成形との自負、初期楽曲のクオリティへの絶対的な自信、メタルバンド編成となってなお忘れない東方アレンジサークルとしての自尊...そんな思惑が垣間見える一枚だ。

生バンドサウンドとしての構造は"Hypothetical Box ACT2"をベースとしており「リメイク盤のリメイク」といえるかもしれない。最も解りやすいのはSynthがバイオリンに置き換えられたことでバッキングに、歌の対旋律に、ギターと分け合う形になったメロに、Jill嬢が八面六臂。全体的には直近の"Change Of Generation"路線にエンラージメントされた印象だが、歌唱面は原曲に忠実に沿っている点が興味深く"花咲く春のある限り"ではLVupした状態でのアニソンモードFukiが堪能できる。あとは毎作恒例ですが "The Tower Of Blood"の演じ分けは圧巻。他にも引き出しは敢えて同じ棚を使っているパートがあったりするのでここで今一度、無印からAct2、本作聴き比べて楽曲とバンドの進化の歴史を辿るのもよき。

【Favorite Number】烏天狗 / その魂に安らぎを 〜Dignity of Spirit

Hypothetical Box ACT3Hypothetical Box ACT3
Unlucky Morpheus

曲名リスト
1.Hypothetical Box
2.Dragon Force
3.烏天狗
4.Siva
5.The Tower of the Blood
6.花咲く春のある限り
7.魍魎の密室
8.その魂に安らぎを 〜Dignity of Spirit

とらのあなで詳しく見る




TRUE CASTLE / EXISTENCE
CROSS VEIN
TRUE CASTLE / EXISTENCE
Fadista
ALHAMBLA
Fadista
Forsaken Gods
DRAGON EYES
Forsaken Gods
posted by kerkerian at 02:30 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

Sinfonica / Bosque Eterno(2019)

アルゼンチンのFolk-Metalバンドによる1stアルバム。

これを紹介する前にさ、南米メタルをDigってた訳。そこで"KudoHaruka"っていう凄いのを見つけちゃった訳。ジャケや曲名から察するにバンドリ!のRoseliaギタリストである声優、工藤晴香さんのファンで、ブルータル=デス=グラインドコアという謎の表現形態はともかくとして「好きだああああぁぁぁ!」という気持ち(たぶん)をBlack Shoutよろしく吼えまくりたい気持ちは凄く解る訳。くどはる推し・紗夜さん推しとしては。地球の裏側にもRoseliaの勇名が轟いている(たぶん)のはとても嬉しい訳。同胞な訳。でもEwigkeit幕間映像とかの音源を拝借してるのはアウトな訳。同人音楽履き違えんな?チリの人(たぶん)?

さてこのSinfonica。先のゴミノイズデータのインパクトには負けるが中々の珍盤。中南米フォークメタルというと真っ先にメキシコのAnabanthaが思い当たります。ネタバンド的に弄っておりましたが今思えば何てクオリティが高かったんでしょう...!本作の印象はヘタウマと下手の中間に位置するVo、ヨレヨレの演奏。三半規管の調子を疑う様なピッチのずれ感が目眩を誘うそんな「限りなくナシ寄りのアリ」な作品です。それでも何故アリなのかと問うならば確とフォークメタルであるという世界観が伝わるから。技術的には文化祭レベルでもこの軸があれば誰かしらの共感は得られるはず。このアティチュードを、パッショネートを、先のチリの人(たぶん)には解って欲しい。愛情がネタ感で薄まって見えるような表現なら辞めちまえと。ただそう言いたいがためのエントリ。

Bosque EternoBosque Eterno
Sinfonica

曲名リスト
1. Intro
2. Freya in Folkvang
3. Guardianes
4. Ishtar
5. Hijos Del Este
6. One Million of Suns
7. The Lady of the Forest
8. The Warrior's Destiny
9. Hombre Oscuro
10. Bosque Eterno

Amazonで詳しく見る




Amain
Crimfall
Amain
Xv Aniversario
Anabantha
Xv Aniversario
Ciudad Sin Memoria
El Cuervo de Poe
Forsaken Gods
posted by kerkerian at 17:18 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

Darkswoon / BInd(2019)

USのElectro3ピースによる1stアルバム。

闇(Dark)に気絶(swoon)...単語なのか造語なのか解りませんがホラーゲームで真っ暗な画面からゾンビとか青鬼とか着物の女とかヨシエさんとかがヌッと出てきたときの一瞬気が遠くなるあの感じなんですかね?男なら悲鳴など上げずに静かに失神するのが粋ってもんです。

さてElectro-Shoegazeを標榜する彼らの音楽にそんなドッキリ要素はなく、リズムトラック以外は生音という編成を利したPost-RockとColdwaveを融合させたような作風です。Vo+GtのJane嬢とSynthのRachel嬢の2枚看板をAndrew氏が支えるトライアングルはフィードバックノイズに彩られた90's式Shoegazeというよりは、Voのイケボを最前面に押し出したDreamgazer的な音作り。頭3曲では雄大なメロディ感からアメリカンロックの、直線的なビート感からNew-Waveテイストの陽キャな部分が印象的でしたが、"Emoto"から一転GothやIndustrialの匂いを漂わす闇が垣間見える。Jane嬢が公言するAphex TwinやNINの影響が確かに息づく。なるほど屋号のホラブル感も頷けよう。

【Favorite Number】Fireplace / Love Is A Warm Dark Cave

BindBind
Darkswoon

曲名リスト
1. Red Ferrari
2. This Flesh
3. Human Faults
4. Emoto
5. Animal
6. Fireplace
7. Parting Embrace
8. Love is a a Warm Dark Cave

Amazonで詳しく見る








Brought to Light
Whimsical
The Linear Way
In The Dust
Weeknight
In The Dust
On the Legs of Love Purified
Chasms
On the Legs of Love Purified
posted by kerkerian at 00:32 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

Xeno & Oaklander / Hypnos(2019)

USシンセデュオによる6thアルバム。

アルバムオブザイヤー2016の名作"Topiary"から3年、待望の新作です。既にMinimal-Synth界の主要人物となった感のある彼らはアナログシンセ愛好家からの熱心な支持を得ている訳ですが、初っ端の"Fire And Smoke"から何か様子が違う...構成はいつものミニマルエレクトロだが音自体が妙にFuture-Popしている。Sean氏曰くモノフォニックからポリフォニックにシフトしたとの事で、要は音が分厚くなったということかな...悪い意味で、やりおったな...!

彼ら特有のソフトリーでノクターナルな健在なものの、本作の主役はブリブリと、ペチペチと主張するリズム群だ。Liz嬢の「〜〜ッススス」という心地よいサ行のウィスパリングも相俟ってASMR好きには堪らんのではないかな。だがしかし歌メロが物足りなさ過ぎる。Vo原理主義のフィメこれ的にはビート指向に成り過ぎて大いに不満だ。唯一留飲を下げたのは6曲目の"Altamira"。適度なメロがありつつリズムトラックが80'sテクノ...というかTM NETWORKみたいでクスッとした。このノスタルジヰ、良い意味でチープなスリルに身を任せてみるのも一興だ。

【Favorite Number】Insomnia / Altamira

HypnosHypnos
Xeno & Oaklander

曲名リスト
1. Fire And Smoke
2. Hypnos
3. AngAclique
4. Insomnia
5. The Light, The Whisper
6. Altamira
7. A World Without Sun
8. Athena

Amazonで詳しく見る








The Linear Way
Linear Movement
The Linear Way
Fierce
Hante.
Fierce
Infrarouge
Minuit Machine
Infrarouge
posted by kerkerian at 17:57 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

Primier / Novelty(2019)

USのエレクトロSSW/Producerによる1stアルバム。

ジャケのビジュアルからアーバンギャルドフォロワーなのかなと思いましたが意外と音楽性は当たらずとも遠からず...Alyssa Midcalf嬢によるソロプロジェクトPrimierは、RolandのJUNOシンセで全て構築されたSynth-Popは浮遊感と重力性を兼備する。Alyssa嬢の紡ぐ旋律は極めてメロディアスで、かつエレクトロシンガー屈指の儚く程よいソウルネスも感じる美声が桃源郷に誘う。

そして煌びやかなだけではなく仄かなダークネスをも標榜しているのがPrimierの真骨頂。その象徴がThe Beach Boysのカバー"Til I Die"だろう。ビーチボーイズでこのをチョイスする時点で既に尋常じゃないが、ブライアン・ウィルソンの病みきった状況が綴られる同曲を本人よりも悲壮感漂わせて歌唱、対比するようにSynthサウンドが煌々しているのが闇深さを感じてならない。オブザイヤー候補として、このDarkwave寄りの佳作は私の印象に刻まれた...!

【Favorite Number】Anesthetized / Til I Die

NoveltyNovelty
Primier

曲名リスト
1. Anesthetized
2. My House
3. A Broken Person’s Game
4. Concrete Walls
5. Til I Die
6. The Firmament
7. Life is Funny! Ha Ha
8. TVI

Amazonで詳しく見る




Your Need
Kedr Livanskiy
Your Need
Musica Lunae
Ari Masonq
Musica Lunae
Perfect Storm
Vanbot
We Are Science
続きを読む
タグ:Synth-Pop US
posted by kerkerian at 01:15 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする